ニュース

原良馬の死因と病名は何?いつから何の病気だった?告別式やお別れ会の日程も

 

今回は、「原良馬の死因と病名は何?いつから何の病気だった?告別式やお別れ会の日程も」という事で書いていきたいと思います。

 

元俳優で競馬評論家の原良馬さんがお亡くなりになられました。原良馬さんの死因と病名は何だったのか?いつから何の病気だったのか?

 

また、告別式やお別れ会の日程についても書いていきたいと思います。

 

 

原良馬さん死去のニュース

 

7月24日朝、元俳優で競馬評論家の原良馬さんがお亡くなりになられました。85歳でした。詳細の報道を見ていきたいと思います。

 

デイリースポーツのOBで、競馬評論家として長く活躍してきた原良馬氏(はら・りょうま、本名・荻原昻=おぎわら・たかし)が24日午前7時46分、病気のため死去した。85歳。群馬県出身。

週刊誌記者から1970年にデイリースポーツへ入社。競馬記者として活躍し、当時はまだ行われていなかった厩舎取材を率先して行い、サークル内外に多くの人脈を作った。物腰柔らかに親しみのある口調からテレビ、ラジオへの出演依頼も多かった。「ウイニング競馬」(テレビ東京、BSジャパン)、「中央競馬実況中継」(ラジオNIKKEI第一)では、長い間レギュラー解説を担当した。

晩年にはG1が行われる日曜に、全国のWINSを巡るトークイベント「良馬がゆく」をライフワークのようにして、時には病と闘いながら全国各地の競馬ファンとの交流を楽しみ、競馬の発展に一役買っていた。

https://www.daily.co.jp/horse/2019/07/24/0012544820.shtml

1954年、俳優座に6期生として入所。NHKドラマ「バス通り裏」などに出演後、スポーツ新聞の競馬記者などを経て、88年、フリーの競馬評論家に転身した。テレビ東京の土曜競馬中継で司会を務めたほか、全国のウインズを巡回するトークイベント「良馬が行く」に出演。競馬の発展に尽力したことから18年度JRA賞馬事文化賞・功労賞を受賞した。近年は体調を崩して、療養を続けていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00000203-spnannex-horse

 

千葉県浦安のご自宅でお亡くなりになられたとの事です。

 

原良馬さんの死因と病名は何?

 

では、原良馬さんの死因と病名は何だったのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。ニュースでの報道では死因は病気の為とされています。

 

また、何の病気だったかにつきましても、現段階では明らかにはされていません。しかし、数年前より、原良馬さんの健康を心配する声が上がっていました。

 

 

 

この発表におきましても、ネットからは心配の声が上がっていました。

 

書けなくなったら終わりだよなぁ…

 

最近番組冒頭で
さぁ今日もお休みの原さんに替わって、すら言わなくなったしな斎藤
本気でもうアカンのちゃうか?

 

競馬の達人で原さんの予想ノート見たけど字が物凄く綺麗だった。
口述記述みたいな執筆も無理なら、そろそろだろうな…。
最近急に涼しくなってきたし季節の変わり目は体調崩したんだろ?

 

また、馬事文化賞・功労賞を受賞された際に車いすで登場されたこともあり、多くの方の胸を打ちました。

 

http://race.sanspo.com/keiba/news/20190128/etc19012821060007-n1.html

 

肩と首が細いなぁ
もうTVは無理か

 

鷲見ちゃんいなくなってから急激に老け込んでしまった

 

受賞式出れてよかった

 

泣いた原さん長生きしてね

 

原良馬さんが馬事文化賞・功労賞を受賞されたのは2018年の事なので、その時から車いすだったのですね。

 

そこから1年近く生きられ、2019年の7月24日にお亡くなりになられました。

 

原良馬さんの詳しい死因や病名に関しましては、現在調査中です。判明し次第、追記してまいりたいと思います。

 

 

原良馬さんの告別式やお別れ会の日程は?

 

原良馬さんの告別式やお別れ会の日程におきましては、下記の通りとなっています。

 

通夜は29日午後6時、葬儀・告別式は30日午前10時から、いずれも浦安市千鳥15の3、浦安市斎場=(電)047(316)3611=で。喪主は弟荻原廸彦(みちひこ)氏。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00000203-spnannex-horse

 

原良馬さんの経歴

 

原良馬(本名:萩原昴)さんは1933年10月25日 、群馬県でお生まれになられました。出身校は、東京都立北園高等学校卒業。

 

その後、慶應義塾大学に進学されますが中退され、俳優座に6期生として入所されます。俳優座を退所後は、宗教雑誌発行の出版社勤務やフリーのルポライターを経て、週刊読売に記者として入社されます。

 

1969年から競馬ジャーナリストを志され、翌年、デイリースポーツ東京本社へ入社されます。ここで、原良馬さんは他の方とは違ったことをやろうと、厩舎取材に力を入れられます。

 

これが好評となりまして、他社でも原良馬さんをまねて厩舎取材が広まっていきました。今でこそ、厩舎取材は当たり前の事ですが、原良馬さんがパイオニアだったんですね。

 

1988年にデイリースポーツ東京本社を退職された後は、フリーのライターとして活躍されたり、競馬中継の解説者として活躍されていました。

 

原良馬さん死去を受けてのネットの声

 

 

まとめ

 

今回は、「原良馬の死因と病名は何?いつから何の病気だった?告別式やお別れ会の日程も」という事で書いていきました、

 

原良馬さんのご冥福を心からお祈りしたいと思おいます。

 


-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.