スポーツ

大船渡高校にクレームは誰で理由は何?警察沙汰まで発展した酷すぎるクレーマーとは

 

今回は、「大船渡高校にクレームは誰で理由は何?警察沙汰まで発展した酷すぎるクレーマーとは」という事で書いていきたいと思います。

 

大船渡高校にクレームが殺到していた事が明らかとなりました。その理由は何でしょうか?また、そのクレームがもとで警察沙汰にまで発展する羽目となっております。詳細を見ていきたいと思います。

 

 

大船渡高校にクレームの詳細

 

大船渡高校にクレームの詳細についてはまずはこちらの記事をご覧ください。

 

大船渡には佐々木朗希投手の起用法を批判する電話が殺到した。千葉副校長が試合当日の25日に150件、26日朝には留守番電話に53件の問い合わせがあったと明かした。

「ほとんどが苦情。100件あったら99件がそう」と説明した。中には学校に乗り込むと話す人がおり、生徒の安全を考慮して学校が地元の大船渡警察に見回り強化を要請した。

http://neo-senzai-ishiki.com/wp/wp-admin/post-new.php

 

大船渡高校にクレームの理由は佐々木朗希投手を起用しなかったから

 

佐々木朗希選手はエースで4番、大船渡高校最大のスター選手です。ただのスター選手というだけには度止まらず、高校生にして時速163キロを投げる、大谷選手を超える選手でした。

 

しかし、決勝において大船渡高校は佐々木朗希投手を起用することなく破れました。佐々木朗希選手を起用しなかった理由におきましては、佐々木朗希選手の選手生命を慮っての事。

 

投げれたかもしれないけれどももしもの事態に備えて、将来のある佐々木朗希投手の体を優先したという事です。

 

しかしながら、残念ながら大船渡高校は決勝戦で敗れてしまいます。その事でファンからはなぜ佐々木朗希を投げさせなかったとのクレームが殺到したのでした。

 

佐々木朗希投手を投げさせなかった事によるSNSの声

 

 

監督は考えに考えての決断だった

 

 

もちろんこの様に言っている方々は、自分たち目線の意見にすぎません。高校野球は見せ物ではありません。

 

もちろん、観客やファンがいる以上、見せ物として意識する事は大切でしょう。しかし、プロ野球やプロレスなどサービスとして観客にみせる競技とは根本的に違うのです。

 

なので、この様にクレームを出している方々は底の部分をはき違えていると言えるでしょう。監督は、佐々木朗希投手の起用人しては最後の最後まで迷うと語っていました。

 

夏の大会本番が始まる前、「これがよかったと思える大会にしたい。佐々木中心になるかもしれないし、他の子も一生懸命やっているし、投げられれば、行きたいし……。(起用は)当日の朝まで悩むと思う」とコメントしていました。

 

恐らく。迷いに迷っての決断だったのでしょう。

 

大船渡高校にクレームの犯人がヤバい

 

そかし、その様な監督の思いなどツユ知らずの高校野球ファンが、大船渡高校にクレームの電話を入れているのです。

 

その理由は、甲子園で佐々木朗希投手が投げるところが見たかったと言った、自分勝手なものでしょう。

 

中には、電話でのクレームでは飽き足らず、大船渡高校に乗り込もうとする人までいたそうです。そのおかげで大船渡高校は警察に見回り強化の要請までする始末。

 

佐々木朗希投手を起用しなかったことで大船渡高校が負け、クレームでは飽き足らず学校まで乗り込もうというのですから、相当佐々木朗希投手が甲子園で投げる姿を見たかったのでしょうか?

 

しかし、この様なクレーマーは佐々木朗希投手がもしも無理をして投げて肩を故障して輝かしい未来が奪われたとしたらどの様に責任を取るのでしょうか?

 

佐々木朗希投手は怪物を言われており、あの大谷すら超える可能性を秘めている選手です。その選手をたったひと夏の甲子園での活躍が見たいからと、無理にマウンドにたたせ、故障させて一生を無駄にしてしまったとします。

 

その時に、この様なクレーマーはどの様に責任を取るつもりなんでしょうか?もしも責任が取れないというのであれば、クレームは非常に自分勝手なものであり、この様なクレームをするのはどうかと思いますね。

 

さらに、学校まで乗り込むとは人としてどうかしていると思った方が良いでしょう。

 

ちなみに、学校まで乗り込むと言ったクレーマーがどこのだれかはもちろん判明していません。クレームの電話が100件以上という事なので、相当のかずですね。

 

暇な人間がこれほどいるのですね。

 

大船渡高校にクレームのネットの声

 

 

まとめ

 

今回は、「大船渡高校にクレームは誰で理由は何?警察沙汰まで発展した酷すぎるクレーマーとは」という事で書いていきました。

 

自分勝手な理由で他人に迷惑をかけるのはいただけませんね。監督も自分の事だけ考えていたらきっと佐々木朗希投手を起用した事でしょう。

 

そうしないで選手生命を優先した監督は立派だと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

 


-スポーツ

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.