ニュース

愛媛県警で女子大生誤認逮捕で取り調べの警察官(捜査員)誰で名前に顔画像は?処罰や減給はある?補償や補償金は出るの?

 

今回は、「愛媛県警で女子大生誤認逮捕で取り調べの警察官(捜査員)は誰で名前に顔画像は?処罰や減給はある?補償や補償金は出るの?」という事で書いていきたいと思います。

 

愛媛県警が女子大生を窃盗の疑いで誤認逮捕し、取り調べの自白強要文句が酷すぎると話題になっています。

 

自白強要の警察官(捜査員)は誰で名前に顔画像など、可能な限り特定してまいりたいと思います。また、取り調べで自白強要をした警察官(捜査員)に処罰や減給があるかなども追及してまいりたいと思います。

 

また、補償や補償金がどうなっているのかに関しましても言及してまいりたいと思います。

 

 

愛媛県警で女子大生誤認逮捕で自白強要の文句

 

愛媛県警が7月、20代の女子大学生を誤認逮捕した問題で、代理弁護士が8月1日に記者会見をし、女性の手記を公開しました。

 

その際、愛媛県警の警察官(捜査員)が取り調べで自白強要の酷すぎる文句を並び立てている様子が明らかとなるわけですが、そのニュース詳細がこちらになります。

 

愛媛県警が7月、窃盗容疑で誤認逮捕した女子大学生の代理人弁護士が1日、松山市内で記者会見を開き「執拗に自白を強要された。本当に悔しい」との女子大学生の手記を発表した。

手記によると、女子大生は一貫して容疑を否認。代理人弁護士は「取り調べの際に大声を上げるなど威圧的な言動もあった。自白を取るための捜査に怒りを覚えた。再発防止を徹底してほしい」と話した。

県警によると、1月9日、松山市で乗っていたタクシーの車内から現金約5万4千円とセカンドバッグなど5点(時価計約2万2千円相当)を盗んだとして、7月8日に窃盗の疑いで女子大生を逮捕。女子大生は2日後に釈放され、再捜査で別の若い女が容疑者として浮上した。

ドライブレコーダーの映像に写った犯人と顔が似ていたため、逮捕してしまったとしている。

県警は「自白の強要がなかったとの認識に変わりはない」とコメントした。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48054110R00C19A8AC1000/

 

誤認逮捕された女子大生からしたら、愛媛県警に人生の一部を奪われたに等しいでしょう。誤認逮捕というとんでもない暴挙は本当にやめていただきたいものです。

 

このニュースで一番気になる点は、県警の「自白の強要がなかったとの認識に変わりはない」とのコメントですね。

 

女子大生の代理人弁護士は、「取り調べの際に大声を上げるなど威圧的な言動もあった」また、「自白を取るための捜査に怒りを覚えた」

 

と発言していますし、何より取り調べを受けた女子大生の手記で「執拗に自白を強要された。本当に悔しい」と述べています。

 

にもかかわらず、県警の、「自白の強要がなかったとの認識に変わりはない」このコメントはいただけませんね。

 

では、愛媛県警の女子大生誤認逮捕で取り調べの警察官(捜査員)はどの様な文句で取り調べを行っていたのでしょうか?

 

愛媛県警の女子大生誤認逮捕で取り調べの警察官の自白強要文句とは?

 

では、愛媛県警の女子大生誤認逮捕で取り調べの警察官の自白強要文句を詳細につづっていきたいと思います。

 

それがこちらです。

 

「タクシーに乗った記憶はないの?二重人格?」

「就職も決まってるなら大ごとにしたくないよね?」

「今の状況は自分が認めないから」

「認めないと終わらないよ」

誤認逮捕された女子大生が「本当の犯人を捕まえてください」と訴えても、捜査員は「犯人なら目の前にいるけど」と女性を容疑者と決め付けていた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080100774&g=soc

 

これらが愛媛県警の女子大生を誤認逮捕して取り調べを行った警察官(捜査員)が女子大生に取り調べの際並び立てた文句です。

 

これが自白強要でなくて何なのでしょうね?むしろ自白強要という言葉すら不適切で自白脅迫とすら言えますよね。

 

これが警察官の行う取り調べなんですから、驚きです。

 

この動画をみると警察が腐敗しているのは明らかですね。こわいこわい。

 

 

では、女子大生を誤認逮捕した愛媛県警の取り調べで自白強要をした警察官(捜査員)の名前や顔画像や年齢などなどは明らかになっているのでしょうか?

 

 

誤認逮捕で女子大生に自白強要をした警察官(捜査員)の名前や顔画像や年齢は?

 

女子大生を誤認逮捕した愛媛県警の取り調べで自白強要をした警察官(捜査員)の名前や顔画像や年齢などは残念ながら明らかにはなっていません。

 

そもそもが犯罪行為ではないのでニュースで顔画像や名前や年齢などが公表される事はないでしょうし、愛媛県警自体が強要は無かったとコメントしているので、ニュースなどで明らかに可能性は低いでしょう。

 

しかし、誤認逮捕されて脅迫まがいの自白強要を受けた女子高生も相当頭にきているでしょうから、SNSなどで情報を流すかもしれません。

 

注意しておいて、女子大生を誤認逮捕した愛媛県警の取り調べで自白強要をした警察官(捜査員)の名前や顔画像や年齢など明らかになった際は追記してまいりたいと思います。

 

誤認逮捕で女子大生に自白強要をした警察官(捜査員)の処罰や減給の可能性は?

 

また、誤認逮捕で女子大生に自白強要をした警察官(捜査員)の処罰や減給の可能性についてですが、肝心の愛媛県警が自白強要は無かったと認めています。

 

なので、警察という国家最大級の権力が誤認逮捕の自白強要という汚点を潰そうと働いている訳なので、自白強要をした警察官(捜査員)の処罰や減給は難しいでしょう。

 

せいぜい自白強要をした警察官(捜査員)は上司にお灸をすえられる程度でしょうね。女子大生を誤認逮捕し、人生の一部を奪っておきながら本当に不釣り合い極まりないですね。

 

誤認逮捕で補償や補償金はどうなっているの?

 

愛媛県警に誤認逮捕された女子大生の補償や補償金はどうなっているのでしょうか?

 

誤認逮捕は逮捕された人の人生の一部を奪うに等しい行為です。当然、「間違えでしたごめんなさい」で済まされる問題ではないでしょう。

 

誤認逮捕の補償や補償金などはどの様になっているのでしょうか?

 

無実だったとはいえ、警察に逮捕されたという事実は、その人の人生に大きな影響を与えます。日本では、裁判で無罪判決を受けた方へ、精神的、肉体的に受けた苦痛の補償として、拘束されていた日数1日あたりにつき1,000円~12,500円を、国が支払うということが「刑事補償法」で定められています。

これは、逮捕もしくは勾留された期間がある場合に請求できるもので、例えば在宅で捜査を受け、逮捕・勾留されなかった場合には請求することはできないというシステムになっています。また、無罪判決までの間に逮捕もしくは勾留された期間があれば、逮捕のみで勾留がなされなかった場合や、保釈により釈放された場合も補償の対象になります。

https://www.j-cast.com/2012/11/09153373.html?p=all

 

こちらが現在の誤認逮捕における補償制度になっております。逮捕もしくは勾留された場合とありますので、誤認逮捕された女子大生に補償金が支払われる可能性はあるかと思われます。

 

しかし、日数1日あたりにつき1,000円~12,500円との事なので、2日間取り調べを受けたとの事なので、最大でも25000円の支給という事で、ふざけすぎているほどの低額ですね。

 

愛媛県警が女子大生誤認逮捕のネットの声

 

 

 

まとめ

 

今回は、「愛媛県警で女子大生誤認逮捕で取り調べの警察官(捜査員)は誰で名前に顔画像は?処罰や減給はある?保障や保証金は出るの?」という事で書いていきました。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 


-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.