イベント

嶋田美子の顔画像に経歴に国籍は?あいちトリエンナーレで昭和天皇の顔写真を焼く作品の作者!!

 

今回は、「嶋田美子の顔画像に経歴に国籍は?あいちトリエンナーレで昭和天皇の顔写真を焼く作品の作者!!」という事で書いていきたいと思います。

 

あいちトリエンナーレで昭和天皇の顔写真を焼く作品があり、SNS上では怒りの声が殺到し、炎上しています。

 

この昭和天皇の顔写真を焼く作品の作者は嶋田美子という人物であることが判明しました。嶋田美子の顔画像や経歴、国籍などに迫ってまいりたいと思います。

 

 

あいちトリエンナーレで昭和天皇の顔写真を焼く作品で炎上

 

あいちトリエンナーレで昭和天皇の顔写真を焼く作品が展示されていてSNS上からは怒りの声が殺到し、炎上しています。

 

そもそもあいちトリエンナーレとは、愛知県一体で行われている日本最大級の芸術イベントです。2010年から3年毎に行われています。

 

このあいちトリエンナーレの財源は税金です。

 

wikiによると「愛知トリエンナーレ」は愛知県が8億5000万円、名古屋市が2億8000万円、残りを事業収入で賄うという税金を使った完全なる官制芸術祭です。 そこに慰安婦像や昭和天皇のお写真を半分焼いたオブジェが並ぶというトンデモイベントです💢

 

国民の血税が使われている日本最大規模の芸術祭で昭和天皇の顔写真を焼くような作品が展示されるとは、多くの方が悲しく情けない気持ちになるでしょう。

 

さらに、あいちトリエンナーレでは昭和天皇の顔写真を焼く作品のみならず、慰安婦像や安倍総理を侮辱した作品など、下品な作品が満載で批判の声が殺到しています。

 

実際にどのような作品があいちトリエンナーレで展示されているかというと、次の通りです。

 

あいちトリエンナーレで昭和天皇の顔写真を焼く作品その他

 

 

本当に情けなくなるくらい下品な作品の数々です。あいちトリエンナーレは日本最大級の芸術祭で、海外からの訪問者も多い事でしょう。

 

海外から見に来られた方はこの様な作品の数々を見て日本人にどんなイメージを沸かせるでしょうか?恥ずかしい真似は本当にやめて頂きたいものです。

 

ネットでは案の定批判の声が殺到しています。

 

 

あいちトリエンナーレで昭和天皇の顔写真を焼く作品でネットの声

 

この芸術とも呼べない悪質な作品を並べる芸術祭を税金で開催するのは論外。 #愛知トリエンナーレは中止せよ あいちトリエンナーレ実行委員会 住所:〒461-8525 愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター内 TEL:052-971-6111 FAX:052-971-6115 E-mail:triennale@pref.aichi.lg.jp

 

こんなガラクタが「あいちトリエンナーレ」に日本国民と愛知県民の税金を使って展示されるそうです。 金髪評論家が芸術監督をつとめる芸術祭に、朝鮮半島のプロパガンダの象徴となる像がいよいよ日本国内に。 朝日新聞も謝罪した慰安婦強制連行デマのツケを未だに日本国民に押し付ける人達ですね。

 

11億円という税金を注ぎこむ価値のある芸術祭なのでしょうか? 型ができている安っい慰安婦像なら数万円でできるバッタもんの筈。 11億円ものおお金がどこに流れているのか、そのカラクリこそが今回の本命ですね。

 

昭和天皇を焼く映像も展示されている、あいちトリエンナーレ。 日本国内でこんな愚行は断じて許す事はできない。 知事は説明責任がある。 主催者も許可した側も異常である。 愛知トリエンナーレ事務局 052-971-6111 愛知県知事室 052-954-6000

 

あいちトリエンナーレ2019 ①最初から保守からの炎上狙い ②慰安婦像を少女像として展示 ③昭和天皇の写真を燃やす映像 ④とにかく反日、反天皇ばかり こんなイベントに協力した 協賛企業一覧 aichitriennale.jp/sponsor/index.… そして なぜか韓国のニュースで紹介 youtu.be/wkBfqK-MKn0 怒れよ、日本人 pic.twitter.com/V5zrhwG2PO

 

いろいろググって来たがこれはあかんな。
これ税金で開催してるし、慰安婦像の展示に金払ってるだけでも問題だし、昭和天皇の写真の悪意ある展示は完全にアウト。

津田大介はアート関係のイベントに関わってたがいつか何かやらかすと思ってたわ。

企画アドバイザーに東浩紀の名前も出ているな。
https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/13280

 

そして、この問題の昭和天皇の顔写真を焼く作品を作った作者が嶋田美子という人物です。

 

 

嶋田美子の顔画像に経歴に国籍は?

 

では、嶋田美子の顔画像に経歴に国籍などに迫ってまいりたいと思います。まず、作品のプロフィール欄に書いてありました紹介分がこちら。

 

1959年東京都生まれ
千葉県拠点

この作品は、「’86富山の美術」に出品された大浦信行の《遠近を抱えて》への検閲事件を契機に生まれた。まず版画作品《焼かれるべき絵》は、「無傷」のものと燃やされ半分ほどなくなったものが対になっている。さらに富山県立近代美術館へ抗議の意を示すアクションも付随し、そのトータルで作品を構成する。本展では、焼いた過程の写真、館へ送った灰や文章、封筒、返事なども併せて展示する。

冷戦以降の現代美術においては、多文化主義(民族問題など)やジェンダー論(性差別など)を主題とする政治性を持つアートが台頭した。嶋田美子は日本ではいち早く呼応した作家。そのなかでも、自国の負の歴史をもっとも厳しく批判し、作品とするひとりだ。

本作のモチーフは顔がないためわかりにくいが、その大元帥服から戦前・戦中・戦後と長く帝位に就いていた昭和天皇と推定できる。彼には戦犯追及の声もあったが、結局は逃れた。顔の剥落により、この像は誰でもないという匿名性も帯びる。戦争責任を天皇という特定の人物だけではなく、日本人一般に広げる意味合いが生まれるのだ。版画だけに「天皇像」は複数に増殖するが、これは日本人一般への責任の広がりの強調としても作用するだろう。

 

顔画像がこちらになります。

 

 

嶋田美子は1959年東京都生まれとの事なので、国籍は日本人でしょう。2019年現在ちょうど60歳で、千葉県を拠点に活動をしている美術家との事です。

 

嶋田美子は日本有数のフェミニスト反戦芸術家として海外でも知られています。1982年にスクリップス大学で人文科学の学士号を取得し、2015年にロンドンのキングストン大学で博士号を取得されています。

 

その後は、学習院大学や慶應義塾大学でも講師を務められています。嶋田美子の作品テーマは、戦争の中の女性の役割としています。

 

まとめ

 

今回は、「嶋田美子の顔画像に経歴に国籍は?あいちトリエンナーレで昭和天皇の顔写真を焼く作品の作者!!」という事で書いていきました。

 

個人的には嶋田美子本人をどうこう言うつもりはありません。思想や表現は人それぞれですからね。しかしながら、日本最大規模のイベントであるあいちトリエンナーレで多くの方に不快感を抱かせるような作品を展示するのはいかがなものでしょう。

 

ネットの批判の声が物語っていると思われます。

 


-イベント

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.