ニュース

あいちトリエンナーレの慰安婦像撤去で津田大介の会見コメント全文!弁明言い訳とネットの声

 

今回は、「あいちトリエンナーレの慰安婦像撤去で津田大介の会見コメント全文!弁明言い訳とネットの声」という事で書いていきたいと思います。

 

物議をかもしていたあいちトリエンナーレの慰安婦像がとうとう撤去される事となりました。撤去に当たって芸術監督の津田大介さんが会見で最後まで見苦しい弁明を言い訳をしていましたので、会見全文を紹介したいと思います。

 

また、ネットの声もまとめていきたいと思います。

 

 

あいちトリエンナーレの慰安婦像撤去のニュース

 

物議をかもしていたあいちトリエンナーレの慰安婦像がとうとう撤去される運びとなりました。その詳細ニュースがこちら。

 

愛知県内で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)の実行委員会は3日、企画展「表現の不自由展・その後」の中止を決めた。慰安婦を表現した少女像など、各地の美術館から撤去されるなどした二十数点を展示しているが、抗議の電話が殺到するなどしていた。

津田氏は開幕前、朝日新聞の取材に「感情を揺さぶるのが芸術なのに、『誰かの感情を害する』という理由で、自由な表現が制限されるケースが増えている。政治的主張をする企画展ではない。実物を見て、それぞれが判断する場を提供したい」と話していた。

津田氏によると、少女像をめぐって、抗議する電話が開幕した今月1日だけで約200件あった。テロ予告や脅迫と取れるもの、職員の名前を聞き出してネットに書き込むような事例もあり、「対応する職員が精神的に疲弊している」と説明していた。

一方、河村たかし・名古屋市長が2日、トリエンナーレ実行委員会会長である大村秀章・愛知県知事に対し、展示中止を含めた適切な対応を求める抗議文を提出。「日本国民の心を踏みにじる行為」などと主張し、津田氏らが対応を検討していた。

津田氏は2日に開いた記者会見で、企画展について「表現の自由が相当制限されてきた公共施設で、行政と作家が協議し、自己規制や検閲なしに展示できる実例を示したかった」と説明していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00000026-asahi-soci

 

慰安婦像が撤去された運びとしては、あいちトリエンナーレの慰安婦像やその他下品な展示物から不快に思った人たちから抗議の電話が殺到。

 

中にはテロ予告ともとれるものもあったとの事で、職員の疲弊や安全を考えての事でしょう。しかしながら、これだけ批判が集まっていながらも津田大介さんは反省どころか、「批判する人達が悪い」とも見える態度。

 

呆れてしまいますね。それでは、この問題のあいちトリエンナーレでの慰安婦像をめぐって津田大介さんがどんなことを語っていたのか、会見全文を紹介したいと思います。

 

津田大介の慰安婦像会見コメント全文

 

●河村市長が少女像の撤去及び「表現の不自由展・その後」の中止を求めた件について
「表現の不自由展・その後」という企画は、日本の公立美術館で、一度は展示されたもののその後撤去された、あるいは展示を拒否された作品の現物を展示し、撤去・拒否された経緯とともに来場者が鑑賞することで、表現の自由を巡る状況に思いを馳せ、議論のきっかけにしたいということが展覧会の趣旨です。あいちトリエンナーレ実行委員会、表現の不自由展実行委員会、芸術監督である自分が企画内で展示されている作品に対して何らかの賛否を述べるものではありません。

●展示内容についての行政の責任についてどう考えるか
展示内容の決定については、まず芸術監督がテーマを決定し、そのテーマに沿って作家の選定を行うことになっています。順番としては、ほかにもさまざまな作家を選んでいる中で、表現の不自由展(実行委員会)を提案し、キュレーター会議で協議を重ね、一作家として表現の不自由展という過去のグループ展が参加することが決定しました。表現の不自由展の趣旨については、県庁の関係部署や、施設側でも説明し、展示した際に起こりうるリスクについても事務局や県民文化局と調整してきました。

あいちトリエンナーレの企画をどのようにするかは芸術監督に一任されています。そして県の事業として、またたくさんの作家が関わる展覧会として、様々な確認や承認を経てそれぞれの企画が実現しています。

行政はトリエンナーレのいち参加作家である表現の不自由展実行委員会が「表現の自由の現在的状況を問う」という展示の趣旨を認めているのであって、「展覧会内で展示されたすべての(個別の)作品への賛意」ではないという立場です。その前提に則りお答えすると、行政が展覧会の内容について隅から隅まで口を出し、行政として認められない表現は展示できないということが仕組み化されるのであれば、それは憲法21条で禁止された「検閲」に当たるという、別の問題が生じると考えます。

実はコンセプト文にも書かせていただいているのですが、この世の中のほとんどの事柄は白黒はっきりつけられない、グレーなものだと定義しています。そのグレーの濃淡を考えるという意味でも「表現の不自由展」を参加作家に加えています。

ただ、余波があまりにも大きい。分断がこれほどまでに進んでいて、その量によってまた一つ日本の表現の自由が後退したかもしれない、そうした実証になってしまっているように、今起こっていることを捉えています。

●協賛企業についてどう考えるか
トリエンナーレのテーマである「情の時代」やそのコンセプト、また男女平等や教育普及の試み、またこれまでトリエンナーレが育んできた文化的役割にご賛同いただき、協賛・協力してくださっている企業の皆さんには、大変なご迷惑をおかけし、あらためてお詫びをしなければならないと考えています。また、トリエンナーレに協力・賛同していただいているのは企業だけではありません。参加作家、地元の方々、ボランティアのみなさんを始め、トリエンナーレの開幕を楽しみにしてくださり、今回の件でご不安にさせていただいた方すべてに対してもそう思います。

●安倍首相と菅官房長官を模した人物がハイヒールで踏まれている作品について

このツイートを契機に、安倍首相や菅官房長官を侮辱する作品が今回の企画で展示されている誤情報がネットには流れていますが、事実と異なります。過去のあいちトリエンナーレで展示されたこともありません。表現の不自由展に展示されるすべての作品と解説については下記サイトで閲覧できます。
https://censorship.social/

●今後について
この企画が報道された7月31日(水)から連日、事務局への電話が殺到しております。その中には、テロ予告や脅迫とも取れるようなものや、また電話に応対しただけの職員個人を攻撃するものも多く含まれています。また、事務局への電話は夜間にもなされ、その数は増え続けています。この状態が続き、来場者及び職員の安全が危ぶまれる状況が改善されないようであれば、展示の変更も含め何らかの対処を行うことを考えています。ただし、日本が、自国の現在または過去の負の側面に言及する表現が安全に行えない社会となっていることをそうやって内外に示すことの意味を、よくお考えいただき、自制的に振る舞っていただくことを期待しております(ステートメント掲載ここまで)

 

 

何とも見苦しい弁明ですね。まずは、自身の判断がここまで問題が大きくなる原因を作っておきながら謝罪の一言もないのが呆れたものです。

 

芸術監督として、この様な問題に発展することは考慮していなかったのでしょうか。考慮できなかったにせよ、多くの日本人の心を踏みにじった事実はネットの声が語っています。

 

さらに、その事により抗議の電話が寄せられ対応に追われた罪なき職員たちは本当に疲弊してかわいそうです。

 

それらの原因の責任が誰にあるかを考えれば、まず真っ先に謝罪すべきではないでしょうか。謝罪はおろか、自身の判断は間違っていないの一点張り。

 

それに加え、それを理解できないのは民度が低いためだとも言わんばかりのコメントで呆れてしまいますね。

 

※津田大介さんが謝罪されていた様なので、詳細を追記します。

 

愛知県内で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介氏は3日記者会見し、中止を決めた「表現の不自由展・その後」について、「リスクの想定、必要な対応は識者にも話を聞いてきたが、想定を超える事態が起こったことを謝罪する。僕の責任であります」と述べた。

会見で津田氏は「まずおわびしたいのは、参加した各作家の皆様。(開幕から)たった3日で展示断念となり、断腸の思い」と陳謝。「(各地の美術館で)一度は展示されたが撤去されたという作品の性質上、沸き上がる反感などを可視化する企画だった」と説明し、「一番迷惑をかけてしまったのが、自分の仲間だ。

ともに作り上げた(愛知)県職員、ボランティア、ギャラリーなどの協力先。何より企画を楽しみにしてくれていたみなさんにも、こういう結果になったのは、大変申し訳なく思う」と述べた。その上で、「展示内容自体が不快に感じた人、ネット含めて意見が届いています。内容そのものへの言及は控えるが、監督としての責任を持って、最後まで運営に邁進(まいしん)する」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190803-00000034-asahi-soci

 

あいちトリエンナーレの慰安婦像撤去でネットの声

 

 

まとめ

 

今回は、「あいちトリエンナーレの慰安婦像撤去で津田大介の会見コメント全文!弁明言い訳とネットの声」という事で書いていきました。

 

ネットの声では、天皇の写真を燃やす作品も許せないって意見も数多くありましたね。その上、メディアはなぜ慰安婦像ばかりを取り上げて天皇を燃やす作品は取り上げないのか?とも。

 

そちらの問題に関しても別の記事で調べてみようと思います。最後までお読みくださりありがとうございました。

 


-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.