気になる話題

ブサイク禁止居酒屋の店舗はどこ?蛙之介野毛店で店長の顔画像や意図はなに?

 

今回は、「ブサイク禁止居酒屋の店舗はどこ?蛙之介野毛店で店長の顔画像や意図はなに?」という事で書いていきたいと思います。

 

ブサイク禁止と張り紙のしてある居酒屋が紹介され話題になっています。ブサイク禁止居酒屋の店舗はどこかというと、蛙之介野毛店と特定されています。

 

蛙之介野毛店の店長はどんな顔してるんでしょうね?店長の顔画像やブサイク禁止の意図に迫ってまいりたいと思います。

 

 

ブサイク禁止居酒屋が紹介で話題のニュース詳細

 

まずは、ブサイク禁止居酒屋が紹介されて話題のニュース情報から書いていきたいと思います。

 

 

「ブサイクのナンパ・騒音・イキリ・謎の一気飲み禁止」

これは大衆居酒屋「酒呑んで飯食って蛙之介 野毛店」(横浜市)の店内に貼られた、衝撃の一文だ。

 

これはひるむ。周りのことも考えず騒ぐ客は確かに迷惑だが、「ブサイク」とはっきり言いきるところなど、かなり攻めたメッセージだ。あまりのインパクトに、ツイッターでは、

「めっちゃ攻めてるw」
「イケメンかブサイクかはお店が決めるって事ですね!」

といった声が寄せられ、注目を集めている。

このストレートすぎる物言いには、どんな意図があるのだろうか。Jタウンネットは2019年6月7日、店主の藤原俊喜さんに取材した。

ブサイクは「顔のことではない」

もともとディープな居酒屋が集まる飲み屋街として知られる野毛。「酒呑んで飯食って蛙之介 野毛店」もジョッキの代わりに洗面器に酒を入れて提供するなど、独自のスタイルをとっている。そんなこともあってか、藤原さんによれば最近は大学生など若者の客が多くなっているという。

若者の酒癖が悪く、店のブランディングが崩れてしまう――。それを懸念した藤原さんは、1年ほど前から、このような注意喚起のメッセージを店内に貼るようになったのだという。話題になった貼り紙のほかにも、レパートリーは様々。貼り紙の効果について、藤原さんは、

「これを目当てに来るお客さんもいますね。インスタにアップしたりとか」

と話す。貼り紙を設置した当初はあまり意識していなかったといい、SNSで話題になったことは予想外だったようだ。

 

ところで、リプライ欄には「イケメンならいいのか」という疑問も寄せられている。注意喚起はブサイクに限定してあるように見えるが、イケメンならば何をしても許されるということなのだろうか...。

当然ながら、藤原さんは「顔のことではない」と言う。

店内にはブサイクの定義として、「ナンパ・謎の一気・コール・立ち歩き・周りの迷惑になる人」を挙げる貼り紙がある一方、イケメンとして「自分が楽しむことだけを考えない」「常に周りのことを見れている」などを挙げている。

 

リプライ欄で指摘が多かった「謎の一気」についても詳しく聞いてみた。

「お酒は嗜んで飲むものなのに、なんで一気飲みするのかという。皮肉も込めています」

まさに「酒は飲んでも飲まれるな」ということだろう。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5455915

 

こちらの居酒屋には、「ブサイクのナンパ・騒音・イキリ・謎の一気飲み禁止」と張り紙が貼られています。

 

この貼り紙を見たお客は、「ブサイクは店に入っちゃいけないのか?イケメンならいいのか?お客の顔にこだわる居酒屋とはどういう事だ?」と思うでしょう。

 

しかしながら、ブサイクとは顔の事ではなく行為の事で、一気飲みやナンパ、他のお客さんの迷惑になる様な騒音をたてるなどの行為を「ブサイク」と呼んでいる様です。

 

しかし、一気飲みやナンパや騒動を起こす人間を「ブサイク」と表現する人はなかなかいないですよね。この居酒屋の貼り紙が話題になってその意図を理解してくれる人も増えたと思いますが、貼り紙だけ見た人は、「ブサイクは店に入れないのか?」と思うでしょうね。

 

ブサイク禁止居酒屋の店舗はどこ?蛙之介野毛店

 

 

このブサイク禁止の貼り紙がされている居酒屋ですが、店舗はどこかというと、蛙之介野毛店と特定されています。

 

 

食べログの評価を見てみると星が3.5個なので、そこまで高いとは言えませんね。それでは口コミも見ていきたいと思いおます。

 

会社メンバーといく、野毛ちょい飲みツアーにて、初訪店。
この日、なんと8軒目。
いきおいでこの店に突入です。
この時点で会社メンバーは5名。もうすぐ1名くるって状態。
席がなかなか厳しかったが、なんとかギリ座れるくらい大混雑。
メニュー見るとその理由も納得。

ドリンクがほぼ290円!
料理もどれも安い!
注文した料理はお店のおすすめ3品。
「自慢の肉豆腐」⇒180円!!!
「たません」⇒290円!!
「自家製ポテトサラダ」⇒390円!
そして、ハイボール、ライムサワーなど各自お酒1杯づつ。

料理の味は、それぞれまあB級グルメ的な、、、
それでもこのお値段は野毛っぽくて大変よいですね。
さあこれからってときに、もう1名来ると連絡入る。
さすがに席がなくて、速攻でお酒飲み干して退散。

痛風鍋と、ケロリン桶にはいった酒をを堪能したかったですが。
またのお楽しみですな。
このコスパなら人気なのが良くわかるお店でした。

 

久しぶりの横浜野毛で行きたかったこのお店に(*´▽`)ノ

店員のお姉さんとお兄さんはとても元気で活気のある感じでした。
学生さんっぽい人たちや仕事帰りのおじさまたちなどお客さんいっぱいでした!
みんな顔真っ赤にしてワイワイ楽しそうでした(笑)
この雰囲気好きー♡♡

まずは生ビールで乾杯。
ケロリン桶(1800ml)で飲みたくて、どのサワーにするか迷んだけど、パインサワーにしました(*´∀`*)
生パイナップルが入ってるシャーベットのサワーが美味しくて✨
ケロリン桶をおかわりしてしまいました(笑)

写真に残したのは、分厚いハムカツとおっぱいチャーシュー。見た目のインパクトだけでなく、味もちゃんと美味しかったですね。お酒に合う!
ごまカンパチやつぶ貝刺身など海鮮物も新鮮でした。
ホタテのひもわさが気に入っておかわりも。

野毛はお店がたくさんあって、行きたいところもまだまだあるんですが、ここはぜひまた来たいです!

 

初訪問です
気になっていたのですが なかなか行く機会がなくて23時半頃訪問しました

ドリンクはホッピー黒
ジョッキに氷と中が入ってます

ホッピーを半分程度注いで飲みます
そこそこな濃さです

当然中はおかわりです

レシートを見て気づいたのですが ホッピーは外が290円 中が190円
セットということで1杯なら480円でした

さて料理は肉豆腐とエシャレットを注文
あとから焼きそばを追加

肉豆腐ですが肉と豆腐に味が染み込んでいておいしいです
値段も安いし

エシャレットは ちょっと大きくなりすぎ感がありました
味噌をつけて頂きます
エシャレットには味噌がやっぱいいですね

焼きそばは太麺でソースが絡んでおいしいです
さらに揚玉・青ノリ・干しエビを振りかけて食べると一段とジャンク感が増しおいしくなります

最終的にドリンク1杯追加で終了

2000円超えでしたが料理は安いし味も満足
その分ホッピーが割高に感じてしまいました

今度は桶で飲みたいし再訪したいですね

 

蛙之介野毛店店長の顔画像や貼り紙の意図は?

 

蛙之介野毛店店長の顔画像や貼り紙の意図などに迫ってまいりたいと思います。「ブサイク禁止」の貼り紙をするくらいなので、店長はどれくらいイケメンなのか気になりますよね。

 

店長の名前は、藤原俊喜(ふじわらとしき)さんと言うそうで、「食リク」と言うサイトで顔画像とともに店長決断の意図や目標などが紹介されていました。

 

 

ブサイクではないですが、別段イケメンとも言えませんね。しかし、一気飲みやナンパなどをする人間を藤原俊喜さんはブサイクと呼んでいますので、内面の意味で外見にこだわっている訳ではない様です。

 

藤原俊喜さんはもともと美容師をしていたそうですが、美容師の低賃金に苦労し、バイトを始めたことが株式会社ファイブグループとの出会いだったそうです。

 

ファイブグループと言うのは、蛙之介の運営会社の事ですね。美容師から本格的にファイブグループに転職し、蛙之介一号店の店長を任された様です。

 

しかし、藤原俊喜さんは「ブサイク禁止」の貼り紙がここまで話題になるとは思っていなかったらしく、今では貼り紙効果で来店するお客さんもいて写真などを取られるそうです。

 

そういう意味で、藤原俊喜さんは商売人としてなにかともっている方かもしれませんね。

 

まとめ

 

今回は、「ブサイク禁止居酒屋の店舗はどこ?蛙之介野毛店で店長の顔画像や意図はなに?」という事で書いていきました。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 


-気になる話題

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.