萩原幸広の顔画像にFacebookは?自宅放火の動機や理由は何?ネットの反応も!

 

今回は、「萩原幸広の顔画像にFacebookは?自宅放火の動機や理由は何?ネットの反応も!」という事で書いていきたいと思います。

 

萩原幸広容疑者が自宅を放火し逮捕されました。萩原幸広容疑者の顔画像やFacebookなどSNS、犯行動機や理由に迫ってまいりたいと思います。

 

また、ネットの反応も見ていきたいと思います。

 

 

萩原幸広容疑者が自宅を放火で逮捕のニュース

 

まずは、萩原幸広容疑者が自宅を放火で逮捕のニュースの詳細から書いていきたいと思います。

 

12日午後9時45分ごろ、前橋市青梨子町の民家が燃えていると近隣住民が119番した。木造2階建て住宅1棟が全焼し、この家に住む、いずれも無職の萩原松代さん(68)と兄の桜井定男さん(71)が行方不明になっている。群馬県警前橋署は13日、火を付けたとして萩原さんの長男で無職の幸広容疑者(32)を現住建造物等放火の疑いで逮捕した。

同署によると、幸広容疑者は行方不明の2人と同居していた。現場に駆けつけた署員に「1階和室の服に火を付けた」と話したため逮捕した。同署は現場検証をして連絡が取れない2人の行方を調べるとともに、幸広容疑者から事実関係を確認している。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

萩原幸広容疑者が自宅を放火で逮捕の事件詳細

 

まず、事件発生日時は12日午後9時45分ごろとの事。事件発生現場は、萩原幸広容疑者の自宅です。自宅住所までは報道されていませんが、前橋市青梨子町との事。

 

 

火災発生により現場に駆けつけた署員に萩原幸広容疑者が「1階和室の服に火を付けた」と話したために、逮捕に至ったとの事です。

 

萩原幸広容疑者が自宅を放火の犯行動機や理由は?

 

萩原幸広容疑者が自宅を放火した犯行動機や理由については今現在のところ判明していません。しかし、この民家には萩原幸広容疑者とその母親、さらには母親の兄で同居していたとの事です。

 

同居していたのがその3人のみだったかどうかは報道されていませんが、息子と母親とその兄が同居する家庭と言うのはなかなか珍しいと言えるのではないでしょうか。

 

萩原幸広容疑者は無職だったとの事で、母親や叔父と何らかの感情のもつれやトラブルがあって犯行に及んだのかもしれませんね。

 

母親や叔父は高齢で労働できないのは仕方ないし、年金をもらえる様な年齢なので年金生活だった事が予想されます。

 

萩原幸広容疑者は働きもせず母親や叔父の年金にすがるパラサイトチルドレンだったと予想されます。それらのところから、トラブルに発展したのかもしれません。

 

 

しかし、住宅一棟がここまで完全に全焼するほどの犯行なので、強い殺意があった事が考えられますね。一時的な感情による犯行だったのでしょうか。

 

古い木造住宅だったとすると、火が燃え広がるのは早かったでしょう。

 

 

萩原幸広容疑者の顔画像やFacebookなどSNSは?

 

萩原幸広容疑者の顔画像やFacebookなどSNSに迫ってまいりたいと思います。萩原幸広容疑者の顔画像に関しましては今現在のところ報道されていません。

 

顔画像に関しましては報道を待ちたいと思います。また、萩原幸広容疑者のFacebookなどのSNSに関しましても、本人の特定には至りませんでした。

 

現在判明している萩原幸広容疑者の情報は以下となります。

 

名前:萩原幸広(はぎわらゆきひろ)

年齢:32歳

住所:群馬県前橋市青梨子町

逮捕容疑:建造物等放火の疑い

 

これら以外の情報に関しましては、報道を待ち、報道されましたら随時追記して更新してまいりたいと思います。

 

ネットの反応

 

32歳の長男が火をつけたのか…

33歳は、大厄だもんな…

散々って意味らしくて
かなり、ひどいことがあった
って、いろんな話し聞いたな、、

 

何だ息子頭いかれてんのかね。
何があったんだか?

 

何かしら動機が無いと放火はしないでしょう。仕事に就いていないことを注意されたか、金を無心して断られたために殺害を謀ったのか。放火で人を死傷させると死刑または無期懲役刑。

 

まとめ

 

今回は、「萩原幸広の顔画像にFacebookは?自宅放火の動機や理由は何?ネットの反応も!」という事で書いていきました。

 

しかし、無職による犯行が跡を絶ちませんね。無職の息子を家に置いておいてもいい事は何一つないでしょう。

 

ましてや10代ならともかく30過ぎたいい大人なんですから。母親も叔父もこの様なパラサイトチルドレンは病気や障害がない限りとっとと家を追い出すべきですね。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました