ニュース

商店街の池にタバコや薬で金魚全滅の犯人は誰で顔画像は?場所は加古川市のどこ?原因は本当にタバコ?

 

今回は、「商店街の池にタバコや薬で金魚全滅の犯人は誰で顔画像は?場所は加古川市のどこ?原因は本当にタバコ?」という事で書いていきたいと思います。

 

兵庫県加古川市の商店街の池にタバコや薬を入れて金魚が全滅したニュースが流れました。池には怒りの貼り紙がされています。

 

果たして商店街の池にタバコや薬の犯人は誰で顔画像など判明しているのでしょうか?また、金魚全滅要因は本当にタバコか薬なのでしょうか?

 

 

商店街の池にタバコや薬で金魚全滅のニュース詳細

 

まずは、商店街の池にタバコや薬で金魚全滅のニュース詳細から書いていきたいと思います。

 

「せっかく育ってきた金魚、錦鯉、フナ、エビ等が全部死に絶えてしまいました。池の中にタバコ・クスリ等入れたのは どこのだれだ恥を知れ」

兵庫県加古川市の商店街にある池のオブジェに貼られた、一枚の貼り紙の写真がツイッターに投稿され、話題になっています。一体何が起きたのか、貼り紙の主で、長年金魚たちの世話をし続けてきたという靴店の店主(78)にお話を聞きました。

この池は、JR加古川駅南側にある「ベルデモール」という商店街にあり、今から30年前、昔の商店街を改装オープンした際に、憩いの場として作られたそうです。

水は地下水を利用し、常にポンプで循環させていますが、完成当初はタバコのポイ捨てが相次いだことから「金魚がいたら(ポイ捨てを)ためらうのでは」と和金の稚魚を購入して放したといいます。

その後、店主が水草を植えたり、エビやフナ、錦鯉などを放したりし、「近くの保育園の子どもたちも3日と開けず、楽しみに見に来てくれとった」(店主)というほど、地域の人に愛されてきました。

異変が起きたのは、8月初旬。朝9時ごろ、店を開けに来た店主が通りがかったところ、40匹ほどいた金魚などがほぼ全部死に、池の端にある導水管のネットに引っかかっていました。

何とか生き残ったのは、2匹だけ。エビも全て死んで底に沈んでいたといい、周囲には商店街の閉店後に捨てられたとみられるタバコの吸い殻が、たくさん落ちていたそうです。

池は地下水を循環させているため、水温は一年中13~14度に保たれ、昨夏の猛暑でも金魚たちが死ぬことはありませんでした。むしろ冬でもすくすく育つため、大きくなった錦鯉などは市内の池に「お嫁入り」していたほど。

「これまでも池に吸い殻が放り込まれとったことは何度もあったから、それだけで全部死んでしまうとは思えんけど…」と店主。「水鳥に食べられたこともあったけど、それならフンが落ちとる。それもなかった」と言います。

実は、池では今春、初めて稚魚が生まれ、喜んでいた矢先に池の清掃で全滅。「このままでは子どもたちが寂しがる」と新しい金魚を購入し、「ようやく大きくなってきたところ」(店主)でした。

結局詳しい原因は分からないままですが、貼り紙をして以降、タバコのポイ捨てはピタリとやんだといいます。

「ポイ捨てがなくなっただけでも、貼り紙をした意味があった、ゆうことかな。ここは小ちゃい子も楽しみにして来とる、大切な池。汚さないで欲しい」と店主。

1週間余りたち、残った2匹の金魚も少しずつ元気になってきたといい、店主は「子どもたちも待っとる。何としても、また、復活させなね」と言葉に力を込めました。

 

金魚の世話をしていた靴屋の店主からしたら、非常に怒りを覚える残念な出来事だったと思います。店主からしたら、いろいろ苦労しながら金魚の世話をしてきたみたいですから。

 

金魚の稚魚が生まれたり、池の清掃で全滅してしまったり、そこからまた新しい金魚を投入したりと、紆余曲折があった中での今回の事件なのですから。

 

金魚大量死の原因は本当にタバコや薬?

 

しかしながら、金魚大量死の原因は本当にタバコや薬なのでしょうか?今年の夏は異常なくらい熱いですので、水温が上がってと言う可能性もあるのでは。

 

と思いましたが、池の水には地下水が使われていたとの事で、水温は常に一定だったとの事です。また。去年や一昨年の夏もかなりの暑さでしたが、何ともなかった事を考えるとやはりタバコや薬なのではないでしょうか。

 

店主が貼り紙でタバコや薬を入れたのは誰だと書いている以上、以下の中にタバコのポイ捨てがあったのでしょう。

 

非常に残念な事です。

 

 

商店街の池にタバコや薬で金魚全滅の犯人は誰で顔画像は?

 

商店街の池にタバコや薬で金魚全滅の犯人は誰で顔画像はなどは判明しているのでしょうか?現在のところ、犯人は誰かはわかっていません。

 

防犯カメラの映像などを解析すれば犯人の特定が出来るかもしれませんが、商店街の金魚の大量死くらいで防犯カメラの映像を調べるのは困難でしょう。

 

店主もそれが分かっているからこそ、抑止のつもりで貼り紙を貼ったのかもしれません。実際、貼り紙が貼られてからタバコのポイ捨てが無くなったそうです。

 

なので、貼り紙は見事抑止の役割を果たしたわけですが、この様な貼り紙をしていないとタバコのポイ捨てをしてしまう人がいるというのは何とも残念ですね。

 

ネットの声

 

夏休みだから、いろんなところで動画撮影をしてる人を見かけました。

100%偏見ですが面白い動画のために
なにをするかわからない人が増えた日本がこわいです。

 

水質検査をした方が良い。
最近は変な人が多いから、故意に毒物を入れた奴がいるかもしれないし、循環している水が何かに汚染されたかもしれない。

 

飼っていたからわかりますが、金魚は少しの水質変化でもすぐ体調を崩します。タバコなどはもっての他ですが、地下水の酸性度が変わったとか、化学物質が混ざりこんだ等も原因の可能性もあると思います。
ポイ捨てがなくなっても体調を崩すようなら、水質検査紙はそんなに高くなく買えるので、検査をして原因をはっきりさせた方が良いかと思います。

 

商店街のような人通りの多い場所なら防犯カメラは無かったのか。
映像に映った犯人はSNSで公開すればいい。

 

本当になぁ、愉快目的で訳の分からん事をするのが増えた。
生えだの、目立つために、それこそまだ人殺しが出ていない程度で。

実家でも、毒入りのが入れられて庭の番犬を殺されたこともあるし。
その他の小動物も、わざと捕まえて来た肉食動物を放して襲わせるのも居た。

見つけたら、色々やるつもりだったが。
終ぞ、犯人は見つからなかった、巡回は増えたものの気が向いた時と言った感じで、1週間何も無いから終了~で終わってしまい効果を実感できなかった。

場所柄、防犯カメラを設置して居そうだから、リレー方式で犯人を絞り込めそうな気がするね。
地下水と言っても、早々に水質は変わらんと思う。

田舎でも地下水だけだったが、水生生物は死ぬ事は一切なかった。
農薬噴霧を急にやられて、屋外のを全滅させられることはあったが。

記事の犯人が捕まると良いな、私刑に掛けても良いと思うよ。
吊るして曝してボコボコに。

 

まとめ

 

今回は、「商店街の池にタバコや薬で金魚全滅の犯人は誰で顔画像は?場所は加古川市のどこ?原因は本当にタバコ?」という事で書いていきました。

 

ネットの声でもありましたように、最近は何をするかわからない人間が増えていますので、水質検査をしてもらった方が良いでしょうね。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 


-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.