ニュース

横浜ブルーラインで居眠りの運転士は誰で名前に顔画像は?踊場駅で壁に衝突!

 

今回は、「横浜ブルーラインで居眠りの運転士は誰で名前に顔画像は?踊場駅で壁に衝突!」という事で書いていきたいと思います。

 

横浜ブルーラインで運転士が居眠りをし、電車が壁に衝突するとんでもない事故が発生しました。運転士は誰で名前や顔画像に迫ってまいりたいと思います。

 

 

横浜ブルーラインで運転士が居眠り、踊場駅で壁に激突のニュース

 

まずは、横浜ブルーラインで運転士が居眠りで壁に激突のニュース詳細から見ていきたいと思います。

 

29日朝、横浜市の市営地下鉄「ブルーライン」で回送列車がオーバーランし、壁に衝突する事故があった。運転士の男性は「居眠りをしてしまった」と話しているという。

横浜市によると29日午前8時半頃、市営地下鉄「ブルーライン」の踊場駅で、回送列車がオーバーランし、およそ30メートル先の壁に衝突する事故があった。車内に乗客はいなかったが、運転士の男性が足に軽いケガをしたという。運転士の男性は「居眠りをしてしまった」と話しているという。

ブルーラインは29日終日、快速列車の運行を中止するという。

ブルーラインでは今年6月、線路に置き忘れた保守点検用装置に車両が乗り上げ、脱線する事故が起きたばかりだった。

 

事件発生日時と場所は

 

事件発生日時と場所についてですが、事件がおきたのは8月29日午前8時半頃との事。電車が壁に激突したのは、踊場駅との事です。

 

 

事件の詳細は?

 

 

8月29日午前8時半頃、横浜市の市営地下鉄ブルーラインが踊り場駅で電車がオーバーラインし、壁に激突したとの事です。

 

その理由はなんと、運転士が居眠りをしたからと言うのですから驚きです。不幸中の幸いで、激突事故を起こした電車は回送電車で乗客が乗っていませんでした。

 

もしも乗客が大勢乗る電車だったらと思うと、恐ろしくて震え上がりますよね。この居眠りをした運転士からは免許を取り上げて、一生電車を運転させてはならないでしょう。

 

横浜ブルーラインで居眠りの運転士は誰で名前に顔画像は?

 

横浜ブルーラインで居眠りの運転士は誰で名前や顔画像は明らかになっているのでしょうか?残念ながら、現時時点では、運転士が誰で名前や顔画像と言った情報は公開されていません。

 

最も、刑事事件を起こした訳ではないので、個人情報の公開はされないでしょう。しかしながら、たまたま乗客が乗らない回送電車だったから良かったものの、もしも満員電車とかだったらどうなっていたのでしょうか?

 

そう考えると、運転士の責任は重大です。ブルーラインは29日終日、快速列車の運行を中止するという事ですが、居眠りをした運転士の処分はぜひとも厳重にして頂きたいものです。

 

ネットの声

 

早急にカジノを開催させて再発防止資金にしましょう!

 

カジノより交通局の職員への喝が先。

 

まとめ

 

今回は、「横浜ブルーラインで居眠りの運転士は誰で名前に顔画像は?踊場駅で壁に衝突!」という事で書いていきました。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 


-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.