女優

篠田麻里子の水戸黄門入浴画像はどこが残念?由美かおるくノ一入浴シーンと比較検証!

 

今回は、「篠田麻里子の水戸黄門入浴画像はどこが残念?由美かおるくノ一入浴シーンと比較検証!」という事で書いていきたいと思います。

 

元AKB48の篠田麻里子さんが、6話から水戸黄門にくノ一「誌乃」役で出演し、恒例の入浴シーンも披露しましたが、由美かおるさんと違うと話題になっています。

 

そこで、篠田麻里子の水戸黄門入浴画像はどこが残念なのか、由美かおるさんのくノ一入浴シーンと徹底比較していきたいと思います。

 

 

篠田麻里子の水戸黄門入浴画像と由美かおる入浴シーンの違い①入浴の目的

 

迎えた第9話。またまたご老公暗殺の計画を練る頭たちのすぐ近くの風呂で入浴する詩乃が! 頭は一言「お前の出番だ」。湯煙の中で腕など流しながら、やっぱり思いつめたような詩乃。これで入浴終了。

これだけ!? 多くのファンの渇望感をあおる結果となったが、ドラマ的にはこれは珍しい入浴シーンなのである。これまで由美かおる、その後を継いだ形の雛形あきこら、『水戸黄門』の先輩たちの入浴には、たいてい「目的」があった。

スケベな悪代官を風呂場に誘導し、お湯を大量噴射してやっつけたり、脱いだ着物から重要証拠の書付を抜き取ったり。時には事件について口を閉ざす娘とともに入浴し、「ここは女同士で」とリラックスしたところで聞き取り調査などしていたのだ。

ちなみに由美演じるお銀がレギュラー入りするきっかけになったのは、「露天風呂でご老公の命を狙う」という大変な入浴シーンだった。混浴で暗殺未遂!! その後、ご老公の人柄に感じ入ったお銀は、人助けのために全国の風呂に入り続け、見事入浴200回を達成している。目的あっての入浴なのである。

篠田の場合は、いまひとつ目的がよくわからず、しかも短時間。第8話で、ご老公と助さん、格さんが温泉に入ったシーンの方が時間的には長いくらいだった…。

https://news.livedoor.com/article/detail/13996434/

 

今までの水戸黄門のくノ一の入浴シーンには、目的がありました。例えば、色気を利用してスケベな悪代官をおびき寄せて退治するなどです。

 

しかしながら、篠田麻里子さんの入浴シーンにはそれらしき目的がなく、単なるサービスシーンの様になってしまっているのが残念との声が多かったのです。

 

最も、それは篠田麻里子さんのみの問題と言うよりも、シナリオ担当が入浴シーンに意味を持たせる様に作品を作らなかったのも問題だとは思いますが。

 

しかしながら、色気のある入浴シーンで視聴者をサービスさせるのみならず、その色気を利用してストーリーをダイナミックな展開に持って行く由美かおるさんのくノ一入浴シーンとどうしても比較されてしまうのでした。

 

篠田麻里子の水戸黄門入浴画像と由美かおる入浴シーンの違い②色気

 

また、お色気度が低いのも篠田の特長。すらりとした身体、思いつめたような表情でじーっとご老公を見つめるくノ一詩乃は、どこかサイボーグっぽい。これから暗殺しようというのだから、にこにこしていたら変だが、入浴=明るいお色気というイメージを持つ私としては、もう少し遊び心を入れてほしかった。

https://news.livedoor.com/article/detail/13996434/

 

また、篠田麻里子さんの入浴シーンは色気が少ないという事も不評の原因の一つなのでした。篠田麻里子さんは演技力の評判も良くなく、サイボーグっぽいと言われてしまうのでした。

 

実際のネットの声を見てみたいと思います。

 

・画像を見る限りでは全然色気を感じない

・31じゃちと若いな。入浴似合いそうなアラフォーなら井上遥、雛形あきこ、三浦理恵子、そのあたりか。理想は中山忍、内田有紀、常盤貴子が週替わりに入浴なら最強なんだが

・くノ一の毅然とした感じがまるでない感じじゃん、魅力感じないわ。風呂シーンも襲われるかもの緊張感持てよ。いやん旅行じゃねーぞ。

 

この様に、篠田麻里子さんの入浴シーンは色気のみならず、演技力の面においても不評なのでした。

 

篠田麻里子と由美かおるの入浴画像徹底比較

 

 

それでは実際に篠田麻里子さんと由美かおるさんの入浴画像を見比べて検証してみたいと思います。

 

篠田麻里子さんの入浴画像

 

 

由美かおるさんの入浴画像

 

 

確かに、こうして篠田麻里子さんと由美かおるさんの入浴画像を見比べてみますと、篠田麻里子さんも色気もあり美人なのは確かです。

 

しかしながら、由美かおるさんの入浴シーンの方が妖艶さや毅然とした表情や色気も格段にある事が分かります。

 

篠田麻里子主演の水戸黄門作品は?

 

篠田麻里子さんが主演した水戸黄門は、2017年10月4日から12月6日までBS-TBSで放映されていたあの武田鉄矢が主演で水戸黄門役の作品です。

 

篠田麻里子さんはくノ一の「誌乃」役で主演されていました。なお、2017年10月4日から12月6日までBS-TBSで放映されて作品は、第一シリーズで、第二シリーズは2019年5月19日から8月11日までほうえいされていました。

 

主なキャストは以下です。

 

【第一シリーズ】

  • 水戸光圀:武田鉄矢
  • 佐々木助三郎:財木琢磨
  • 渥美格之進:荒井敦史
  • 風車の弥七:津田寛治
  • 柘植九郎太:長谷川純
  • 詩乃:篠田麻里子(第6話・第8話〜第10話)
  • 蛇骨の升六:中村嘉葎雄(第6話・第8話〜第10話)

 

第一シリーズでは、篠田麻里子さんは6話と第8話〜第10話に主演されています。入浴シーンは6話です。

 

【第二シリーズ】

  • 水戸光圀:武田鉄矢
  • 佐々木助三郎:財木琢磨
  • 渥美格之進:荒井敦史
  • 風車の弥七:津田寛治
  • 詩乃:篠田麻里子
  • 吉姫:吉本実憂

 

篠田麻里子さんのプロフィールと経歴

 

名前:篠田麻里子(しのだまりこ)

生年月日:1986年3月11日

出身地:福岡県糸島市

血液型:A型

職業:ファッションモデル タレント 女優 (元AKB48メンバー)

活動期間:2006年~

 

2005のAKB48の第一オーディションに落選の後、同年12月からカフェっ娘としての勤務を始めます。

 

2006年1月、AKB48のお気に入りメンバー人気投票でカフェっ娘にもかかわらず1位になったことをきっかけに、秋元康により、AKB48のメンバーに抜擢されました。

 

秋元康に4日間で12曲の歌と振り付けを覚える様条件を突き付けられ、見事それに答えて同月22日夜の公演にて初ステージを飾りAKB48メンバー(チームA)としての活動を開始します。

 

2008年の7月に自身初の写真集を出版し、「MORE」11月号より専属モデルをして活動の幅を広げます。

 

その後の活動も目覚ましく、AKB48は2014年に卒業しますが、芸能活動は続け、2019年2月には3歳年下の一般人と結婚します。

 

まとめ

 

今回は、「篠田麻里子の水戸黄門入浴画像はどこが残念?由美かおるくノ一入浴シーンと比較検証!」という事で書いていきました。

 

篠田麻里子さんの入浴シーンが由美かおるさんの入浴画像と比べて残念だった理由は、目的のなさ、色気のなさ、演技力の低さ、などなどが指摘されるのでした。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 


-女優

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.