世の中の出来事を斜め45°から切る!!

トレンド深堀り速報☆

ニュース

米女子水泳選手の露出過多の証拠画像は?失格理由が酷すぎて人種差別で取り消し!

投稿日:

 

今回は、「米女子水泳選手の露出過多の証拠画像は?失格理由が酷すぎて人種差別で取り消し!」という事で書いていきたいと思います。

 

米アラスカ州で行われた水泳大会で米女子水泳選手が優勝したにもかかわらず、露出過多で失格となってしまいました。証拠画像を調べてみました。

 

その後の抗議で失格は取り消しになったのですが、理由は人種差別だったのでしょうか?

 

 

米女子水泳選手の露出過多の証拠画像!ニュースの詳細

 

まずは、米アラスカ州で行われた水泳大会で米女子水泳選手が優勝したにもかかわらず、露出過多で失格となってしまったというニュースから紹介していきたいと思います。

 

【AFP=時事】米アラスカ州で6日に行われた水泳大会で、学校指定の水着を着用していたにもかかわらず、臀部(でんぶ)の露出過多により女子選手が失格となっていた問題で、激しい批判を受けて10日、失格が取り消された。

大会の運営者は行われた4種目のうちの一つで水着ルール違反を理由にこの選手を失格としていた。失格判定を下した女性審判は、「一方の尻の山がもう一方に触れている」のが見えたとして、決定を正当化した。

この判定に地元の女性水泳コーチ、ローレン・ラングフォード(Lauren Langford)さんは激怒。自身のブログで、審判がこの選手だけを選んで失格にしたのは、人種とふっくらした体形が理由だとして異議を唱えた。

ラングフォードさんは投稿で「これらの若い水泳選手らは、みだらで刺激的な水着を着用していたために罰されたのではなく、大きなお尻や胸、色黒の肌が、しなやかで細く、青白い肌をした他のチームメイトと違ってみえたからだ」と訴えた。

ラングフォードさんによると、この選手は、チーム内の他のメンバーと同じ水着を着用していたが、彼女だけが失格になったという。

アンカレッジ学校区(Anchorage School District)は、激しい怒りを受け調査に入り、10日、失格判定は「強引で不必要」だったとして失格を取り消した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00000000-jij_afp-int

 

 

米女子水泳選手の露出過多の証拠画像は?

 

米アラスカ州で行われた水泳大会で米女子水泳選手が優勝したにもかかわらず失格になった理由としましては、「一方の尻の山がもう一方に触れている」のが見えたという事ですが、凄い表現でよくわからないですね。

 

実際にどのような理由で失格になったのかは、米女子水泳選手の露出過多の証拠画像を見てみないと何とも言えません。

 

米女子水泳選手の露出過多の証拠画像に関しましては現在調査中です。

 

露出過多の証拠画像に動画が見つかりました。選手の顔画像や名前、高校も明らかになっています。下記の記事を参照ください→

 

>>米女子水泳選手の露出過多失格は誰?顔画像に名前に高校が判明!証拠画像に動画!

 




 

米女子水泳選手の露出過多で失格の理由は人種差別?

 

露出過多で失格となった米女子水泳選手は、混血の選手だった様で、記事の内容からすると黒人の血が混ざっていた様です。

 

当然、体形も他の白人選手とは人種的に異なっていたのでしょう。地元の女性水泳コーチのローレン・ラングフォードさんは、失格の理由はそこであり、突っ込んで言うと人種差別であると訴えたのでしょう。

 

失格になった選手は学校指定の水着を着用していたという事です、にもかかわらず、露出過多という事は選手に問題があるのではなく水着に問題があるのは明白です。

 

言いがかりも甚だしいという事での抗議だったのでしょう。水泳選手は人種的に黒人の方は見かける事はあまりありませんが、この様な実例から言っても業界そのものにいまだに根強い暗黙の人種差別の様なものがはびこっているのかもしれませんね。

 

しかしながら、そのごに審査機関が「強引で不必要」だったとして失格を取り消したという事で、結果はめでたしでしたね。

 




 

米女子水泳選手の露出過多の証拠画像でネットの声

 

まあ少なくとも「水着の形状」で判定するルールなら、競技の前に判定しないとだめだろう。後だし判定では文句が出るのが当たり前。
差別だなんだというより、運営の判定手順に問題あり。

 

ルール違反ならスタート前に注意すればよいのでは?激しいスポーツしている時は服装の乱れはおこる。人種や体型の差別なら問題なのはそちらの方。

 

これマイルドに書いてるけど実際は黒人だったのかな?水泳はすさまじい人種差別がいまだに続いてる。黒人が水泳で活躍してないのはなんとなくイメージあると思うが、あれは向いてないからではなく差別によりプールに入れないから。

こういうの見るたびにやっぱりアメリカが自由と平等の国というのは嘘だなと思うよ。

 

スポーツ競技で戦って負けたのならともかく、失格というのは選手にとってとても厳しい処分なので、慎重に判断する必要があったと思う。
特の高校の部活動で、同じ水着を使い、特定の選手だけが失格という判断は、慎重に慎重を重ねて判断すべきで、批判が多く判定が覆ったから良いものの、今後このようなことが起こらないようにして欲しい。
クラブで統一した競技水着は安くないし、モデルが変わると買い替えもできない場合があるし、高校生なんて身長や体型も変わりやすいから、ある程度許容範囲を広げてあげないといけないと思う。

 

英語で現地のニュースで本人と、着ていた水着と同種の物をスピード出し
よくある標準的な競泳用水着だった。水の抵抗とスピードでこれはずれる。彼女に責任はない。ルールは公正さを保つ為必要だが、同時に公正さが失われそうな時は、勇気を持って帰るべき。講義をしたコーチに拍手を送りたい。

 

よかった。 言いがかり判定もいいとこだよな。 この女子高生を不必要に傷つけたけど、みんなが怒りを表すことで女子高生をサポートできてよかった。 子供をいじめやがって。

 




 

まとめ

 

今回は、「米女子水泳選手の露出過多の証拠画像は?失格理由が酷すぎて人種差別で取り消し!」という事で書いていきました。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

露出過多の証拠画像に動画が見つかりました。選手の顔画像や名前、高校も明らかになっています。下記の記事を参照ください→

 

>>米女子水泳選手の露出過多失格は誰?顔画像に名前に高校が判明!証拠画像に動画!

 

 

-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.