台風19号は人工台風でハープ?気象兵器で米軍最新進路予想も!

ニュース

 

今回は、「台風19号は人工台風でハープ?気象兵器で米軍最新進路予想も!」という事で書いていきたいと思います。

 

ネット上で、台風19号は人工台風でハープの気象兵器なのではないか、と言った噂が流れています。

 

人工台風、ハープ、気象兵器とは何なのかとともに、米軍最新進路予想も合わせて書いていきたいと思います。

 

2019年最大の台風19号接近

 

令和元年である2019年最大の台風が、10月11日から13日にかけて、日本列島を横断します。

 

報道は最大の注意を呼び掛けるとともに、電車は運休、飛行機は欠航の発表を相次いで出しています。

 

ひとたび街に出ると、スーパーでは大量の水や食料を買い込む客の姿も見られ、早くも品薄となるスーパーなども出ています。

 

2019年最大の台風19号のニュース

 

ニュースでも当然のごとく、主要ニュースとして台風19号をの情報を幾度となく流し、国民に注意を呼び掛けています。

 

狩野川台風に匹敵する記録的な大雨や、暴風の恐れがある台風19号。地方別の警戒期間をまとめました。

12日の夕方から夜にかけて、東海地方から関東地方に上陸が予想されている、台風19号。台風外側の雨雲が、千葉県など本州にもかかってきました。11日15時現在「大型」で「非常に強い」勢力であることや、上陸直前でも「北上する速度が比較的遅い」ことが特徴です。

このため、東海地方や関東地方だけでなく、広い範囲で大荒れの天気が長い時間続くことが予想され、雨や風の「ピークが長引く」恐れがあります。さらに台風の中心よりも北側に発達した雨雲があるので、台風本体が近づく前から雨が降り続いて、総雨量は、ベテラン気象予報士でも目を疑うほどの数字になる所もありそうです。

東海は、風の警戒期間が先にやってくるでしょう。12日(土)の明け方、起床する前から風が吹きつけて、最大瞬間風速は60m/sの予想です。朝には雨も警戒レベルになり、13日(日)の明け方まで、ほとんど丸一日が警戒期間となるでしょう。13日正午までの24時間降水量は、東海地方の多い所で600~800ミリと予想されています。

北陸は、12日(土)の昼過ぎから13日(日)の午前中にかけて、大雨や暴風に警戒が必要です。特に、台風の吹き返しの風が吹くので、台風本体が近づかなくても、十分お気をつけ下さい。

伊豆諸島は、12日(土)朝から13日(日)の明け方まで、24時間くらい暴風警戒期間が長く続くでしょう。12日(土)昼前から夜遅くにかけては、大雨にも警戒が必要です。

関東甲信は、12日(土)の朝から雨が強まり、12日(土)の午後は風も強まるでしょう。13日(日)午前中いっぱい警戒期間が続いて、13日正午までの24時間降水量は、多い所で300~500ミリとなっています。最大瞬間風速は60m/sと、台風15号によって千葉市で観測された風よりもさらに強い風が、15号よりも広い範囲で吹く恐れがあります。

東北は、12日(土)の午後は、次第に雨や風の警戒期間となるでしょう。13日(日)の午前中いっぱい、警戒を続けて下さい。

九州南部は、12日(土)の明け方から昼前は、風が吹き荒れるでしょう。最大瞬間風速は30m/sと予想されています。これは、風に向かって歩けなくなったり、転倒する人も出始めるくらいの風です。

九州北部は、12日(土)の朝から夜のはじめ頃と、風への警戒期間が長引くでしょう。最大瞬間風速は35m/sと、何かにつかまっていないと、立っていられないほどの風が吹きそうです。

四国は、12日(土)に日付が替わると、暴風に警戒が必要です。雨の警戒期間は、少し遅れてやってきて、どちらも夕方まで警戒して下さい。

中国地方も、まずは風に警戒が必要です。12(土)の昼前からは、最大瞬間風速35m/sが予想されています。雨の警戒期間は、12日(土)夜のはじめ頃~13日(日)の午前中いっぱいで、夜の暗い時間と重なってしまいそうです。

近畿は、台風の北側の活発な雨雲が先にかかってくるので、12日(土)明け方から大雨の警戒期間となるでしょう。雨だけでなく、昼前には風の警戒期間も重なりそうです。どちらも13日(日)の明け方にかけて、長い時間、警戒して下さい。

*気象庁では、「0時~3時」を未明、3時~6時を「明け方」、6時~9時を「朝」、9時~12時を「昼前」、12時~15時を「昼過ぎ」、15時~18時を「夕方」、18時~21時を「夜のはじめ頃」、21時~24時を「夜遅く」としています。

なお、図にはありませんが、北海道では13日(日)が雨や風の警戒期間となりそうです。台風の進路次第では、警戒期間が変わりますので、最新の予報をチェックして、なるべく早い避難や安全対策を心がけて下さい。

台風19号 上陸前に確認 「ピーク」と「警戒期間」(tenki.jp) - Yahoo!ニュース
狩野川台風に匹敵する記録的な大雨や、暴風の恐れがある台風19号。地方別の警戒期間を - Yahoo!ニュース(tenki.jp)

 

台風19号 交通機関にも影響 欠航や計画運休も(19/10/11)

 

という事です。

 

台風19号の上陸前に千葉県市原市で竜巻が発生し被害が出ました。竜巻の動画は下記記事を参照ください→

 

>>千葉市原市の竜巻動画像がヤバい!被害状況は台風19号上陸まえ?気象兵器で人工?

 

台風19号は人工台風?

 

そんな報道の中、ネット上では台風19号は人工台風なのではないか、と言った声が上がっています。

 

「間違えなく人工台風で、3,11も人工地震だった、日本や世界は以前から気象兵器によって攻撃を受けている」この様な声から、

 

「いやいや、人工台風?バカも休み休み言え」と言った意見の真っ二つに割れています。

 

人工台風派の意見

 

 

今回の人工台風やばすぎ 調べるほどやばい、メディアの伝え方弱い

 

闇組織と人工台風に関して詳しく教えて頂き、ありがとうございます。知らない世界でした。

 

人工台風 イルミナティ 安倍晋三 フリーメーソン

 

 

人工台風反対派の意見

 

人工台風とか言ってる イカれてる奴が湧きすぎてる もう中学校からやり直せよ 低気圧とか高気圧の意味しっかり教えてもらえるから

 

今回の台風、地球史上最強ってマジなのかね、、? あと人工台風って言ってる人いるのめっちゃ面白い

 

人工台風とか言ってる人、恥ずかしいね…… この「世界」なんて全部俺が無から作り出したから全て私が「製作者」なんだが……😂

 

人工台風と人工地震を起こせる技術あったら今頃日本は地球の支配国家だよ。

 

人工台風主張してる連中、あんまりにも大真面目に語ってやがるからもしかして本当なのか……?って気がしてくるのずるい

 

人工台風とかネタで言ってるのが大半だけど、マジっぽい頭の病気の方々が結構見受けられる。 天災すら操る安倍ちゃんすげえなあ

 

人工台風ってなに?ハープでつくる?

 

この様に、人工台風派と、いやいや冗談言っちゃいけない派がいる訳ですが、そもそも人工台風とは何なのか?説明したいと思います。

 

人工台風とは、その名の通り人口的に作り上げた台風の事で、人工台風を作るための装置がハープと言われています。

 

2016年の動画ですが、次の様な動画も存在します。

 

台風10号はHAARP(人工気象兵器)によるものだった

 

また、アマゾンではこんな本も出版されています。

 

 

ハープは下記画像の様なものと言われています。

 

 

どうやらこのアンテナの様なもので電磁波を送り込むことにより、台風を発生させるという事です。

 

台風19号は人工台風で気象兵器ってなに?

 

では、そもそも気象兵器とは何か?と言う話になるでしょう。人工台風や人工地震を作り出せたとして、ではなぜそれで国土を攻撃するのか、理解に苦しむでしょう。

 

その理由としては、陰謀説などでよく言う話なのですが、世界を牛耳っている闇の勢力なるものがあり、そのメンバーは究極のエゴであり、自分の事しか考えない人達という事です。

 

よく言われる、通貨発行権を持つと言われる、国際銀行家のロックフェラーにロスチャイルドや、各国首脳に政治経済界のトップはその闇の勢力の配下という事の様です。

 

だからこそ、今回のネット上でも、「阿部が発生させた人工台風」という意見がありましたが、安倍総理はその悪なる勢力の配下だから、人工台風で国民を攻撃しているという事の様です。

 

では、なぜその様な酷い事をするのか?ですが、様々な理由が言われています。その一つが、悪なる勢力の人たちが自分たちの住みいい星にするために、人口を削減している。

 

あとは、一度人工台風でインフラを破壊して復興作業をすれば儲かる、などなど。また、国民の力が衰えるほど、権力にたてつかれる事もなくなるので、国民を弱らせるためという意見もあります。

 

気象兵器というと、いかにも眉唾物ですが、国会答弁で話題に上がったこともあります。

 

人工地震津波兵器は国際政治軍事上の常識!浜田復興担当政務官

 

台風19号の米軍最新進路予想は?

 

台風19号の米軍最新進路予想は下記を参照ください。

 

大型で猛烈な台風19号は10月9日、小笠原近海を北西寄りに進んだ。米軍の合同台風警報センター(JTWC)の進路予想によると12日午前に本州に接近、福井県には同日中に最も近づく進路をとっている。

合同台風警報センターは米国防総省の機関で、米軍がハワイ州真珠湾海軍基地に設置。北西太平洋、南太平洋、インド洋の台風情報をウェブサイトで提供している。公開している予想進路を見ると、台風19号は北西から北東に進路を変えるとみられ、12日午前にも本州に接近するとみられる。福井県に最も近づくのは同日朝から夜にかけ最も近づく見込み。

気象庁によると、台風19号は9日正午現在、中心気圧は915ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートル。中心から半径240キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。また650キロ位内は風速15メートル以上の強風が吹いている。千葉県に大規模な停電被害をもたらした9月の台風15号に匹敵する勢力で、その上、大型なため広範囲に甚大な影響が出る可能性がある。

3連休初日の12日には、暴風域を伴って西日本から東日本に接近・上陸する恐れがあり、全国的に暴風や大雨、大しけの可能性があるとして警戒を呼び掛けるとともに最新情報への注意を促している。

台風19号接近、米軍の進路予想は
大型で猛烈な台風19号は10月9日、小笠原近海を北西寄りに進んだ。米軍の合同台風警報センター(JTWC)の進路予想によると12日午前に本州に接近、福井県には同日中に最も近づく進路をとっている。 合同台風警報センターは米国防総省の機関で、米軍がハワイ州真珠湾海軍基地に設置。北西太平洋、南太平洋、インド洋の台風情報をウェブ...

 

まとめ

 

今回は、「台風19号は人工台風でハープ?気象兵器で米軍最新進路予想も!」という事で書いていきました。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

コメント

  1. 人口台風だと思う より:

    沖縄の米海軍の友人が仕事で横須賀にくるはずだったがこの時期に急にキャンセルになったのがとても怪しいと思う。人口台風について何か知っているのではないか。

  2. 人工台風を許すな より:

    今回の台風が人工であることを確実なものにしたのは、やはり日本上陸前に起きた不可解な地震でしょう。都合よく、偶然台風の目の真下で地震が起こるなど、もはや奇跡でしかありません。

    ハープでは、人工地震も起こせるようですから。

    アメリカと仲の良い日本が狙われる理由はわかりませんが、おそらく総理大臣の仕業でしょう。
    改憲論争が活発化して、政府が軸においてるのは「自衛隊の存在」ですから、これだけの台風が起こって、自衛隊が出動して、「自衛隊の皆さんありがとう」ってなれば間違いなく改憲論争にある一定の影響を持つでしょうからね。

    この記事を見てなんだか安心しました。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました