俳優 濡れ場セックスシーン 邦画を無料で見る

映画『娼年』で松坂桃李のフルヌード濡れ場セックスシーンを語る!伝えたいことの意味は何だったのか?

 

今回は、「映画『娼年』で松坂桃李のフルヌード濡れ場セックスシーンを語る!伝えたいことの意味は何だったのか?」という事で、映画『娼年』について書いていきたいと思います。

 

映画『娼年』では、松坂桃李さんがフルヌード濡れ場セックスシーンを演じています。松坂桃李さんのインタビューから、映画『娼年』で伝えたいことの意味は何だったのか?考えていきたいと思います。

 

▼『娼年』を無料でフル視聴する方はこちら▼

>>『娼年』の無料動画をフル視聴はこちら!デイリーモーションやパンドラは危険?<<

 

映画『娼年』ってどんな映画?あらすじネタバレ!

 

まずは、そもそも映画『娼年』ってどんな映画か書いていきたいと思います。ストーリーだけ超ざっくりと説明すると、こんな感じです。

 

名門大学に通う主人公の大学生・森中領(松坂桃李)は、大学にもいかずにバーのアルバイトをしながら、日々をつまらなそうに生きていました。

 

ある日、領がバーでバイトをしている時に、領の大学の友人でホストの田嶋進也(小柳友)が、不思議な女性・御堂静香(真飛聖)を伴ってやってきます。

 

領は会話の流れで、「女なんてつまらないさ」とつぶやきます。進也と静香が帰ると、カウンターに静香から待ち合わせ希望の置手紙がありました。

 

進也と静香は閉店後に落ち合い、静香の車で夜の街へ繰り出します。車内で静香は「女なんてつまらないって言ったね、セックスでそれを証明して」と言います。

 

静香の家につくと、それに応じようとする領でしたが、領の相手は静香ではなく、生まれつき耳に障害を持った少女・咲良(冨手麻妙)でした。

 

領は静香の見守る中、咲良とのセックスに応じます。行為を終えると、静香に会員制ボーイズクラブで働くように促されます。

 

セックスは入店試験だったのです。領は娼夫として様々な女性たちとセックスを通して、女性に秘められた欲望を目の当たりにしていきます。

 

そしては娼夫としてメキメキ成長してゆき、会員制ボーイズクラブのトップに躍り出ます。

 

すなわち、『娼年』は日々無気力に生きていた青年が、やりがいのある仕事(娼夫)に出会い、女性たちと交わる中で人としても男としても成長してゆく、と言う物語です。

 

『娼年』のメインキャスト

 

【キャスト】

森中領(松坂桃李):主人公、名門大学に通う学生

御堂静香(真飛聖):会員制ボーイズクラブのオーナー

咲良(冨手麻妙):静香の娘で領の試験相手

平戸東(猪塚健太):ボーイズクラブのナンバー1娼夫

白崎恵(桜井ユキ):領と同じ大学の友人

田嶋進也(小柳友):領と恵の友人でホスト

ギャル風の女(階戸瑠李):ゆきずりの相手

↓領を買った客

主婦(荻野友里):池袋の客

老女(江波杏子):鶯谷の客

ヒロミ(大谷麻衣):渋谷の客

紀子(佐々木心音):熱海の客

泉川(西岡徳馬):年の離れた紀子の夫

イツキ(馬渕英里何):表参道の客

 

▼『娼年』を無料でフル視聴する方はこちら▼

>>『娼年』の無料動画をフル視聴はこちら!デイリーモーションやパンドラは危険?<<

 

映画『娼年』の見どころは濡れ場!ヌード、セックスシーン

 

映画『娼年』の見どころはなんといっても濡れ場でしょう。領を演じる松坂桃李さんが、8名の豪華女優陣と、リアルでなまなましいセックスシーンを演じます。

 

領を買う客は見た目の中身も十人十色で、抱えてる悩みも欲望も様々です。それだけに、セックスもシチュエーションやムードや流れがまるで違ってきます。

 

獣のように燃え上るセックスを演じたかと思うと、テク重視の女性をイカせるセックス、放尿などのアブノーマルなプレイまであります。

 

『娼年』は映像の半分くらい濡れ場なんじゃないかと思うくらい、ほとんど濡れ場ですが、見ていてもぜんぜん飽きません。

 

エロさにこだわった演出や、アブノーマルなシーンの一部をあげると、次のようなものがあります。

 

・手マンで潮を吹かせる

・ホモ(男同士のセックス)シーンがある

・愛液まで生々しく演出している

・挿入時やキスの音がリアル

・放尿シーンがある

 

濡れ場シーンはの監督の三浦監督が全てコンテを描いてコントロールして撮影したという、事からも性描写に対する力の入れ具合がハンパなかったという事でしょう。

 

松坂桃李さん自身もセクシーなヌードを披露しており、映画館では女性たちの目をくぎ付けにしました。

 

AV男優顔負けの高速ピストンは見ものですし、何よりイク瞬間の演技が素晴らしく、本当にイッているかの如く、体の痙攣を再現しています。

 

上方から撮影した正常位の松坂桃李さんのおしりの筋肉が、イク瞬間にビクンビクンと痙攣する様子は、女性は思わず興奮してしまうかもしれません。

 

領を演じる松坂桃李さんが、8名の豪華女優陣の濡れ場の詳細は下記記事を参照ください。体位の移り変わりなども詳しく解説しています↓

 

>>>『娼年』松坂桃李と8名の濡れ場セックスシーン解説!キャストに動画を無料でフル視聴も!<<<

 

▼『娼年』を無料でフル視聴する方はこちら▼

>>『娼年』の無料動画をフル視聴はこちら!デイリーモーションやパンドラは危険?<<

 

松坂桃李がフルヌード濡れ場セックスシーンを語る!

 

この様に、『娼年』の見せ場はなんといっても濡れ場になってくるのですが。インタビューで松坂桃李さんがその裏側と語ってくれています。

 

― 舞台あいさつでお話されていた「過酷さ」というのは、精神的なものか、肉体的なものなのか。

松坂:両方ですね。まず普通の濡れ場だと、長回しで3回戦くらいやって、別アングルのカメラで撮ったものを編集で繋げていくというパターンが多い気がするんですけど、今回は先程言ったように、ピックアップして撮って、こちらが誘導していくというやり方なので、例えば「手から胸に行く」「キスをする」といった部分部分を切り取って、それぞれのポイントに僕と相手の女優さんが気持ちをのせていかなければいけない。めっちゃ気が遠くなる作業なんですよね。

― 監督が性描写の部分も細かく絵コンテを描いていたとのことで。それを1つずつ再現していくということですよね。

松坂:そうなんですよ。ちょっとやって「はい、次のブロック行きます」っていう時に、気持ちが繋がらないから少し前のシーンに戻って再開しなければいけない。ちょっとやったら、またちょっと戻って進んで…この繰り返しです。

― 映ってはいけない部分もあるわけなので、そういった難しさもありましたか?

松坂:そこは本当に三浦さんが気をつけてくださいました。リハの段階で絵コンテを作って、「こういう感情だからこそ、こういう動きにしよう」というディスカッションもやったりしつつ。カメラマンさんもCMをよく撮られている方で。撮り方的に、AVのようなカットにはしたくないっていうのもありました。AVだと結構、変化球なカットとかあったりするんですけど、それをやってしまうと絶対にダメということで。

― 描写は非常にリアルですが、下品にしてはならないという絶妙なラインが。

松坂:やっぱりあれだけの濡れ場が続くので、生々しさが続いていくとお腹いっぱいになってしまうと思うんですよね。それこそ伝わるものも伝わらないというか…。バランスですよね。(佐々木心音と西岡德馬が演じる)夫婦のシーンとかは、笑えてきたりするじゃないですか。そういうバランスの良さというのも、この作品の魅力の1つだと思います。

https://mdpr.jp/interview/detail/1755810

 

という事で、『娼年』の濡れ場がまるでピースを繋ぎ合わせていく様な気の遠くなる作業を繰り返して完成していた事が分かりました。

 

それをこなした、松坂桃李さんは並々ならぬ大変さがあった事を語られています。それだけに、あれだけ見ごたえのある濡れ場が完成したんですね。

 

──作品そのものやリョウへの理解を深めていくにあたって、何か参考にしたものはありますか。

ほかの映画はあまり観ませんでしたが、体位の勉強はしました(笑)。AV監督の方が、僕と三浦さんに「こういう体位があります」と教えてくださったり。

──そんな機会があったんですか。そのときの学びは役立ちました?

役立ちました! 舞台のときは僕も三浦さんもゼロからのスタートだったこともあって、その学びによって、この感情のときはこういう体位のほうがいいかもという視点が生まれましたね。

https://natalie.mu/eiga/pp/shonen-movie/page/2

 

という事で、松坂桃李さんはAVで体位の研究をしていた様です。確かに、売り上げトップを誇る領はセックステクがハンパなく、体位もバンバン変えながらセックスをするシーンもありました。

 

体位などの研究に余念がなかったからこそ、撮れた画だったのでしょう。

 

▼『娼年』を無料でフル視聴する方はこちら▼

>>『娼年』の無料動画をフル視聴はこちら!デイリーモーションやパンドラは危険?<<

 

『娼年』のフル動画を無料で視聴する方法は?

 

ぜひとも『娼年』を見てみたいという方もいるでしょう。昨今、映画やドラマを無料で視聴する方法は沢山あります。

 

ユーチューブなどにアップされてる場合もありますし、デイリーモーションやパンドラなどの海外の違法アップロードを使うのも一つの手でしょう。

 

しかし、なかなかお目当ての作品にたどり着けなかったり、見れても変な広告が入ったり、途中で映像が切れたり、ストレスになる事も多いでしょう。

 

そんな時、「仕方ない有料で見るか」と諦めるのはまだ早いです。実は、有料でもなく、違法アップロードでもなく、公式に無料で『娼年』をみる方法があるのです。

 

それは、ユーネクストと言う、VODをうまく活用することで可能になります。VODは通常月額の有料サービスですが、大抵のVODは無料お試し期間がついています。

 

そのお試し期間で『娼年』を見て、料金が発生する前に解約すれば、実質無料で『娼年』をフル視聴することが出来るのです。

 

↓↓↓ユーネクストは下記から登録できます↓↓↓

 

>>>今すぐ『娼年』を無料で見る<<<

 

↓こちらをクリックでU-NEXTに登録できます。

※一か月以内に解約すればお金は一切かかりません。登録、解約も簡単です。

 

「もう少しユーネクストの事を調べてからにしたい」「登録方法や解約方法を先に確認したい」

 

と言う方は、下記の記事を参照ください→

 

>>『娼年』の無料動画をフル視聴はこちら!デイリーモーションやパンドラは危険?<<

 

まとめ

 

今回は、「映画『娼年』で松坂桃李のフルヌード濡れ場セックスシーンを語る!伝えたいことの意味は何だったのか?」という事で、映画『娼年』について書い行きました。

 

『娼年』は、

 

・8名の女優たちのヌードや濡れ場

・こだわった演出のセックス

・放尿などのアブノーマルなシーン

・リアルな挿入音やキスの音

・手マンで潮を吹くシーン

 

などなどにもこだわった、見ごたえのある作品です。一度見ておいて損はないでしょう。

 

『娼年』はユーネクストを活用することで公式に安全に無料で視聴することが出来ます。

 

↓↓↓ユーネクストは下記から登録できます↓↓↓

 

>>>今すぐ『娼年』を無料で見る<<<

 

↓こちらをクリックでU-NEXTに登録できます。

※一か月以内に解約すればお金は一切かかりません。登録、解約も簡単です。

 

「もう少しユーネクストの事を調べてからにしたい」「登録方法や解約方法を先に確認したい」

 

と言う方は、下記の記事を参照ください→

 

>>『娼年』の無料動画をフル視聴はこちら!デイリーモーションやパンドラは危険?<<

 


-俳優, 濡れ場セックスシーン, 邦画を無料で見る

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.