ニュース

青森県八戸市で小6女子児童の首切りつけ逮捕の14歳男子は誰で名前に顔画像にどこの中学校?

 

今回は、「青森県八戸市で小6女子児童の首切りつけ逮捕の14歳男子は誰で名前に顔画像にどこの中学校?」という事で書いていきたいと思います。

 

青森県八戸市で小6の女子児童がナイフで首を切りつけられる事件が発生しました。犯人はなんと、14歳の男子中学生でした。

 

犯人の中学生は誰で名前に顔画像、どこの中学?などなどは判明しているのでしょうか?

 



 

青森県八戸市で小6女子児童の首切りつけ14歳が逮捕のニュース

 

青森県八戸市で小6女子児童の首が切りつけられたと言ったニュースが流れたのが、11月12日の事でした。

 

それからすぐのスピード逮捕となり、近隣住民は胸を撫でおろした事でしょう。しかし、ふたを開けてみれば犯人が14歳の中学生とは驚きです。

 

青森県八戸市の路上で小学6年の女子児童が切り付けられた事件で、県警は13日、殺人未遂の疑いで逮捕したのは市内の中学に通う男子生徒(14)と明らかにした。

容疑を認め「殺すつもりだった」という趣旨の供述をしており、県警は男子生徒の自宅などから数本のカッターナイフを押収した。県警は、うち1本で女児を襲ったとみている。

県警によると、女児が襲われたと説明した男と特徴が似た人物が防犯カメラに写っており男子生徒の関与が浮上、事情を聴き容疑が固まったため逮捕した。八戸市内で発見した際、事件当時とは異なる服装をしており、この服も押収した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00000007-kyodonews-soci

 



 

14歳の中学生の犯人は誰で名前に顔画像!

 

では、犯人の14歳の中学生は誰だったのでしょうか?名前や顔画像は明らかになっているのでしょうか?

 

当然、犯人の年齢が14歳という事で、少年法で保護されていますので、報道機関により名前や顔画像などの個人情報がさらされる事はありません。

 

ですので、情報が流れるとしたらネット上です。犯人の14歳の中学生の関係者がツイッターなどで犯人の情報を上げる可能性があります。

 

しかしながら。結論から申しますと今現在のところ、青森県八戸市で小6女子児童の首を切りつけた犯人の情報は明らかになっていません。

 

引き続き調査を進め、判明し次第追記してまいりたいと思います。

 



 

青森県八戸市で小6女子児童の首切りつけの動機や理由は?

 

しかし、一体どのような理由があって犯人の14歳の中学生は小6女子児童の首を切りつけるなんて、凶悪な犯行を犯したのでしょうか?

 

報道によると、殺すつもりで切りつけたという事で、強い殺意があった事が分かります。14歳の少年をその様な殺意に駆り立てたものは何だったのでしょうか?

 

今現在のところ、殺意の理由につきましては明らかになっていません。しかし、家庭や学校に問題があったのは確かでしょう。

 

とはいえ、14歳が自分よりよ弱い小学6年のそれも女子児童を狙って首を切りつけるなんて犯行を犯すとは、周りの大人たち、とくに親に問題があるのは明らかですね。

 



 

青森県八戸市で首を切られた女子児童の容態は?

 

気になるのが、被害に遭った女子児童の容態です。幸い命に別状はなかったという事です。

 

女児は喉付近を長さ約10センチ、深さ最大約1センチ切られ、3週間のけがという事で、重症と言えるでしょう。

 

しかし、よく深さ1センチで長さ10センチも切られて3週間で済みましたね。そこは不幸中の幸いで、下手したら頸動脈をやられて失血死していた可能性もあります。

 

切られた場所が致命的ではない場所だったのでしょう。しかし、心と体には大きな傷跡を残すこととなってしまい、本当に気のどくです。

 

傷跡は一生残るでしょうし、心に刻まれたトラウマも一生残るでしょう。犯人の14歳の少年と親族は一生かけて償っていかなければなりません。

 

→こちらの記事も参照ください→

>>八戸切りつけ少年の顔画像に家族構成!場所はどこ?大館中学校2年で特定?

>>八戸切りつけ事件犯人の14歳中学校は大館中2年?防犯カメラの映像動画!

>>青森県八戸市で小6女子児童の首切りつけ逮捕の14歳男子は誰で名前に顔画像にどこの中学校?

 



 

青森県八戸市14歳逮捕でネットの声

 

14と言えば中2または中3か。この年で通り魔的な犯行に及ぶとは。
どんな生徒でどんな家庭環境で育ったのか。
この年齢だと酒鬼薔薇を思い出す。あれも事件前から動物に虐待を加えるなどの兆候があったよね。今回の加害者はどうなんだろう。少なくとも自分より弱い人間を狙った悪質で卑劣な犯行には違いない。

被害者児童は命に別状ないところはよかったが、心の傷が残ることだろう。可哀想に。

 

少年法ってのは軽犯罪等に適用すべきもので
人の生命を脅かすような重大事件に適用は不要
そのような法改正を強く望む

 

うちの子供は中学生なのです。先日の保護者会で男子のお母さんから聞いたのは、注意すると喧嘩になり壁に穴が空いているとの事。うちも壁に穴いてます!っと数人のお母さんが言っていた。
それが他人に向けられては、たまったもんじゃない。解決策は、体動かして発散したりかな。
スマホやゲームでは発散は出来ない。

 

叱ってばかり怒鳴ってばかり抑圧されてばかり学校での境遇の4重苦ではないだろうか?
いつしか自分の境遇から脱するために手段を選べなくなった子供が
もうこれしかないと判断に至るまで追い詰めたのは考えられるだろう。
殺意が生まれるのは自然とはいかない原因があるはず
それもかなりの年月をその中学生に影響を与え続けたような気がする。

 

犯人が14歳で良かった。
14歳未満なら、自相送致で終わっていたかもしれない。
いい加減に少年法の見直しを真剣に検討した方が良いと思いますが。。。

 

どのように育つとこのような悪魔になるのでしょうか。
うちは息子二人います。そうならないために知りたいです。

 

“あな番”のあの人ですね。
殺したい要求って、どんな環境で育てばそういう闇を抱えるのか。
子育て世代にとって、犯人がどこの誰なのかより、犯罪に至るまでのルーツが知りたいと、こういう事件がおこる度に思う。

 

 

まとめ

 

今回は、「青森県八戸市で小6女子児童の首切りつけ逮捕の14歳男子は誰で名前に顔画像にどこの中学校?」という事で書いていきました。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

→こちらの記事も参照ください→

>>八戸切りつけ少年の顔画像に家族構成!場所はどこ?大館中学校2年で特定?

>>八戸切りつけ事件犯人の14歳中学校は大館中2年?防犯カメラの映像動画!

>>青森県八戸市で小6女子児童の首切りつけ逮捕の14歳男子は誰で名前に顔画像にどこの中学校?

 

 


-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.