ニュース

八戸切りつけ少年の顔画像に家族構成!場所はどこ?大館中学校2年で特定?

 

今回は、「八戸切りつけ少年の顔画像に家族構成!場所はどこ?大館中学校2年で特定?」という事で書いていきたいと思います。

 

八戸市で14歳の少年が小学6年生の首をカッターで切りつけるといった、身も凍る様な事件が発生しました。

 

少年の顔画像に家族構成、場所はどこか?などなどに迫ってまいりたいと思います。

 



 

八戸で中学生少年が切りつけのニュース

 

事件概要としましては、八戸市で14歳の男子中学生が小学6年生の女子児童の首をカッターで切りつけたと言ったもので、通り魔事件とみられています。

 

青森県八戸市の路上で小学6年の女子児童が切り付けられた事件で、県警は13日、殺人未遂の疑いで逮捕したのは市内の中学に通う男子生徒(14)と明らかにした。

容疑を認め「殺すつもりだった」という趣旨の供述をしており、県警は男子生徒の自宅などから数本のカッターナイフを押収した。県警は、うち1本で女児を襲ったとみている。

県警によると、女児が襲われたと説明した男と特徴が似た人物が防犯カメラに写っており男子生徒の関与が浮上、事情を聴き容疑が固まったため逮捕した。八戸市内で発見した際、事件当時とは異なる服装をしており、この服も押収した。

14歳男子逮捕、「殺すつもり」 青森・八戸の女児切り付け事件(共同通信) – Yahoo!ニュース
青森県八戸市の路上で小学6年の女子児童が切り付けられた事件で、県警は13日、殺人未 – Yahoo!ニュース(共同通信)

 



 

逮捕の決め手は防犯カメラの映像

 

八戸で中学生少年が女子児童を切りつけの事件ですが、逮捕の決め手は防犯カメラの映像だったという事です。

 

事件発生は、12日の午後4時40分ごろです。防犯カメラの映像には、被害者となった女子児童の後を付けて歩く少年の姿が映っていたという事です。

 

問題の防犯カメラの映像動画がこちらになります。

 

 

こちらが事件発生直前に撮影された防犯カメラの映像という事です。女子児童の後をつけて歩く犯人の少年の様子が映っています。

 

こちらの映像では修正がされていますが、修正なしの動画はネット上で発見することは出来ませんでした。

 

やはり少年法により厳重にガードされているのでしょう。

 



 

八戸で中学生少年が切りつけ犯行の様子は?

 

では、実際の犯行の様子はどの様な形だったのでしょうか?防犯カメラの映像には、犯行の様子までは映っていなかった様です。

 

しかし、警察などの調べで、どの様に犯行に移ったのかの見立ては立っています。反のんの少年は、背後から被害者女子児童に近づき、腕を回す様にして首を切りつけたという事です。

 

被害者女子児童からしたら、犯人の様子は見えない訳であり、もしかしたら何が起きたかわからなかったかもしれません。

 

傷は深さ1センチ、長さが10センチほどにも渡っていたという事で、一命がとりとめられたのは奇跡的だったかもしれません。

 

下手をしたら、頸動脈を切られて失血死していた可能性もあります。犯人の中学生の少年は、犯行後、そのまま元来た道を引き返していったという事です。

 

→こちらの記事も参照ください→

>>八戸切りつけ少年の顔画像に家族構成!場所はどこ?大館中学校2年で特定?

>>八戸切りつけ事件犯人の14歳中学校は大館中2年?防犯カメラの映像動画!

>>青森県八戸市で小6女子児童の首切りつけ逮捕の14歳男子は誰で名前に顔画像にどこの中学校?

 

 



 

切りつけ犯人少年の顔画像に家族構成は?

 

では、逮捕された犯人の14歳中学生少年の顔画像や家族構成などは明らかになっているのでしょうか?

 

当然、少年法で厳重に保護されていますので、犯人の名前や顔画像などと言った情報は公開されていません。

 

ネット上で情報が無いか調べてみましたが、ネット上にも現時点では情報はありませんでした。

 

現在判明している14歳少年の犯人の情報は以下になります。

 

名前:不明

年齢:14歳

中学校:大館中学校?

住所:八戸市内

体形:やせ型で短髪

 

また、犯人の14歳少年の家族構成や両親につきましても、ネット上に情報はありませんでした。

 

犯人少年の通う同級生などは当然、犯人を知っていますので、ネット上で情報が拡散される可能性もあります。

 

引き続き調査してまいりたいと思います。

 



 

14歳中学生が切りつけの犯行現場の場所はどこ?

 

14歳中学生が切りつけの犯行現場の場所はどこだったのでしょうか?犯行現場の場所につきましては、

 

青森県八戸市新井田西1丁目8-19

 

と特定されています。

 

 

 

この様な閑静な住宅街とも見て取れる様な場所で、痛ましい事件が発生したというのです。犯人の中学生少年の心の闇は計り知れません。

 

 

14歳中学生少年が切りつけの犯行動機に理由は?

 

では、一番の問題の犯人の14歳中学生少年の犯行動機や理由は何だったのでしょうか?

 

報道機関の調べにより、犯人の14歳の中学生の犯行動機や知友が徐々に明かされています。

 

青森県八戸市で小学校高学年の女子児童が首を切りつけられてけがをした事件で、殺人未遂容疑で逮捕された中学生の少年(14)が「人を殺すことに興味があった」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。「誰でもよかった」との内容の話もしているといい、県警が動機を詳しく調べている。

 

この様に、犯人の中学生と被害者の女子児童の間には接点がなく、通り魔であった様です。

 

そしてその理由に関しては、驚くことに「人を殺してみたかった」「誰でもよかった」と供述しているという事です。

 

また、人の生き死にに興味があったとも供述していたという事です。生き死にに興味で殺された方はたまったものではありません。

 

14歳にもなって、殺された被害者本人や家族の事を想像する力もなかったのでしょうか。

 

この犯人の14歳中学生は、日ごろから問題行動があった訳でもなく、部活動にも熱心に取り組む生徒だったという事です。

 

なぜにこの様な犯行を犯すに至ってしまったのか、背筋が凍る思いがします。

 

 

犯人の少年は大館中学校2年で特定?

 

犯人の中学生少年が通う中学校はどこだったのでしょうか?ネット上の噂ですと、大館中学校2年と噂されている様です。

 

 

あくまでネット上の噂ですので、八戸切りつけ犯人の14歳が本当に大館中かどうかは、特定はできてません。

 

しかしながら、犯行現場は青森県八戸市新井田西1丁目8-19という事ですので、犯行現場から行くとネットの噂通り、大館中学校と考えるのが一番しっくりきます。

 

 

八戸で中学生少年が切りつけのニュースでネットの声

 

だれでもいいは「殺すことが可能な相手なら」がつくんだろうね。

そこらを歩く警察官やプロレスラーを相手にしようとはしてないだろうし。

あと、少なからずこういうことに興味を示す人が現れる、存在することを否定してはいけない。
問題は、そういうことに興味を示した後に、「でも、やってはいけないことだ」と理性が働くように教育することが必要。

やってはいけないことは考えることも駄目、近づくことも駄目、周りは全て安全なもので囲い込む

こういうことを進めると、今回のような興味を持つ人が現れたときに自分を抑えると言うことができなくなるんじゃないだろうか?

おなかがすいていても、お店で目の前に食べ物があるが、お金を払うまで食べてはいけない。
この当たり前が、「だったらお金を払うまで食べ物を見せなればいい、出したほうが悪いんだ」と言われているような気がする。

 

この少年は罪を知らなかったと思われる。
その割にこれまで優等生として生きてきて事から、自分の両親が被害者に頭を下げているところを見たことが一度もなかったのだと思います。
また、自分が両親から叱られる経験もほとんどなかったのだと思われます。
日本の教育は命の大切さを中途半端に教えていますが、罪を教えたりしないことがあり、結果最も起こしてはいけない事件を起こしてしまった。
このような鬼を産んでしまった原因は、両親や学校教育にあります。ですが、社会全体に責任があるとも言えます。私たちも鬼を産んでしまった遠因であるのかもしれません。
これを対岸の火事であると思ってはいけません。次の瞬間には自分が被害者になるか、自分の子が加害者になってしまうかもしれません。
叱るべき時はキッチリと叱る。これが私たち大人が子供たちにしてあげられることです。

 

誰でも良かったといいながら、自分より弱い女児を狙っている。自分の身は守ってるわけですね。14歳ならやっていいことと悪いことは判断出来るはず。更生も大事だけどまず次の被害者を出さないように、今の法律じゃ現実的でないかもしれんけど出所させないか、隔離するしか無いと思う。

犯人の人権擁護って意見も出てくるとは思うけど、まず保護されるべきは被害者で、次の事件を防ぐのが重要。

 

人間みな一度は憎い相手に「死ね」や「殺す」を考えたことのある人は大勢いるように感じます

ただ実行に移す、移さないでは大きな違いがあります

最近のマンガはどれもグロテスクや残酷さを売りにするものが多く、
ジャンプ等でも友情や信頼の他に「残酷さ」を売りにしなければヒットしないのでは?と感じる作品も複数見受けられます

同時に性的なものを売りにもしているので、思春期の少年少女には「性衝動」と「暴力衝動」が容易に結びつきやすい土壌と、それに加えて将来への漠然とした不安が凶悪事件の引き金になるのだとも思います

サイコパスもアニメの影響等もあり、一躍有名ワードに躍り出ましたが架空の美形犯罪者を「カッコイイ」と感じ、いわゆる中二病を極端にこじらせた若者がこの先も出てくるように思います

本物の『サイコパス』は「殺人」をするのはごく稀で、社会の上層部で活躍されてる方がほとんどだとも聞きました。

 

人を殺す事に興味を持つようになった生育環境や本人の資質の問題を共有されるべきと思う。
「少年院に2年の収容処分」「少年刑務所で15年の懲役」とか応報感情を満たされる情報共有がみんな好きだけど、将来に何もつながらない。
潜在的な危険を持つ人達の犯罪防止の方法として、犯罪に至った情報を共有することの方が将来的に有意義と思うけどね。
特にこういう不可解な犯罪とか。
語彙力の乏しい犯罪者の動機って不可解な事が多いけど、生育歴を追っていったら歪んだ認知に基づくその人なりの論理式が見えてくることもあるみたいだし。

 

 

まとめ

 

今回は、「八戸切りつけ少年の顔画像に家族構成!場所はどこ?大館中学校2年で特定?」という事で書いていきました。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

→こちらの記事も参照ください→

>>八戸切りつけ少年の顔画像に家族構成!場所はどこ?大館中学校2年で特定?

>>八戸切りつけ事件犯人の14歳中学校は大館中2年?防犯カメラの映像動画!

>>青森県八戸市で小6女子児童の首切りつけ逮捕の14歳男子は誰で名前に顔画像にどこの中学校?

 

 


-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.