ニュース

柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡!死因は?道場はどこで何県?指導者は誰?

 

今回は、「柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡!死因は?道場はどこで何県?指導者は誰?」という事で書いていきたいと思います。

 

柔道の乱取りの練習中に、小学5年生の男児が頭を打ち死亡していた事が明らかとなりました。道場はどこで何県だったのでしょうか。また、指導者は誰だったのでしょうか?

 



 

柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡のニュース

 

柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡のニュースがこちらになります。

 

柔道の練習中に小学生の死亡事故が起きていたことが18日、全日本柔道連盟への取材で分かった。遺族の意向で詳細は明らかにされていないが、全柔連は再発防止のために、「1日の活動は2時間が上限の目安」などとする指針をまとめ、各都道府県連盟の会長などに通知した。

通知は12日付。全柔連によると、9月に小学5年生の男児が乱取りで頭を打ち、急性硬膜下血腫で亡くなった。発生場所などについて、全柔連は「差し控えたい」としている。

指針では1週間の活動日数についても一定の制限をかけるよう促し、子どもの体力や体調への配慮を求めている。全柔連・重大事故総合対策委員会の磯村元信委員長は「中学校や高校では部活動のガイドライン(指針)ができており、小学生にも対応が必要」と話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00050094-yom-spo

 



 

柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡の詳細

 

柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡の詳細についてです。小学5年生の男児が亡くなったのは、9月との事で、2月近く前の出来事であった様です。

 

小学5年生の男児は柔道練習中の乱取りの最中に頭を打ち、死亡したという事です。

 

【乱取りとは?】

 

乱取りとは、お互いが技を掛け合う自由練習のことです。 乱取りは、柔道の練習の中心となるもので、打ち込みで磨いた技や約束稽古で身につけた投げ方や抑え方を駆使して相手を攻撃したり、掛けられた技を防いだりする実践的な練習方法です。 乱取りでは、基本を大切にし、積極的に投げたり投げられたりすることが必要です。

 

 

乱取りでは、積極的技を出し合う柔道の基本的な練習の様です。小学5年生の男児は投げられた時に強く頭を打ち、急性硬膜下血腫で亡くなつたという事です。

 



 

柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡で死因は何?

 

柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡で死因は何だったかというと、急性硬膜下血腫だったという事です。

 

急性硬膜下血腫とは、硬膜と脳の間に血腫が形成された状態のことであり、頭部外傷としては重症に分類される。

クモ膜下腔にある架橋静脈の破綻や静脈洞の破綻によって硬膜とクモ膜の間に生じた静脈性の出血が血腫を形成する。

急性硬膜下血腫は、2つに分類される。1つは脳挫傷を伴い、この挫傷部位から硬膜下へ出血するものである。もう1つは脳挫傷を全くもしくはほとんど伴わず、脳と硬膜を連絡する静脈の断裂によって生じるものであり、代表的なものに小児の傍矢状洞部に生じる急性硬膜下血腫がある。

脳挫傷を伴うことが多い。

 

小学5年生男児の死因は、柔道の乱取中の稽古で、誤って強く頭を打ち、急性硬膜下血腫を引き起こしたことが原因との事です。

 



 

柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡はどこの道場で場所は?何県?

 

柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡はどこの道場で場所、何県かなどなどは判明しているのでしょうか。

 

発生場所などについて、全柔連は「差し控えたい」としている

 

また、

 

遺族の意向で詳細は明らかにされていない

 

との事で、遺族の意向や全柔連の意向により、詳細やどこの道場で場所、何県だったか、などなどの情報は、伝わっていない様です。

 

ですので、報道から柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡はどこの道場で場所、何県かなどなどを突き止めるのは今現在のところは困難でしょう。

 

しかし、子供に柔道を習わせている親御さんなどからすると、心配でぜひとも情報が欲しいのではないでしょうか。

 

情報が漏洩するとすればネットのSNSからでしょう。2チャンネルやツイッターなどを探してみましたが、今現在のところ、情報はありませんでした。

 

引き続き調査してまいりたいと思います。

 



 

柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡の指導者は誰?

 

柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡の指導者は誰かにつきましても、道場の場所などと同じ理由で情報は公開されていません。

 

もちろん、故意に殺そうとして練習していたわけはありません。不幸な事故だったのでしょう。しかしながら、不適切な指導が無かったかどうか、情報が欲しいものです。

 

柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡の指導者につきましても、引き続き調査を進めまして、情報が入り次第追って追記してまいります。

 


 

柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡でネットの声

 

・練習時間の管理や制限も大事な事だろう。ただ、初心者や年少者の場合には特に頭部や胸部の保護という事が大切ではないだろうか?
柔道にも特に頭部の保護をする様な防具が必要ではないだろうか?それに、死者が出たのも初めてではないだろう。
そろそろ、柔道連盟、他の指導者の方達も防具の導入を考えるべき時だと思うけどな。せめて、初心者や年少者相手にはね。

 

・ウチの子も柔道していますが、確かに受け身がまだ未熟だと頭をぶつけてしまうことがあります。しかし、上達するにつれてニャンコみたいに身体をよじり回避を覚えます。練習して自分を守る技も習います。
また柔道は乱取りするにも人数がいると待ち時間があり、二時間ぶっ続けで動いてる?から亡くなるとは結び付かないと思うのでが、、、。
うしたら、他のスポーツも二時間制限かかってしまうのでしょうか。
時間で判断での解決ではないと思います。

 

・経験者であり指導者でもあります

柔道事故は大抵の場合、未熟な者同士の乱取りで起こります
受け身が充分に身に付いておらず、また技を掛けるにしても力任せだったり、壁の近くや畳の端であるのに無理に投げたりすることで頭部を打つことになり起こります
これは全て指導者の責任です
競技の特性上、互いにむきになりがちですので、指導者は近くでのフォローが必要ですし、それ以前に未熟な子供達に乱取りをさせてはいけません
柔道事故は防げる事故です
しかし時間を短くすれば良いというものでは有りません
あくまでも内容です
もっとも小学生の稽古は大抵の場合二時間以内で終わるのが普通ですが

中には指導者や上級生によるリンチ紛いのことで起こる事故も有りますが、これは論外です
犯罪と云っても良いですからね

 

・少年柔道の何が怖いかというと体重別ではなく学年別の大会があまりにも多すぎる。
各都道府県の強い重量級の子などは相手の力量を見て優しく投げてる子も見るが、強くなりかけてる子などは楽しくて相手が小さかろうが全力で投げてる。
また、小学生は巻き込み技は即反則にしてもらいたい。骨折や脱臼をする子もよく見かけるし、何よりも受け身が取りにくく頭から落ちる子を何人も見た。
柔道連盟は脳筋の集まりなのかと勘ぐってしまう。

 


 

まとめ

 

今回は、「柔道乱取り練習中に小学5年生男児が死亡!死因は?道場はどこで何県?指導者は誰?」という事で書いていきました。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 


 


-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.