ニュース

大谷三穂の経歴に出身校(高校大学)!再婚した夫は誰?元旦那と子供の顔画像は?事故って?

 

今回は、「大谷三穂の経歴に出身校(高校大学)!再婚した夫は誰?元旦那と子供の顔画像は?事故って?」という事で大谷三穂さんを紹介していきたいと思います。

 

大谷三穂さんが、女性初のイージス艦艦長に就任されました。大谷三穂さんの経歴や出身高校に大学、再婚した夫は誰で、元旦那や子供の顔画像などなど調べていきたいと思います。

 


 

大谷三穂の経歴

 

大谷三穂さんのプロフィールがこちらになります。

 

名前:大谷三穂(おおたにみほ)

生年月日:1971年5月28日

出身地:大阪府吹田市

職業:海上自衛官

 

大谷三穂さんの経歴ですが、防衛大学校を卒業すると、海上自衛隊に配属され女性初の経歴のオンパレードをたたき出します。

 

2011年練習艦だった「あさぎり」の副長に就任

2012年「あさぎり」護衛艦副長(女性初)

2013年「しまゆき」艦長に就任(女性初)

2016年「やまぎり」艦長に就任(女性初の護衛艦艦長)

2019年「みょうこう」艦長に就任(女性初のイージス艦艦長)

 

という様に大谷三穂さんは、女性海上自衛官として、トップを走り続けています。

 


 

大谷三穂の出身高校に大学は?

 

大谷三穂さんの出身高校や大学は明らかになっているのでしょうか?大谷三穂さんは1971大阪府吹田市の生まれです。

 

出身小学校や中学校は明らかになっていませんが、地元の学校に通っていたのでしょう。また、高校も現時点では残念ながら明らかになっていません。

 

大学は既に書いた通り、防衛大学を卒業していますが、最初から防衛大学に進学したのではなく、龍谷大学文学部に進まれていました。

 

2年生のとき下宿先で湾岸戦争のニュースを見て、愛国心を覚えて防衛大学に進学しなおされたのだそうです。

 

女性ながら大学2年まで通われて防衛大学に進学しなおすとは、相当の衝撃を受けたのでしょうね。

 


 

大谷三穂はバツイチ?元旦那や現夫、子供(娘)の画像は?

 

所で、大谷三穂さんはバツイチを言われています。大谷三穂さんは2001年の30歳の時に、一度目の結婚をされています。

 

そして、2003年の32歳の時に離婚されています。元夫が誰かは明らかになっていませんが、元夫は大谷三穂さんと同じく自衛官だったそうです。

 

つまり、職場恋愛で結婚されている様です。ちなみに、大谷三穂さんには子供(娘)もいますが、娘が現旦那との子供なのか、元旦那との子供なのかは明らかになっていません。

 

大谷三穂さんが離婚されてからどれくらいで再婚されたかは分かりませんが、娘の年齢は、2016年時点で中学1年生という事でした。

 

という事は、2019年の現在は、高校一年生になっている事でしょう。という事は、娘が生まれたのは2003年くらいであり、元旦那と離婚したあたりで産まれている事になります。

 

ちなみに、現旦那の仕事も自衛官の様です。大谷三穂さんは職場恋愛で2度結婚している事になります。

 

元旦那も現旦那も子供も写真などは見つかりませんでした。インタビューでは次のように語られています。

 

――艦艇乗員ともなれば長期の航海も多いと思います。
女性として苦労されたことはありますか?

大谷
私には娘がいるのですが、
船に乗ると娘と離れる時間がとても長くなってしまいます。

夫も海上自衛官なので
娘は親に預けて航海に出るのですが、
風邪をひいたとか、病気で寝込んでいるという連絡を受けても、
すぐに駆けつけることができません。

母親として娘に寄り添うことができず、
とても辛かったですね。

 

大谷三穂さんが艦長に就任した時は、娘さんも「おめでとう」と一緒に喜んでくれたと言います。

 


 

大谷三穂が事故って何?

 

大谷三穂さんを検索すると、関連ワードに「事故」と出てきます。これは、多くの方が大谷三穂さんがいぜん事故を起こしたか事故に巻き込まれたかしており、そのヒントを探そうと検索しているものと思われます。

 

しかし、調べてみましたが、大谷三穂さんが過去に事故を起こした事実も事故に巻き込まれた事実も発見することは出来ませんでした。

 


 

大谷三穂が女性初のイージス艦艦長就任のニュース

 

海上自衛隊のイージス艦「みょうこう」の艦長に大谷三穂1等海佐(48)が就任した。イージス艦の女性艦長は初めて。母港の海自舞鶴基地(京都府舞鶴市)で2日、着任式があり、艦上に整列した乗組員を前に、大谷艦長は「日本国民が安心して眠れるんだということを胸に、苦労も楽しみも共に、きょうから新たな航海に向けて出港しよう」と訓示した。

大谷艦長は1996年、防衛大学校の女子1期生として卒業。練習艦「しまゆき」艦長や護衛艦「やまぎり」艦長などを歴任し、2017年7月に1等海佐に昇任。自衛艦隊司令部から着任した。大阪府吹田市出身。

「みょうこう」は全長161メートル、基準排水量7250トン。乗組員約300人。高性能レーダーを備え、弾道ミサイルの迎撃を担う。

着任式後、大谷艦長は「(北朝鮮の相次ぐミサイル発射など)厳しい任務になるとは思うが、与えられた任務を全うしていきたい」と抱負を述べた。

 


 

大谷三穂が女性初のイージス艦艦長就任でネットの声

 

頑張ってるなあ。
大谷一佐。
小林よしのりさんの漫画で存在を知りました。
活躍期待してます。

 

敵と取っ組み合いの肉弾戦とは無縁の近代的戦闘艦なのだ、状況の分析力と迎撃の判断力と、射手への伝達力さえあれば務まるのだから、女性初をそうウリにしなくてもいいじゃん。
女性比率だとか、女性初だとかを声高らかに報じるのもある種女性蔑視ではないのか。

 

時代も変わりましたね。こんな風な感想を抱くこと自体、それに取り残されている事が自覚できます。

世間でも、重機オペレーターや大型トレーラー運転手などは既に女性が珍しくもなんともありませんよね。

艦長!頑張って下さい!

 

日本海での任務だと思いますが、北や中国だけで無く南の方の対応もあり大変でしょうがよろしくお願いします。
今や友軍では無く背中から刺される相手になりましたからね…

 

この写真を見る限り凛々しく綺麗な人ですね。
これから先“女性”というだけで色々な苦労があると思いますが頑張って職務を全うしてほしいと思います。
女を会社の召使(←良い表現が見つかりませんが…)くらいにしか思っていない我が社の社長ももう少し男女関係なく評価してほしいものです。

 

先進国で、これほど専業主婦とバリキャリのギャップが激しい国も、また珍しいだろな。高校生やら大学生の専業主婦志向の強さに、強い違和感を覚える在日外国人は多い。

 

同級生が一期生で入学し、何かあるごとにニュースに出ていましたが最後は任官拒否のニュースでした。苦労を聞いて応援していたので、そのまた同級生の方が活躍されているのは嬉しいですね。

 

とうとう女性艦長登場か。海外でも軍隊組織の中での女性の、重要性高まっているから、日本でもこういうの、どんどん進んで行くと思う。活躍を期待します。

 


 

まとめ

 

今回は、「大谷三穂の経歴に出身校(高校大学)!再婚した夫は誰?元旦那と子供の顔画像は?事故って?」という事で大谷三穂さんを紹介していきました。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。


-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.