気になる人物 気になる話題

黒岩信忠草津町長のwikiプロフィールに経歴に出身校!妻や子供など家族は?評判も!

 

今回は、「黒岩信忠草津町長のwikiプロフィールに経歴に出身校!妻や子供など家族は?評判も!」という事で黒岩信忠草津町長を紹介していきたいと思います。

 

黒岩信忠草津町長は新井祥子町議からセクハラを勧告された事から、注目が集まっています。果たして黒岩信忠草津町長はどの様な人物なのでしょうか。

 


 

黒岩信忠草津町長のwikiプロフィール

 

黒岩信忠草津町長のwikiプロフィールがこちらになります。

 

名前:黒岩信忠(くろいわのぶただ)

生年月日:1947年4月(2019年12月現在72歳)

出身地:群馬県草津町

職業:草津町長

 


 

黒岩信忠草津町長の出身校は?

 

黒岩信忠草津町長の出身校が気になる方が多いのではないでしょうか。調べてみたところ、黒岩信忠草津町長は草津町立草津中学校卒業です。

 

そして、驚くべきことに黒岩信忠草津町長の最終学歴は中卒という事です。ネット上の情報のみを元に調べていますので、申し訳ありませんが、正確性には欠けます。

 

しかし、どうやら中卒で間違えない様です。町長というと街のトップであり、進学校出で大卒というイメージが一般的なのではないでしょうか。

 

しかしながら、黒岩信忠草津町長に関しましては、そのイメージに当てはまらず中卒のたたき上げの様なのです。

 

中卒でも町長にまでなれるとは驚きですね。

 


 

黒岩信忠草津町長の経歴は?

 

黒岩信忠草津町長の生まれは、自分が町長を務める草津町出身との事です。実家は街のはずれで生まれ育ったようで、幼少より湯畑に興味を持っていたという事です。

 

湯畑(ゆばたけ)とは、温泉の源泉を地表や木製の樋に掛け流し、温泉の成分である湯の花の採取や湯温を調節する施設のことである。湯畑は湯の花採取を実施している温泉地に多く存在し、群馬県草津町の草津温泉では地域のランドマークであるとともに観光名所となっている。また、造成温泉では、地表水などを火山地帯の噴気孔周辺の地表に掛け流して温泉を造る施設を指すこともある。有名な場所として、草津、雲仙などがある。

 

また、黒岩信忠草津町長は7人兄弟の末っ子との事で、ものすごい大家族ですね。しかし、黒岩信忠草津町長の生まれは1947年という事で戦後間もなくの日本が貧しい時期です。

 

さらに末っ子との事なので、上に6人の兄や姉がいる事になり、戦後の一番大変な時期に黒岩信忠草津町長の両親は子供を7人も抱えていた事になり、苦労されたのではないでしょうか。

 

黒岩信忠町長は、1963年に草津中学校を卒業すると同時に電気工事業を立ち上げて独立されます。その後、様々な事業で成功をおさめ、資産家として知られる様になっていきます。

 

黒岩信忠町長が政治に興味を持たれたきっかけは、同じ草津町出身の、山本富雄元農水相の選挙活動を支援していた事がきっかけだそうです。

 

山本富雄元農水相は山本一太参院議員の父に当たる方です。1983年の35歳の時に草津町議選に立候補し、トップ当選を果たすと、2009年まで町議を7期務められています。

 

その間、町議会議長なども歴任されています。2010年に町長に初就任されると、バブル崩壊に伴い観光客が激減していた町の改革を掲げられます。

 

そして、年間265万人まで落ち込んでいた観光客を300万人台まで回復させたとの事で、中卒で様々な事業で成功をおさめてきた手腕は確かなものの様です。

 


 

黒岩信忠草津町長の家族は?結婚して妻や子供はいる?

 

黒岩信忠草津町長は結婚して妻や子供などの家族はいるのでしょうか?結論から申しますと、黒岩信忠町長の妻や子供などの家族に関しましては、情報が無く判明しませんでした。

 

しかし、妻や子供がいない事はないと思われますので、結婚して子供もいるでしょう。年齢からすると、孫がいてもおかしくないですね。

 


 

黒岩信忠町長の草津町観光地復活の秘策

 

黒岩信忠町長が草津町を観光地として観光客の回復を手掛けられたのは既に紹介した通りですが、どの様な秘策を行ったのか少し紹介していきたいと思います。

 

黒岩信忠町長の秘策は主に以下です。

 

・温泉街の中心地にある町営の駐車場の移設

・乱立している電柱を地中に埋める

・看板類の撤去

 

町営の駐車場の移設は、観光客の足が遠のいてしまう気がして一見悪手の様に思え、事実町民にも反対されたそうです。

 

しかし、温泉街を徒歩で散策する家族連れなどの傍をバイクや車が通るのは危険であり、中心街にエネルギーをもたらすことで周辺エリアへの客足も伸びると踏み、町民を説得。

 

また、御座之湯、湯治広場、熱乃湯など風情があり、100年後にも残る様な木造の建築施設を設置されました。

 

街の観光の中心である湯畑を岡本太郎氏のデザインによる照明でライトアップすると、SNSの普及から若者たちの観光客に一気に火がつきました。

 

さらに観光客から得た財源を子育て支援や定住施策に活用し、資金循環を行うとともに、若年層に草津町に定住しやすい環境を作り待ちの活性化に努めています。

 

具体的には、

 

ベルツ保育園の開設

3歳以下の保育料の減免。

第2子以降の保育料の減免。

小中学生には草津国際スキー場のシーズン券を配布。

小中学校の給食費1/3を補助。

中学校入学時の制服の半額を補助。

中学校卒業までのこどもの医療費の免除。

町内巡回バスを100円に。

町内の決められた個所の温泉施設利用料を半額に。

 

などなど。

 


 

黒岩信忠町長の評判は?

 

気になる黒岩信忠町長の評判ですが、抜群の手腕でこの様な政策を行って町民からの評判が上がらない訳がありません。

 

黒岩信忠町長は町民から絶大な支持を受けています。そんな黒岩信忠町長にセクハラ被害勧告をでっちあげるとは、新井祥子町議は何を考えてるんでしょう。

 

セクハラの真偽は判明していませんが、処分から市議も町民も全てが黒岩信忠町長の味方をしている事は間違えないでしょう。

 

こちらの記事も参照ください→

 

>>新井祥子は過去は坊主で今はカツラ?しゃべり方おかしくて病気?家族に夫や子供は?動画あり!

 


 

まとめ

 

今回は、「黒岩信忠草津町長のwikiプロフィールに経歴に出身校!妻や子供など家族は?評判も!」という事で黒岩信忠草津町長を紹介していきました。

 

ありがとうございました。


-気になる人物, 気になる話題

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.