ニュース

性同一性障害の経済産業省職員は誰で名前に顔画像!女性トイレ使用制限で損害賠償勝訴の会見動画は?

 

 

今回は、「性同一性障害の経済産業省職員は誰で名前に顔画像!女性トイレ使用制限で損害賠償勝訴の会見動画は?」という事で書いていきたいと思います。

 

性同一性障害の経済産業省職員が戸籍上は男であるとの理由で、女子トイレの使用を制限されたとして訴訟を起こし、見事勝訴しました。

 

会見動画とともに、性同一性障害の経済産業省職員は誰で名前に顔画像などなど調べてまいりたいと思います。

 


 

性同一性障害の経済産業省職員がトイレ使用制限訴訟で勝訴

 

性同一性障害の経済産業省職員が戸籍上は男であるとの理由で、トイレの使用を制限されたことを受け、訴訟を起こして勝訴したと言ったニュースがこちらになります。

 

性同一性障害の50代の経済産業省職員が、戸籍上は男性であることを理由に、女性トイレの使用制限などをされたのは不合理な差別だとして、国に処遇改善と約1650万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12月12日、東京地裁であった。

江原健志裁判長は、トイレの使用を認めないとした国の措置を取り消し、国に慰謝料など132万円の支払いを命じた。

判決言い渡し後、東京・霞が関の司法記者クラブで会見した職員は、「何かアクションを起こさないと、何も変わってくれないというのが、現実の世の中ではないか。すぐには変えられないかもしれないけれど、変えるために何かアクションを起こす。その第一歩を踏んでほしい」と話した。

 

という事で見事勝訴されたのでしたが、勝訴の決め手は何だったのでしょうか?

 


 

性同一性障害の経済産業省職員がトイレ使用制限訴訟で勝訴の決め手

 

判決理由で江原裁判長は、性別は「個人の人格的な生存と密接かつ不可分のもの」とし、個人が真に自認する性別にそくした社会生活を送ることは「重要な法的利益として、国家賠償法上も保護されるものというべき」と示した。

そして、トイレは日常的に必ず使用しなければいけない施設で、不可欠のものであるため、今回の職員への対応は「重要な法的利益を制約する」と判断した。

国側は、トイレに関連する職員への対応について、「女性職員との間で生じるおそれがあるトラブルを避けるためで、合理的な判断だ」と反論していた。

これに対し、裁判所は、

・職員が女性として認識される度合いが高かったこと、

・民間企業では戸籍上は男性で性自認が女性であるトランスジェンダーの従業員に対し、特に制限なく女性用トイレの使用を認めている例が複数あること、

・性自認に応じて男女別の施設を利用することについて、国民の意識や社会の受け止め方に変化が生じていること、

・諸外国の状況

などを考慮して、「トラブルが生じる可能性はせいぜい抽象的なものに止まっていて、経産省もそれを認識することができた」と指摘。

トイレ使用制限などの対応を継続したことは、「尽くすべき注意義務を怠ったもので、国家賠償法上、違法」と判断した。

また、経産省側が、トイレを自由に使うためには性同一性障害であると女性職員にカミングアウトするよう求めたことは、「裁量権の濫用で違法」と認定。

当時の上司の「なかなか手術を受けないんだったら、もう男に戻ってはどうか」といった発言についても「職員の性自認を正面から否定するもの」として国家賠償法上、違法だとした。

 

という事で、経済産業省の国側の言い分は、「職員同士でトラブルになる事を防ぐため」との事でした。

 

それに対し、経済産業省の性同一性障害の職員は職場内において、女性と認知されていたとの事で、トラブルになる要因はクリアできていたとの見解だった様です。

 

その上で、生理現象という必要不可欠な行為を2階以上離れたフロアのトイレを使用する様に制限されていた事に対し、違法であるとの判決だった様です。

 


 

性同一性障害の経済産業省職員は誰で名前に顔画像

 

では、この勇気ある訴訟を起こされた性同一性障害を持つ経済産業省の職員は誰で名前に顔画像などなどの情報は判明しているのでしょうか?

 

現在判明している情報は以下になります。

 

名前:不明

年齢:50代

職業:経済産業省職員

 

との事で、名前や顔画像などの情報におきましては明らかにされていません。最も、それはプライバシーに配所した報道陣営の判断であり、本人が情報公開を望まなかったのかもしれません。

 

本人が情報公開を望んでいない以上、無理やり個人情報を特定して、名前や顔画像をネット上にさらす行為は倫理的にいかがなものかと思われますので、当サイトでも本人の個人情報の公開の意思が確認できない以上、公開は見送りたいと思います。

 

この性同一性障害の経済産業省の職員は、男性として入省された後に、性同一性障害の診断を受けたそうです。

 

すなわち、この職員の入省当時は男性との扱いだったのに対し、そこから女性へ性別変換した訳であり、その事がなおさらトイレ制限などの原因になっていたのかもしれません。

 

男性として認知されていた事実を女性に変換するのは本人に並々ならぬ苦労や心痛があったことが想像でき、それは周囲の同僚や上司も同様だったかもしれません。

 


 

性同一性障害の経済産業省職員は誰?会見動画

 

性同一性障害の経済産業省職員の名前や顔画像などは明らかになっていませんが、会見動画は以下になります。2015年のものになりますが、同一の人物である事は間違えないでしょう。

 

https://www.nicovideo.jp/watch/sm27581716

 

顔や名前は伏せられていますが声に関しても修正されています。声が修正されていない動画は以下がありましたので、こちらも共有しておきます。。

 

 

こちらの声は無修正のものと思われますが、完全に女性の声かというと難しく、中世的な声質をされています。

 


 

性同一性障害の経済産業省職員が勝訴でネットの声

 

その立場になったことがないので何とも言えませんが
性同一性障害で女性職員であることを女性に告げるよう指示するのは裁量権を逸脱しているようには感じないですけどね
実際女装でトイレや銭湯に侵入するケースもあるわけで
女性ホルモンいれているからって見てくれがもうすっかり女性というわけでもないでしょうし
そうなると女性は男が堂々と侵入してきたって思って怖い思いをするわけで
同じ女性ならそれについてもっと配慮してあげるべきでは?

 

これからは、すべて個室のトイレにすれば良いかも。家庭のトイレのような。でも、それだと盗撮の危険性あるかな?

 

きらびやかなアクセや
フェミニンなワンピースもまた
何かに囚われて居るようにも思えます
性同一性障害を取り上げたある小説の
「男女はメビウスの輪のようなもの」と言う台詞をいつも思い出す

 

性同一性障害と偽って女子トイレに入る奴とどうやってみわけるんやろうね?

 

温泉とか
いまどうなってんの?
性同一性障害で、
女湯はいれんの?

 

自分の都合で他者に不快な思いをさせる事は権利で、
周りと同じ扱いを受けることが違法。

 

心(脳)の中がわからない以上、外見を女性に似せているだけのおっさんと同じトイレを使いたくないと思う女性の心情には配慮されないのか。
国の予算も限られてる中、性同一性障害者専用のトイレを作れるわけもないんだし。
そんな現状で、女性でありたいけど生物的になりきれない男性が安心して女子トイレを使えるようにするために、本来安心して女子トイレを使うべき女性に不安感、嫌悪感を受忍させるのか、両者の利害を比較衡量すれば結論は自ずと明らかだと思うんだけど。

 


 

まとめ

 

今回は、「性同一性障害の経済産業省職員は誰で名前に顔画像!女性トイレ使用制限で損害賠償勝訴の会見動画は?」という事で書いていきました。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。


-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.