気になる人物 気になる話題

監物啓和の顔画像にFacebook!あけぼのばし自立研修センターの口コミや評判は?孤独死の都内民間支援業者で特定?

 

今回は、「監物啓和の顔画像にFacebook!あけぼのばし自立研修センターの口コミや評判は?孤独死の都内民間支援業者で特定?」という事で書いてまいりたいと思います。

 

引きこもり自立支援を謳う民間業者に引きこもりの息子を託したら、孤独死されたと言ったニュースが取りざたされています。

 

この自立支援の民間業者はどこか調べたところ、あけぼのばし自立研修センターなのではないかと言われている様です。

 

口コミや評判とともに、代表者の監物啓和氏の顔画像にFacebookなどなどを調べてまいりたいと思います。

 


 

引きこもり自立支援の民間業者で息子が孤独死のニュース

 

引きこもり自立支援の民間業者に息子を託したところ、孤独死されてしまったと言ったニュースがこちらになります。

 

冷え込み厳しい冬の日。関東に住む女性(80)の家に、「引きこもり自立支援」をうたう民間業者がやってきた。同居する長男は当時40代半ば。仕事を辞めて部屋に引きこもるようになり、既に20年が過ぎていた。

スタッフ5人が部屋に入って30分ほど後、長男は出てきた。「すごく泣きました」とスタッフ。女性は着替えを詰めたスーツケースを持たせ、「頑張ってね」と声を掛けた。長男はうつむき、無言で家を出て行った。女性が最後に見た長男の姿だった。

業者を知ったのは2017年1月。ホームページの「必ず自立させます」という言葉にひかれ、東京都内の本部に相談に行くと、スタッフに「早い対応が必要」と促された。提示された契約金は900万円超。自宅を売る段取りをして準備した。

長男は都内の施設に入り、その後、提携する熊本県内の研修所に移った。ほどなくして、業者から「熊本で就職した」と報告を受けた。自立を妨げないようにと、女性は連絡を控えていた。

今春になって突然、業者から電話が入った。「息子さんが亡くなりました」

女性は警察署で痩せこけた長男の遺体と対面した。ひげが数十センチ伸びて、脚は骨と皮ばかりになっていた。遺体が見つかったアパートの室内には、ごみ袋やペットボトルが散乱し、冷蔵庫は空。「元気で仕事をしていますか」とつづった女性の手紙が、血の付いた状態で残されていた。

「業者が丁寧にフォローしてくれていれば、こんなことにならなかったのでは」。熊本に移る前、女性は業者に400万円近くを追加で支払っていた。その際、研修終了後も月2回、長男と面談すると約束してくれたはずだった。

女性が経緯を尋ねても、業者側から詳しい説明はない。

 

という事で、息子の自立を信じて総額1300万ほどの大金をはたいて業者に預けたにもかからわず、孤独死されてしまったとの事で、母親の心痛は察するに余りあるでしょう。

 


 

引きこもり自立支援の民間業者が女性に乱暴

 

報道からは孤独死の業者と同一業者かは書かれていませんでしたが、引きこもりの女性宅に無理やり押し入り、両手足を持って連れ出すなど、暴行さながらの行為も行われている様です。

 

九州南部出身の30代女性は、「あの日」を今も夢に見るという。「屈辱的で怖くてたまりませんでした」

1年ほど前、実家に引きこもっていた女性の元に「自立支援」をうたう業者が訪ねてきた。「帰って」。女性がそう懇願しても、スタッフは鍵を壊し、部屋に入ってきた。

研修所への入所を求め、居座ること7時間。「もう決まっている」。複数の男性スタッフから両手両足をつかまれ、無理やり車に乗せられたという。向かった先は、アパートで孤独死した男性が入所していたのと同じ研修所だ。

 

いかにしてこの業者のスタッフが女性宅に無理やり押し入る事が出来たかは謎ですが、両親が本人に内緒で申し込んだりしていたのでしょうか。

 

報道を見る限りでは、住居不法侵入、暴行、監禁、連れ去りなどなどで訴えられてもおかしくないですね。

 


 

孤独死の引きこもり自立支援の民間業者はどこ?

 

この様な酷い引きこもり自立支援業者は一体どこだったのでしょうか?報道では、業者名や代表者までは明らかにされていませんでした。

 

しかし、ホームページで歌っている事と、実際の対応がまるで違い、暴力さながらの行為を働く悪徳業者だとしたら、その特定をして被害者を未然に防いでいく必要がるでしょう。

 

この民間業者である、自立支援センターで判明している事は以下でした。

 

・民間業者である

・都内に本部がある

・数百万もの高額な金額を取る

・乱暴を働く

 

です。これらの条件を照らし合わせたところ、一致しそうな業者が特定できました。それが、「あけぼのばし自立研修センター」です。

 

あけぼのばし自立研修センターでは、過去に入居者が8日間地下室に監禁されたとして、告訴されていた事実もありました。

 


 

あけぼのばし自立研修センターの口コミや評判は?監禁で告訴?

 

あけぼのばし自立研修センターの入居者が地下室に監禁されたとして、告訴したニュースが次になります。

 

「ひきこもり」が大きな問題となる中、ひきこもりの人たちの自立を支援すると謳う業者が刑事告訴されました。「業者が男性を拉致して地下室に8日間監禁した」と言うのです。

「8日間地下室に監禁。拉致→監禁」(日記)

男性は、この日記を監禁されているさなかに綴ったと言います。高橋さん(仮名)。大学卒業後就職せず、実家でひきこもりのような状態で10年間、経済学の研究をしていたといいます。そんな高橋さんの部屋に、去年5月、父親が突然やってきて・・・

「これからこの人たちのお世話になるから、言うことを聞くように」(父親)

父親が出て行くと男性4人が入ってきて、高橋さんに部屋を出るよう命じたと言います。

「父親が出て行ってほしいと言っている。あなたには部屋を使う権利がない」(職員)

両親が、高橋さんに内緒でひきこもりの人などの自立支援を謳う東京・新宿区の「あけぼのばし自立支援センター」と契約。職員が連れ出しに来たのです。

センターの案内DVDには、「お連れ出し」と題して・・・

「お子様と同じ目線で説得します。納得してもらうまで何時間でも対話を繰り返し、必ずや連れ出しを成功させます」(案内DVD)

ところが実際は、「説得」や「対話」とはほど遠いやりとりが交わされたと高橋さんは言います。

「私を連れ出す法的根拠はなんですか」(高橋さん)

「あなたのような未成熟子には何も言う資格はない」(職員)

「もう本当に言葉を失うというか驚きました」(高橋さん)

押し問答の末、高橋さんは、知人に電話で助けを求めようとします。すると高橋さんは、男性に押さえつけられたと言います。男性はプロボクサーだといいます。

「殺されてしまうんじゃないかというような恐怖感を覚えました」(高橋さん)

その後、外に出た高橋さんは、周囲に大声で助けを求めましたが、無理やり車に乗せられたといいます。駆けつけた警察官も助けてくれず、車の中では・・・

「これは犯罪ですよ」(高橋さん)

「憲法には教育、労働、納税の三大義務が書いてあるが、1つとしてその義務を果たしていないあなたに、犯罪がどうのこうのと言う資格はない」(職員)

新宿にある建物に到着すると地下室へ。そこには4つのベッドがあり、高橋さんを挟むようにして2人が、夜には、さらに1人が加わり一晩中監視されたと言います。地下室での生活は8日間に渡ったといいます。

「ここから出ないと何をされるか分からない恐怖感。それで(食事が)全く喉を通らなかった」(高橋さん)

センターは、多彩なカリキュラムで95%の就職・自立成功率を謳っていて、両親は700万円を支払っていました。ところが高橋さんは、カリキュラムをほとんど受けず、さらに精神科病院に51日間、強制的に医療保護入院させられたと訴えます。厚労省は、ひきこもり支援のガイドラインで、本人の了解がない強引な連れ出しなどを否定しています。

高橋さんは29日、センターを運営するクリアアンサーの代表らを暴行や逮捕監禁傷害の容疑で、病院の医師らを監禁などの容疑で刑事告訴しました。

「支援・治療の名の下に深刻な人権侵害を行っている事実をぜひとも知っていただきたいと思います」(高橋さん)

引用:https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3843662.htm?1576556532626

 

という事です。高橋さんの証言から、あけぼのばし自立研修センターの驚くべき暴力性は、先にあげた女性連れ出しの際の様子に通じるものがあります。

 

さらに、高橋さんの両親は700万円もあけぼのばし自立研修センターに払っていたということで、数百万の金額を取るという部分も符合します。

 


 

孤独死の引きこもり自立支援の民間業者はあけぼのばし自立研修センターで特定?

 

・民間業者

・暴力さながらの強引な対応

・高額な支援料金を取る

・都内の業者

 

これだけが孤独死の自立支援センターと、あけぼのばし自立研修センターでは一致点がありますが、もう一点一致点を発見しました。

 

それが¥1000の研修料金です。

 

はじめに紹介した孤独死の記事から別の文面の引用が以下です。

 

過去に入所していた30代男性は、1日5時間の農作業をさせられ、「作業体験代」名目で1日千円を受け取った。それ以外は監視カメラ付きの部屋で過ごした。「低賃金の労働をさせられました。ほかに自立のプログラムはほとんどありませんでした」

 

この様に孤独死の民間自立支援業者の一日の労働による給料はたったの¥1000との事です。そして、以下が、裁判により発表された代表者、監物啓和氏の文面です。

 

一部の元研修生が「最低賃金以下で働かされた」と訴えている農作業は、弊社の湯前研修所が提供している農業訓練であり、研修生を労働者として勤務させているわけではありません。農場は地元の合同会社の運営で、あけぼのばし自立研修センターより、利用料・指導料を支払い、研修生を受け入れていただいています。健康的な生活リズムを取り戻すことなどが目的で、あくまで自由参加。遅刻や早退、休憩も本人の意思で行われています。1回の参加につき、支給は1000円で、労働の喜びを知ってもらうために同センターが会社側にお願いし、支払っていただいています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/feature/1224

 

これだけの一致点がありますので、孤独死の都内の民間自立支援センターは、あけぼのばし自立研修センターである可能性は限りなく高いと思われます。

 


 

監物啓和の顔画像にFacebook

 

そんなあけぼのばし自立研修センターの代表者が監物啓和氏です。監物啓和氏のFacebookに関しては、特定できませんでした。

 

監物啓和氏の顔画像は以下になります。

 

代表挨拶では次のように語られています。

 

「もう、どうしたらいいかわからない」
「これからもあの子に怯えて生きていくなんて耐えられない」
「この子とこれ以上一緒に暮らしたくない」
「他の人に知れたらきっと冷たい視線を浴びる」
「誰かに言うと変な噂を立てられそう」
「自分の子がこうだって誰にも言えない」
「私たちが居なくなったらこの子はどうなるのだろう」
「とにかく今はこの子の顔も見たくない」
「話もできない・接触できない」
「あの子が怖い」
「自立させたいけど、何をどうしたらいいかわからない」
「あの子を殺したいと思ってしまう」
「なぜこの子は他の子とこうも違うのだろう」

これは、実際にあけぼのばし自立研修センターへ寄せられている率直なお客様の声です。

ご両親、祖父母の方、ご兄弟とお問い合わせいただく方は様々、
対象者様の齢も中学生~50歳までと様々です。

周囲への影響を気にして長年相談できずにいた方、
一度は専門の相談機関へ相談したものの、結局は何もできずに今に至っている方と、
皆様深く悩んでいらっしゃる方々ばかりです。

問題になっている方がいまどんな悩みを抱えていたとしても、問題を解決するための力は、その人の中に存在しています。

私たち「あけぼのばし自立研修センター」は、『問題を解決するための力』を身につける為の支援を行います。
壁にぶつかった時に、自己解決できる力!
多くの方々と触れる中で、これこそが一番重要な力だと感じます。

問題を抱える誰しもが「どうしていいかわからない」という闇の中にいます。
それを解決しようともがく苦しみが、ひきこもりや家庭内暴力、反抗という力に向かってしまうのです。
何とかしたくないわけではなく、どうしたらその苦しみから解放されるのかわからないでいるのです。

私たちは、人としての基本的な生活~就職や夢への実現まで幅広くサポート致します。

共に歩む中で「問題を解決する力」を身に付け、あけぼのばし自立研修センターを旅だった後、例え何か壁にぶつかったとしても、元に戻る事はさせません。

苦しかったり、寂しかったり、楽しかったり、嬉しかったり、どんな時も決して1人ではなく、いつでも私たちが傍にいると言えるのも「あけぼのばし自立研修センター」の強みです。

その子のための、あなた様の為の未来を全力でサポート致します。

力強く、大きく成長され、たまに顔を見せて下さる子、
その子を自慢するように近況を報告される方々が沢山いらっしゃいます。
これは私たちの最大の喜びです。

どんな悩みの解決も、まずはたった1歩の行動が出来るかどうかです。
あなた様が悪いということはありません。あなた様を批判するモノもありません。
1日でも1分でも早く私たちに今の声を聞かせて下さい。
全てはそこから始まります。

素晴らしい未来への一歩となる事、私たちあけぼのばし自立研修センターはお約束します。

 

ホームページ:http://3939.tokyo/

 


 

まとめ

 

今回は、「監物啓和の顔画像にFacebook!あけぼのばし自立研修センターの口コミや評判は?孤独死の都内民間支援業者で特定?」という事で書いてまいりました。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。


-気になる人物, 気になる話題

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.