スポーツ

多和田真三郎が自律神経失調症になったのはなぜ?原因や理由はプレッシャー?

 

 

今回は、「多和田真三郎が自律神経失調症になったのはなぜ?原因や理由はプレッシャー?」という事で書いてまいりたいと思います。

 

西武ライオンズの多和田真三郎投手が自律神経失調症であったことが公表されました。多和田真三郎投手が自律神経失調症になった原因理由は何だったのでしょうか?調べてまいりたいと思います。

 


 

多和田真三郎投手が自律神経失調症のニュース

 

多和田真三郎投手が自律神経失調症のニュースがこちらになります。

 

西武が23日、多和田真三郎投手(26)を契約保留選手として扱うことを発表した。9月に頻脈性不整脈と発表していたが、その原因が「自律神経失調症」であることを公表。渡辺久信GMは今月に本人と話し合った上で決定した。

取材に応じた同GM「難しい病状。我々も慎重に進めてきた」と説明。回復のメドがたち次第、契約更改を行う予定だが、来季開幕は絶望的でシーズン中の復帰も不透明となった。

以下、同GM公表全文

当球団の保留選手の中で唯一契約更改が行われていない多和田真三郎投手の病状について。本人の同意を得られましたので、本日皆様にお伝えします。同投手は本年、9月に「頻脈性不整脈」であることを発表し、治療に専念していました。本日は、その原因が「自律神経失調症」であることを新たに公表させていただきます。

本人は現在も復帰を目指して、治療を続けています。ただ、残念ながら現時点では、復帰の見通しがたっていないため、契約保留選手のまま病状回復を待つことになりました。もちろん、私たちは今も多和田を貴重な戦力であると考えていますので、チームドクターならびに専門医の先生方とも密に連携をとり、復帰の見通しがたち次第契約更改を行うつもりです。多和田本人とも話をした上で、私たちはこの形が彼が復帰を目指す上で、ベストの形であると考え、選択をしました。

報道各社の皆様には、このような状況でございますので、どうか彼の復帰をそっと見守っていただけたらと思います。どうぞよろしくお願いします

 

という事です。

 


 

多和田真三郎投手が自律神経失調症になった原因理由は何?

 

では、多和田真三郎投手が自律神経失調症になった原因理由は何だったのでしょうか?多和田真三郎投手は、9月に頻脈性不整脈と発表されていました。

 

そして、頻脈性不整脈の原因が自律神経失調症だったという事です。自律神経失調症とは、不規則な生活やストレスなどにより自律神経のバランスが崩れる事により起こる疾患の事です。

 

主な症状は以下です。

 

【身体的症状】

 

慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感

 

【精神的症状】

 

イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じる

 

自律神経失調症のタイプは以下の4つとの事です。

 

 

多和田真三郎投手がどれに当たるかは報道がありませんでしたが、発症要因として、慢性的なストレスやプレッシャーがあるとの事です。

 

多和田真三郎投手が自律神経失調症になった原因理由もストレスやプレッシャーの可能性があるのではないでしょうか。

 


 

多和田真三郎プロフィール

 

名前:多和田真三郎(わたぶしんたろう)

生年月日:1993年4月13日

出身地:沖縄県中頭郡中城村

職業:プロ野球選手(投手)

 


 

多和田真三郎が自律神経失調症でネットの声

 

川崎ムネリンもでしたね・・
自分もこれだが まじで なにか行動起こそうとするだけで きつい時ある ほんとに動けない・・あと身体が常に不調な感じもきつい
なにより理解してもらえないことがあるのも辛いはず・・

 

自分の時はあばら骨辺りが日によって左右のどちらかで痛むだったけど、この自律神経失調症は症状や原因が人によって全然違うから大変だ…
早く良くなって欲しいけど、気長に待つしかないですね。

 

なかなか多和田の契約の情報が伝わらず心配していましたが、予想外に難しい病気が公表され驚きました。

ただ、同じ病気のホークス中村晃のように元気になって一軍で活躍してる例もあるので、焦らずじっくり治して欲しいです。ファンとしても気長に待っています。

 

精神的な病気と思われがちですが、神経系のもので気持ちは関係ない。

ただ、原因不明で医者もお手上げだし、カルテでは健康そのものなだけに。

初めはメンタルが悪くなくてもだんだんメンタルもやられてうつ病になる人もおるし、大変だと思う。しかし、プロもボランティアじゃないからね、、、西武としても働けない選手に枠一つ開けられる余裕はないだろうし、一年間育成の可能性もあるかもしれんなぁ、、、辛いが。

 

この病気に学生の頃なったが、朝つらいとか起きれないとか最初はそんな感じだったのが悪くなると本当にずっと無気力状態でしんどかった。
この病気はずる休みと思われがちだが、自分は幸い周りの人の理解もあってゆっくり治して復活できた。
一番つらいのは多和田だと思うし、西武球団もファンも気長に復活を待ってあげて欲しい。

 

自分も子供の頃心拍が変で親に言って病院で診察を受けたら、不整脈で原因は自律神経失調症だと言われた。普通の生活には影響ないけど激しい運動は控えてと。
自分みたいに普通の生活をしている人間はまだいいけど、激しい運動をするプロスポーツ選手には厳しい症状ですね。同じ様な症状を抱える者として、頑張って欲しいと思う反面、無理はしないでとも思う。

 

自律神経失調症には運動が大事なんてよく言われるけどアスリートがなるんじゃ対策のしようがないかもね。

精神的なものならまだしも心と体が反対方向に向かっていっちゃうこともあるから余計辛い。

 

まだ26なのに…兄や友人もなったことがあるけど肩が痛んだり頭痛に悩まされたり微熱やめまいなどMRIや血液検査などしても、コレというのがわからない場合大体が自律神経だとくだされる
ある日治る人もいればずっと薬を何十年も服用してる人もいる
まだ若いから再起のチャンスもあるし頑張ってほしい

 


 

まとめ

 

今回は、「多和田真三郎が自律神経失調症になったのはなぜ?原因や理由はプレッシャー?」という事で書いてまいりました。

 

ありがとうございました。


-スポーツ

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.