気になる人物

牧田幸一朗のwiki経歴に職業に結婚して妻や子供は?旦那デスノートの作者管理人で開設理由は?

 

 

今回は、「牧田幸一朗のwiki経歴に職業に結婚して妻や子供は?旦那デスノートの作者管理人で開設理由は?」という事で、旦那デスノートの作者であり管理人の牧田幸一朗さんを紹介してまいりたいと思います。

 

牧田幸一朗のwikiプロフィール

牧田幸一朗の経歴

牧田幸一朗の職業

牧田幸一朗は結婚して夫や子供は?

旦那デスノートの開設理由は何?

 

などなどまとめて参りたいと思います。

 


 

牧田幸一朗が旦那デスノート開設者で管理人

 

旦那デスノートなるパワーワードが流行っています。旦那デスノートとは何なのでしょうか?以下が旦那デスノートのホームページになります。

 

ホーム

 

旦那デスノートとは何かというと、管理人の牧田幸一朗さんは次の様に語られています。

 

だんなデスノートとは夫や旦那へ死んで欲しいという願いを書くものである。書く人物が自分の旦那じゃないと効果は得られない。また、実名や所在住所を書いても効果は得られない。

願いのあとに死因を書かなければ、すべて心臓麻痺となる。だんなデスノートを拾ったものだけが、書き込むことが出来る。

だんなデスノートの所有権を放棄したら、デスノートにまつわる記録を失う。再びだんなデスノートを拾えば、記録を作り直すことができる。

だんなデスノートで操れる死の時間は人間界単位で23日以内である。だんなデスノートに書かれたことは変更、削除することが出来ない。

だんなデスノートを所有したものが死神に取り憑かれることはない。よって、だんなデスノートを所有したものが不幸になることは絶対にない。

 

実際に、ホームページには以下の様な投稿が連なっています。

 

 

という事で、旦那デスノートとは、、旦那の死への願いをを書き込める掲示板の様なものでしょう。かなりダークなホームページにも思えます。

 

しかし、旦那に積もり積もった恨みを旦那デスノートに書き込む事で、ほんの少しでも精神的に救われてほしいという思いが趣旨でしょう。

 


 

牧田幸一朗のwikiプロフィール

 

旦那デスノート管理人の牧田幸一朗さんとはどの様な方なのでしょうか?wikiプロフィールがこちらになります。

 

 

名前:牧田幸一朗

生年月日:1980年1月28日

年齢:40歳(2020年1月現在)

職業:A.H.O come all 株式会社代表取締役社長

 

という事です。

 

牧田幸一朗さんの出身地や出身高校に大学などなどは判明しませんでした。また、FacebookやTwitterなどなどは発見できませんでした。

 

しかし、ユーチューブはされているらしくユーチューブのアカウントはありました。こちらです。

 

https://www.youtube.com/channel/UCP-qrc2FW-l5bGKRYfI3D8A

 


 

牧田幸一朗の経歴に職業は?

 

既に顔た通り、牧田幸一朗さんの出身地や高校は判明していません。また、どの様な仕事をされてきたかも情報がほとんどありませんでした。

 

しかし、一時期動物保護の仕事をされていた様で、テレビに密着された様子がユーチューブにアップされています。

 

 

こちらの密着が2011年の時のものでした。現在は、A.H.O come all 株式会社という会社を運営されている様です。

 

A.H.O come all 株式会社のホームページが以下になります。

 

https://aho-comeall.co.jp/

 

事業内容は、留学や乳幼児の英語教育を専門としたマーケティングの会社の様です。

 


 

牧田幸一朗は結婚して夫や子供は?

 

牧田幸一朗さんは結婚して夫や子供はいるのでしょうか?調べてみたところ、牧田幸一朗さんの個人情報が乏しすぎて、結婚の有無を確認することが出来ませんでした。

 

年齢からすれば、結婚されていて普通に子供がいてもおかしくないでしょう。しかしながら、後に述べますが牧田幸一朗さんは壮絶な家庭環境で育ち、それが旦那デスノート開設の原点になっている様です。

 

家庭環境に影響があった人間は結婚や家族を築くことに問題を抱えがちで、その様な事を拒否する傾向にあります。

 

そのパターンが牧田幸一朗さんにも当てはまっていたとしたら、独身を通されている可能性もありますね。

 


 

牧田幸一朗が旦那デスノート開設理由は?

 

牧田幸一朗さんが旦那デスノートを開設された理由な何だったのでしょうか?自身で以下の様に述べています。

 

今のこどもたちに対して、ぼくのような大人になってほしくないためです。

毒親を持ったことで、両親の嫌な思い出ばかりが記憶に残り、幼少期のころから人間関係に悩みました。小さいころの苦しい経験は、大人になってから息苦しさとなって現れるようです。

ちょっとしたことで深く悩んだり、死にたいなんて思ったり、自業自得を理解しながら孤独で寂しさを抱えているんだと思います。思います、というのも、まだ自分自身が理解できていないからなんです。

人格のベースとなる設計図は、6歳までに作られると言われています。6歳までの間に両親の愛情をたくさん感じられれば、ぼくみたいにならないと思います。

独立をしたのも、なにかやりたいことがあったわけではなく、人間関係に疲れ果てたからです。とは言っても、独立したあとに一番大事なことは人間関係ということを今痛感しています。

夫婦である限り、お互いのストレスは抱えます。だんなデスノートがあれば、多少なりともストレスを発散し、こどもの前でケンカが起きないかな、と思いました。こどもの前でケンカをしなければ、こどもの記憶に両親の嫌な思い出は残りません。

今のこどもたちが、ぼくのような大人にならず、素敵な大人になってくれればな、と願っています。

母親であるあなたが毒親にならないために、精神的虐待を受けた僕の実体験を元に、思いやりの教え方を書きました。
https://danna-shine.com/post-41853

 

という事で、奥さんの旦那への怒りが爆発して子供の前で喧嘩になってしまう前のはけ口として、この様なサイトを立ち上げられたそうです。

 

奥さんの為もありますが、一歩進んで、劣悪な家庭環境で子供が育ち、子供が劣悪な大人に育たない様にとの思いも込められているとの事です。

 

その思いに至ったには、牧田幸一朗さんの子供時代の体験が大きく、エピソードとして以下の壮絶なエピソードを紹介されています。

 

ぼくが受けた精神的な虐待経験、それはまだ小学生くらいだったころ、実家が冷蔵庫を新調したんですね。業者による設置をし終わり、自分たちで微調整が必要だったのでしょうか。

ぼくは自分の部屋でテレビを見ていたのですが、突然に母親が怒鳴り込んできて、こう言いました。

「冷蔵庫の設置を手伝わないんだったら、冷蔵庫は使うな!」

ここから3日間、冷蔵庫の使用が禁止されました。冷蔵庫が使えないということは、冷たい水が飲めません。喉が乾いてもしばらく我慢していましたが、耐えきれなくなり、死の恐怖を感じ、洗面所で隠れて水道水を飲んでいました。合わせて、同じ3日間、無視もされました。

 

もう1つ強く記憶していること。虐待、とは言えないかもしれません。小学5年生のころ、お年玉を貯めたお金で、初めて父親のために誕生日プレゼントを買いました。買ったものはネクタイです。

ぼくの父親は建築業で、スーツではなく作業着を着る人だったので、本当はネクタイなんて必要ありません。ただその頃のぼくは、父親へのプレゼントはネクタイ、と思っていました。

父親の誕生日当日、夕飯を食べて、家族3人でくつろいでいるとき、満を持して、サプライズで父親へ誕生日プレゼントを渡しました。

『はい、誕生日プレゼント』と恥ずかしながら言ったぼく。父親は無視。なにも答えずに寝転なりながらテレビを見ている。もう1度、声を掛ける。無視。さらにもう1度、声を掛ける。

父親からひとこと。

「うるせーな!」

父親も虫の居所が悪かったのかもしれません。ただし、そうであったとしても、小学生のぼくには信じられないくらいにショックなことでした。

初めて父親へ渡した誕生日プレゼント。喜ぶと思って渡したプレゼント。喜ぶどころか、怒られたわけです。これは経験した人じゃないと、わからないですよね。そのときのぼくの感情は、パニック、だけでした。

ぼくはそのあと、プレゼントを持って自分の部屋へ戻りました。翌日、父親から、「誕生日プレゼントありがとな」と言って、プレゼントを受け取りました。

もう遅いです。プレゼントを渡して、怒られる。小学5年生の年齢は、10歳くらいでしょうか。30年近くも前のことなのに、ハッキリと覚えています。

 

という事です。

 

この様な自身の体験から、劣悪な夫婦間で子供に悪影響が出てしまう事を防げたらとの思いから、旦那デスノートのアイディアが産まれた様です。

 


 

旦那デスノートが話題でネットの声

 

 

 

https://twitter.com/Gacktperoro/status/1217990390365614080

 

 


 

まとめ

 

今回は、「牧田幸一朗のwiki経歴に職業に結婚して妻や子供は?旦那デスノートの作者管理人で開設理由は?」という事で、旦那デスノートの作者であり管理人の牧田幸一朗さんを紹介してまいりました。

 

ありがとうございます。


-気になる人物

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.