ニュース

外松学(群馬県立小児医療センター院長)の顔画像や経歴にFacebookに口コミ評判!医療ミスの原因理由!

 

 

今回は、「外松学(群馬県立小児医療センター院長)の顔画像や経歴にFacebookに口コミ評判!医療ミスの原因理由!」という事で書いてまいりたいと思います。

 

群馬県立小児医療センターで医療ミスが発生し、10代の患者が昏睡状態になってしまいました。院長の外松学さんはどの様な方なのでしょうか。

 

顔画像やFacebookに経歴、また、群馬県立小児医療センターの口コミ評判などなどを調べてまいりたいと思います。

 


 

群馬県立小児医療センターで医療ミスのニュース

 

群馬県立小児医療センターで医療ミスのニュースがこちらになります。

 

群馬県立小児医療センター(渋川市)は23日、入院していた10代の男性患者の呼吸を助けるため気管に挿入していた管が外れていることに気付かず、一時的に心肺停止となる医療事故があったと発表した。男性は蘇生したが、現在も意識がなく自発呼吸できない状態という。病院側は全面的に過失を認め、家族に賠償金を支払う方針を示した。看護師への教育を見直すなどして再発防止に努めるとしている。

 

という事です。

 


 

群馬県立小児医療センターで医療ミスの原因理由は?

 

群馬県立小児医療センターで医療事故の原因理由は何だったのでしょうか。

 

事故があったのは昨年8月の早朝で、看護師4人が勤務していた。血液中の酸素量などを計測する機器のセンサーに異常が出たが、看護師は機器の故障などと思い込み、管が外れていることに気付かなかったという。その後に管の状態を確認して判明した。男性は心肺蘇生によって一命を取り留めたものの低酸素脳症となった後遺症で、現在も昏睡(こんすい)状態が続いている。

 

という事で、事故に遭われた10代の男性患者は、もともと重度の心身障害があり、器官に酸素吸入の管を入れておく必要があったそうです。

 

その管が外れ、機器に異常が出たものの、看護師は機器の故障と判断、管が外れている事の発見が遅れてしまったという事です。

 

男性は一命はとりとめたものの、低酸素脳症により昏睡状態に陥り、現在も昏睡状態から覚めない状態という事です。

 

忙しい現場なのは理解できますが、センサーに異常が出ていたにもかかわらず、機器の故障と判断してしまった事は非常に残念ですね。

 


 

群馬県立小児医療センター院長は外松学

 

群馬県立小児医療センター院長は外松学さんと言う方です。ホームページの院長挨拶には次のように語られています。

 

 

この情報によると院長になられたのは平成30年の5月という事で、まだ院長になられて間もなかった事が分かります。

 


 

外松学院長の顔画像は?

 

外松学院長の顔画像はホームページに記載がありました。

 

 


 

外松学院長のFacebookに経歴は?

 

外松学院長のFacebookは調査してみましたが、本人と思われるアカウントは発見できませんでした。アカウント自体持たれていないのでしょう。

 

また、経歴に関してもネット上には情報が無く、年齢や出身地や出身校などの情報は判明していません。

 


 

群馬県立小児医療センターの口コミ評判は?

 

群馬県立小児医療センターの口コミ評判を見ていきたいと思います。

 

こどもの治療のため、約1週間入院しました。
思っていたよりも病棟が静かでゆっくり療養できる環境でした。看護師さんや医師の対応も丁寧で、こちらの質問に対し、しっかりと答えてくれていました、
さすが、こども専門の病院でもあり、こどものペースに合わせた説明や対応をしてくれていました。こどもの不安を解消するように気遣いがとてもうれしかったです。
看護師さんの点滴管理などの技術もしっかりしており、病棟がしっかりされているのだなと感じました。

 

 

医師の方も看護師さんも本当に優しく、熱心に診てくださいます。説明も丁寧で、なおかつ必ず「なにか質問はありますか」「不安なことはありますか」と聞いてくれます。少し話しただけで、安心してお願いできると確信できます。
曜日や時間によって待ち時間は違いますが、待つ時間がたとえ長い日でも、診察の後は、安心した気持ちで病院を出ることができます。
いろいろな病状のお子さんを診ているだけあり、こどもにも親にも寄り添って治療を進めているのが本当によくわかります。働いている方々の懐の深さを感じます。

 

アレルギー検査の結果が出て、小児医療センターを紹介していただきました。子供の専門病院と言うだけあり、自分の番号が放送されるのと一緒に電工掲示板に表示され、どこにいても自分の子供の順番がわかり非常にありがたかったです。小さい子供ほどじっとしていないので、いつもヒヤヒヤしながら順番を待っていたのですが、この病院ではそのストレスは全くありませんでした。子供も待ち時間キッズコーナーで遊んでいたり、まさしく子供の為の病院だなと思いました。

 

という事で、群馬県立小児医療センターの口コミ評判はいいものばかりで、地元の子供をもつ親からしたら、この病院はとてもありがたい存在だった様です。

 

それは外松学院長の努力や頑張りもあった事でしょう。その良い評判や評価が、たった一つのミスで崩れてしまうのが恐ろしいところです。

 

再発防止に努め、これからもいい病院であり続けてほしいものです。

 


 

まとめ

 

今回は、「外松学(群馬県立小児医療センター院長)の顔画像や経歴にFacebookに口コミ評判!医療ミスの原因理由!」という事で書いてまいりました。

 

ありがとうございました。


-ニュース

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.