気になる人物 気になる話題

陳秋實(ちんしゅうじつ)の顔画像!Facebook,Twitter,ユーチューブは?武漢で音信不通の理由はコロナウイルス感染?

 

 

今回は、「陳秋實(ちんしゅうじつ)の顔画像!Facebook,Twitter,ユーチューブは?武漢で音信不通の理由はコロナウイルス感染?」という事で書いてまいりたいと思います。

 

コロナウイルスの感染拡大が話題になっている中国武漢に単身で乗り込み、取材をしていた市民ジャーナリストの陳秋實(ちんしゅうじつ)さんが音信不通となっている様です。

 

陳秋實さんの顔画像、Facebook,Twitter,ユーチューブなどなどのアカウントを調べてまいりたいと思います。また、武漢で音信不通となってしまった理由は、コロナウイルスに感染してしまったのでしょうか?

 


 

陳秋實(ちんしゅうじつ)が武漢で音信不通のニュース

 

市民ジャーナリストの陳秋實さんが武漢で音信不通となってしまったニュースがこちらになります。

 

新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広まっている問題で、中国・武漢市に単身で乗り込み取材を続けていた市民ジャーナリスト・陳秋實(ちん・しゅうじつ)さんの連絡が途絶えている。

陳さんは入院患者らが収容されている医療施設の様子などを動画に収め、YouTubeやTwitterで発信していた。友人らによると、検査の名目で隔離された可能性もある。

陳秋實さんが武漢に入ったのは1月24日。以前は弁護士を名乗っていたが、動画内では「市民ジャーナリスト」を名乗り、武漢の感染拡大が収まるまで現場に留まり、現状をレポートするとしていた。

また自身が感染するリスクについて「その時は自分の命です。たとえ病死しようとも武漢を離れません」と語っていた。

陳さんはその後、相次いで動画を投稿。現地の病院を取材し、治療を待つ人でごった返す様子などを伝え「少なくとも2人分の死体が廊下から見られた」などと証言していた。

1月末ごろに投稿した動画では、病院内部や医師らへ直接取材ができないことを嘆いたほか「元が小さなケーキでは分けようがない」などと検査体制の不足を訴えていた。また、自身が呼吸しにくくなっていることに触れ、涙ながらに「死ぬのは怖くない。共産党を恐れてなるものか」と叫んでいた。

そのほかにも、関係者が多く感染した海鮮市場や、感染者を収容するため急ピッチで進む病院建設の現場などを訪れていた。

 


 

陳秋實ユーチューブアカウントは?

 

陳秋實さんは1月24日に武漢入りし、医療施設の様子などを動画に収め、ユーチューブやツイッターなどで情報発信していたという事です。

 

ユーチューブアカウントは特定されているのでしょうか?調べてみたところ、陳秋實さんのユーチューブアカウントを発見できました。

 

こちらになります。

 

 

この動画が、コロナウイルス患者を扱っている武漢の病院で取材した際のものと思われます。

 


 

陳秋實のTwitterアカウントは?

 

陳秋實さんはツイッターでも情報発信をしていたという事ですが、アカウントは特定されているのでしょうか?

 

調査してみたところ、陳秋實さんのTwitterアカウントも発見することが出来ました。

 

 

こちらが陳秋實さんのTwitterアカウントと思われますが、行方不明になった後もリツイートされているのはどういう事なんでしょうね。

 

陳秋實のFacebookは?

 

陳秋實さんのFacebookですが、検索してみたところ同姓同名のアカウントが発見されました。本人のものと思われるアカウントは発見できませんでした。

 

Facebookはアカウントを持っていないのかもしれません。

 


 

陳秋實が武漢で行方不明の理由はコロナウイルス感染?

 

陳秋實が武漢で行方不明の理由はコロナウイルス感染が原因なのでしょうか?報道では次のように語られています。

 

陳さんが支援者らと連絡が取れなくなったのは2月6日。支援者は陳さんのTwitterアカウントを通じて情報提供を呼びかけていた。

その後、陳さんの友人で、格闘家の徐暁冬(じょ・ぎょうとう)さんは陳さんの両親から得た情報として「多くの病院を訪れ、感染の危険があるため強制的に隔離された。携帯は没収された可能性がある」と説明している。この時、陳さんは発熱していなかったという。

徐さんは、陳さんは14日間の隔離ののち、感染が認められなければ解放されるはずだとし「14日で解放されなければ事態を重く見る必要がある」としている。

陳さんは北京で弁護士活動をしていた2019年8月、香港デモの現場を訪れ、今回と同様に動画で現地をリポートしていた。しかしその際も所属事務所などに当局から圧力がかかり、急遽北京へ戻ったところ一時行方不明になっていた。

 

という事です。

 

陳秋實さんが武漢で音信不通になったのは、2月6日であり、この記事の投稿時点で音信不通になって4日です。

 

その理由として、報道では感染を疑われ強制的に検査、隔離されているのではないかという事です。コロナウイルスの潜伏期間として14日がたてば解放されるだろうとの事です。

 

もしも14日経っても解放されなければ、コロナウイルスに感染したか、それ以外の思わしくない事態に陥ったという事でしょう。

 

 

 

という様に、陳秋實さんのお母さんも心配している様です。

 


 

陳秋實の顔画像にプロフィールは?

 

 

名前:陳秋實(陈秋实)(ちんしゅうじつ)

生年月日:1985年9月

年齢:34歳(2020年2月現在)

職業:市民ジャーナリスト 弁護士

 

陳秋實さんの経歴に関しては明らかになりませんでしたが、中国ではもしかしたら市民活動家としてそこそこ有名なかただったのかもしれませんね。

 

陳秋實が中国共産党に拉致の可能性は?

 

報道では、陳秋實さんが音信不通の原因は、コロナウイルス感染を疑われ強制隔離されているからだろうとの事でした。

 

しかし、本当にそうでしょうか?もしも隔離するだけだとしたらなぜスマホまで取り上げて家族とすら連絡が取れない状態にされなければならないのでしょうか?

 

コロナウイルスには政府などが絡んだきな臭い噂があり、その噂の信ぴょう性として、コロナウイルスの危険性をいち早く発信した医師が不審死をとげたりもしています。

 

詳しくは下記記事を参照ください→

 

李文亮(りぶんりょう)の死因は暗殺で消された?新型コロナウイルスは生物兵器で人為的?

 

それは、政府機関がコロナウイルスに関して大衆に隠蔽している情報があるからであり、李文亮(りぶんりょう)さんの死因はコロナウイルス感染ではなく、政府に消されたと言った噂も出ています。

 

それらを鑑みると、陳秋實さんの音信不通の原因理由も、陳秋實さんがコロナウイルスの何らかの秘密を知ってしまったからとは考えられないでしょうか。

 

あくまで可能性についての言及ですので、ご留意ください。では、コロナウイルスの情報公開されていない秘密とは何なのか?

 

以下の様な発信をしている方もいますので、参考までに→

 

 

 


 

陳秋實が武漢で音信不通でネットの声

 

真実を発信されると困るから拘束されたが正しいんじゃないかな。

 

中国政府にとって、今回のウイルス禍は『反共分子粛清』の
免罪符になり得る。
香港民主化活動家も含め、多くの方が『新型肺炎で絶命』されるのだろう。
天安門事件同様、海外の反応も見て見ぬ振りになるのだろう。
人間の恐ろしさは底なしだと、改めて嫌な気分になる。

 

拘束されて病院?
独房?
それで先は変わるよね。
でもどっちも今では独房と同じか…。中国は本当に怖い国だ。

 

おそらく、感染拡大初期に情報発信して拘束された34歳の医師のような末路を辿るのでは?

政府に不都合な真実を発信する者が次々と消されても、WHOの事務局長が絶賛するスバラシイ中華人民共和国。

 

NHKで見たフリージャーナリストの人かな?大丈夫なのかと思ってたけど、中国の為の正義感なのに、国に潰される。

 

やはり生物兵器という噂は本当なのか

 


 

まとめ

 

今回は、「陳秋實(ちんしゅうじつ)の顔画像!Facebook,Twitter,ユーチューブは?武漢で音信不通の理由はコロナウイルス感染?」という事で書いてまいりました。

 

ありがとうございました。


-気になる人物, 気になる話題

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.