コビッド(COVID)19

コビッド(COVID)19の予防接種ワクチンは18カ月後?予防方法や対策はマスクやアルコール消毒?

 

 

今回は、「コビッド(COVID)19の予防接種ワクチンは18カ月後?予防方法や対策はマスクやアルコール消毒?」という事で書いてまいりたいと思います。

 

新型肺炎がコビッド(COVID)19と命名される事が発表されました。それと同時に、WHOは予防接種ワクチン開発に18カ月かかる見通しとの見解を示しています。

 

あまりにも遅すぎで、予防接種ワクチンが開発される事には、感染者数はどれだけの数に上っているのでしょうか。コビッド(COVID)19の予防方法や対策として、マスクやアルコール消毒について有効性も調べていきたいと思います。

 


 

コビッド(COVID)19の予防接種ワクチン開発に18カ月

 

コビッド(COVID)19の予防接種ワクチン開発に18カ月を要すると言ったニュースがこちらになります。

 

【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は11日、スイス・ジュネーブで開いた記者会見で、新型コロナウイルスへのワクチン開発に18か月を要するとの見通しを示し、「利用可能な武器をすべて用いて、やれることをやらなければいけない」と語った。

また、テドロス氏は新型コロナウイルスが引き起こす疾病を「COVID―19」と名付けたと発表した。Coronavirusから「COVI」、Disease(疾病)から「D」をそれぞれとり、発生年である2019年の「19」をつけた。

WHOは11日から2日間の日程で、世界各国・地域の研究者ら約400人が新型ウイルスのワクチン開発や治療法を話し合う会合を開催している。

 

という事です。

 


 

コビッド(COVID)19の予防接種ワクチン開発に18カ月で遅すぎ

 

WHOは11日から2日間の日程で、世界各国・地域の研究者ら約400人が新型ウイルスのワクチン開発や治療法を話し合う会合を開催しているとの事ですが、感染拡大のスピードを見るとあまりにも遅すぎます。

 

厚生労働省によると、国内で確認された感染者は11日までに160人を超えているという事です。その中で、複数人の重傷者が出ているという事です。

 

コビッド(COVID)19が日本に入ってきて一か月そこそこで、ここまでのスピードで感染拡大されているので、とてもワクチン開発まで待ってはられないでしょう。

 

自分たちでできる限りのことをして、コビッド(COVID)19感染を予防していく必要があるでしょう。

 


 

コビッド(COVID)19の予防方法や対策にマスクは有効?

 

コビッド(COVID)19の予防方法や対策にマスクは有効なのでしょうか?日本では、コビッド(COVID)19の感染拡大を巡って、マスクが売り切れるなどの事態に陥っています。

 

ネットでは転売屋がマスクを売りさばき、値段があり得ないほど高騰しています。しかしながら、コビッド(COVID)19の予防方法や対策として、マスクの効果にも様々な意見が出ています。

 

まず、コビッド(COVID)19に感染している人がマスクをつけるのは当然の事と言っていいでしょう。それだけで、自分がウイルスをまき散らすのを防ぐことが出来ます。

 

では、感染予防の対策としてもマスク着用は効果があるのでしょうか?専門機関でも意見が分かれている様です。

 

首相官邸HP

「予防用にマスクを着用することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物などの換気が不十分な場所では1つの予防策と考えられます」としています。
ただ、同時に「相当混雑していない限り、効果はあまり認められていません」と注釈を付けて説明していました。

 

WHO(世界保健機関)のHP

Q&Aの中で、「予防のためにマスクを着用すべきですか?」という項目を設けています。
この中では、マスクだけでは感染を防げる保証は無いとして、貴重な資源をむだにせず、また間違った使い方をしないためにも、症状のある人だけがマスクをするよう呼びかけています。
また、同じ場所にリンクがつけられている「マスク使用のアドバイス」には、マスクで予防できるという科学的根拠は無いため、症状が無い場合はマスクは必要ないと書かれています。
ただ、新型コロナウイルスの患者の看病などをする場合はマスクをつけるべきだとしています。

 

CDC(アメリカ疾病対策センター)

インフルエンザが大流行した際の備えについて用意されたガイドラインを、新型コロナウイルスが大流行した際にも有効だとして紹介しています。
その中では、特別な状況にないかぎり、感染を避けるという目的で症状のない人がマスクを着用することは推奨しないとしています。
一方で、人混みを避けられない場合や、妊婦や高齢者など発症するとリスクが大きい人や、家族などでそうした人と接触する場合は、マスクを使用してもいいとしています。

 

という事で、実際のところ、専門機関においても意見は分かれているのみでなく、健康な人が感染予防でマスクを着用する事は推奨していません。

 

その理由として、確かな感染予防の効果があるか名言出来ないとともに、貴重な資源を無駄に消費するのは好ましくないとの意見です。

 

じゃあ実際のところどうなんだ?と誰もが思うでしょう。そこで、専門家の言葉を紹介すると、次のように語られています。

 

手元にマスクが無いならば、あまり気にせず、手洗いや睡眠をしっかりとって体調を整えておくなどの対策に力を入れるのがいいと考えられます。
ただ、感染のリスクを下げるべき人たち、つまり持病があったり、高齢であったり、またウイルスに感染しやすくなっている妊婦であったり、感染症のハイリスクとされる人たちは、マスクをつけるほうがいいでしょう。
現在、マスクが品薄と報じられていますが、正しくつけられていないマスクは感染予防の意味がありません。
マスクを必要とするハイリスクの人たちに、どうすればマスクを届けられるのか、一緒に考えていければと感じました。

 

という事で、健康な方であればマスクをするよりも睡眠や食事など健康に留意し、手洗いうがいをしっかりした方が有効的の様です。

 

しかし、持病がある方、高齢者の方、妊婦の方など、コビッド(COVID)19の感染のリスクが高い方は、マスクは着用した方が良いという事です。

 


 

コビッド(COVID)19の予防方法や対策にアルコール消毒は効果的?

 

では、コビッド(COVID)19の予防方法や対策にアルコール消毒は効果的なのでしょうか?

 

「新型コロナウイルスの感染予防にアルコール消毒は効果がない」とする誤った情報がツイッター上で拡散しているとして、厚生労働省は6日、同省公式ツイッターに「これは誤った情報です。手洗い、うがいなどと並んで『アルコール消毒』を行っていただくよう、お願いします」などと投稿し、国民に注意を呼びかけた。

 

ウイルスはその構造からエンベロープ(脂質性の膜)のあるウイルス(エンベロープウイルス)と、エンベロープのないウイルス(ノンエンベロープウイルス)に分けられる。
エンベロープウイルスは、アルコール消毒剤によりダメージを受けやすい。

インフルエンザウイルス、コロナウイルス、ヘルペスウイルス、風疹ウイルス、エイズウイルスなど。

 

という事で、コビッド(COVID)19のウイルスはコロナウイルスですので、アルコールによるダメージは確実にあるという事です。

 


 

コビッド(COVID)19は生物兵器で人為的バイオテロ?

 

コビッド(COVID)19は生物兵器で人為的バイオテロではないかとの見解もあります。以下の動画を参照ください→

 

 

 

 

ワクチンは全く効果がないだけでなく、人体にこれ以上ないほどの有害なものというのは有名な話です。

 

ですので、政府や世界を牛耳っている勢力は、意図的にウイルスを拡散し、その予防という名目でワクチンを人類に打つことで二段構えで人口を削減しようとしていると言った意見も存在します。

 

世界の闇は99%の一般人が想像だにしないほど深く恐ろしい様です。

 


 

まとめ

 

今回は、「コビッド(COVID)19の予防接種ワクチンは18カ月後?予防方法や対策はマスクやアルコール消毒?」という事で書いてまいりました。

 

ありがとうございました。


-コビッド(COVID)19

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.