気になる人物

竹原稔社長の経歴に在日?妻や息子は誰で車椅子の理由は病気の噂?

 

 

今回は、「竹原稔社長の経歴に在日?妻や息子は誰で車椅子の理由は病気の噂?」という事で、サガン鳥栖の社長である竹原稔社長を紹介してまいりたいと思います。

 

竹原稔社長の経歴

竹原稔社長は在日?

竹原稔社長の妻や子供は誰?

竹原稔社長が車椅子の理由は病気の噂?

 

などなどまとめて参りたいと思います。

 


 

竹原稔社長の経歴

 

竹原稔さんが社長をつとめるサガン鳥栖が資金難によるチーム存続危機に立たされていた事が取りざたされ、世間の注目を集めています。

 

鳥栖が資金難に陥ったのは、昨季からだった。ここ数年業績が悪く、昨年7月にJリーグが公開した18年度のクラブ決算ではJ1クラブ最多の5億8100万円の赤字。果敢な投資の一方で資金繰りに苦しみ、佐賀県などで薬局を経営する会社の経営者でもある竹原稔社長(59)が私財を投じて経営を維持してきた。その額は30億円を超えるともいわれる。当初は、今年初夏までは経営できるとの見通しでその間、新規のスポンサー探しに全力を注いだ。しかし、昨季前に背中スポンサーのcygames(サイゲームス)が離れ、今季直前に胸スポンサーのDHCが契約延長しないなど主力協賛会社が離れた。

 

という事で、竹原稔社長が30臆円もの私財を投入して経営を存族してきたという事です。また、竹原稔社長は、佐賀市の副市長の畑瀬信芳氏との癒着問題なども取りざたされた事がありました。

 

そんな竹原稔社長はどの様な経歴の持ち主なのでしょうか。プルフィールが以下になります。

 

名前:竹原稔(たけはらみのる)

生年月日:1960年12月29日

年齢:60歳(2020年現在)

出身地:兵庫県伊丹市

出身校:北陽高等学校

尊敬する人:田中角栄

 

竹原稔社長は、1960年兵庫県伊丹市のお生まれで、2020年現在ちょうど60歳になられます。出身高校は、大阪北陽高校でサッカー部でインターハイを制された経歴をお持ちです。

 

大学についてはどうやら中退をされている様で、学歴は高卒となります。竹原稔社長が尊敬する人物は田中角栄氏という事で、田中角栄氏も高卒で総理大臣に上り詰めた人物でした。

 

竹原稔社長は24歳の時に佐賀県に移り住まれています。そして、36歳の年に株式会社ナチュラルライフを設立されます。

 

その後、株式会社サガンドリームスの非常勤取締を経て、2011年5月に現在の代表取締役社長に就任されました。

 

その後は目を見張る様な経営手腕がたびたび注目される事となります。竹原稔社長が就任されてから6年で営業収益は5倍にも膨れ上がります。

 


 

竹原稔社長は在日?

 

竹原稔社長には在日の噂があるようです。グーグルのサジェストワードで竹原稔社長の名前を検索すると、関連ワードに「在日」と出てきます。

 

これは、竹原稔社長の在日の噂を検証すべく多数の人がその様なワードで検索をかけている事を意味します。

 

しかし、調べてみたところ竹原稔社長が在日である証拠を見つける事は出来ませんでした。あくまで噂の域は超えません。

 

引き続き調査してまいりたいと思いますが、どなたかご存知の方はコメント欄より情報提供いただけますとありがたいです。

 


 

竹原稔社長の妻や子供は誰?

 

竹原稔社長は結婚して妻や子供はいるのでしょうか?竹原稔社長は結婚されて妻も子供もおられます。残念ながら、妻と長男の顔写真を見つける事は出来ませんでした。

 

しかし、竹原稔社長には最低でも男兄弟の2人の息子がおられ、次男の竹原哲平さんは佐賀のスポーツクラブの社長をされています。

 

 

 

Facebookは2017年から更新されていませんが、父親に似てかなりのイケメンですね。

 


 

竹原稔社長が車椅子の理由は病気の噂?

 

竹原稔社長を調べると、「車椅子」というワードが出てきます。どうやら、一時期車椅子に乗られていた様です。

 

その事実を突き止めるべくネット上を調べてみましたが、竹原稔社長が車椅子に乗っている写真やどの様な理由で車椅子に乗られていたかなどなどを突き止める事は出来ませんでした。

 

ちなみに社長は車いすから松葉杖となっていました

 

2019年の2月のネット上の掲示板を調べてみると上記の情報を見つけましたので、少なくとも2019年の2月までは車椅子に乗られていたものと思われます。

 

そしてその後は松葉づえだったとの事で、何らかの怪我か何かで骨折でもされていたのでしょうか。

 

※その後の調べで、竹原稔社長は腓骨(ひこつ)骨折と靱帯(じんたい)断裂で全治3カ月の大怪我をされていた事が分かりました。

 

J1サガン鳥栖が11日、佐賀県の鳥栖市北部グラウンドで今季初練習を行い、元U-22(22歳以下)日本代表DF原輝綺(21)は別メニューで軽めのランニングなどにとどめた。昨年11月のアウェー名古屋戦で右足首を負傷したが、腓骨(ひこつ)骨折と靱帯(じんたい)断裂で全治3カ月の大けがだったことが判明。原は2月22日の開幕戦、アウェー川崎戦には間に合わない見通しを示す一方で、今夏の東京五輪出場への変わらぬ思いを口にした。

負傷後、姿を見せないまま昨季を終えた原は「約3週間入院し、足首にプレートを埋め込む手術を行った」と明かした。軽めにしか走れず、1月17日からの沖縄キャンプも別メニューになるもよう。「まだ時間はかかる。(3月上旬の)開幕3節目ぐらいからいければ」と険しい表情で語った。

年代別代表の常連ながら、東京五輪が控える中での負傷。当初は焦りもあったが「いろいろ考えてもしようがない」と吹っ切れた。3月27日には京都府亀岡市、同30日にはベスト電器スタジアム(福岡市)でU-23(23歳以下)日本代表の国際親善試合が控える。「そこに間に合えば。鳥栖にとっても自分にとっても勝負の年。五輪までに元のコンディションに戻るかと言われたら自信はないけど、やるしかない」と全力でリハビリに取り組み、復活を遂げるつもりだ。

 


 

まとめ

 

今回は、「竹原稔社長の経歴に在日?妻や息子は誰で車椅子の理由は病気の噂?」という事で、サガン鳥栖の社長である竹原稔社長を紹介してまいりました。

 

ありがとうございました。


-気になる人物

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.