スポーツ

カレンモエの可愛い写真画像&動画まとめ!血統やデビュー戦も

 

 

今回は、「カレンモエの可愛い写真画像&動画まとめ!血統やデビュー戦も」と題しまして、馬のカレンモエについて書いていきたいと思います。

 

カレンモエが順調に勝ちを重ねていますが、カレンモエ可愛いとの声も多いですよね。そこで、特に可愛い写真画像や動画を紹介していきたいと思います。

 

また、カレンモエは血統もサラブレッドと言われていますので、その辺の血統の紹介やデビュー戦についても触れていきたいと思います。

 

 

カレンモエの可愛い写真画像&動画まとめ

 

 

 

カレンモエのプロフィール

 

生年月日: 2016年02月03日 (牝3歳)

毛色: 芦毛

調教師 :安田 隆行(栗東)

馬主:鈴木 隆司

生産者/産地:社台ファーム/千歳市

中央獲得賞金:780万0000円

主な勝鞍:19'サラ3歳新馬

兄弟馬:カレンヒメ カレンスレイ

系統:Mr. Prospector系

参考:https://www.keibalab.jp/db/horse/2016104989/

 

カレンモエの血統は?

 

カレンモエは、その血統もサラブレッドとの呼び声高いですが、その両親馬はなんとカレンチャンとロードカナロアなんです。

 

カレンチャンとロードカナロアは、同じ厩舎で馬房も隣同士、GIにも一緒に出走して凌ぎを削ったこともあります。

 

そんな二頭を両親馬として持っているんですから、それは騒がれて当然ですね。カレンチャンに関しても可愛いとの呼び声高いですので、カレンチャンはビジュアルに関しても両親馬の血統を受け継いでるんですね。

 

 

カレンチャンプロフィール

 

https://db.netkeiba.com/horse/2007102807

生年月日 2007年3月31日

調教師 安田隆行 (栗東)

馬主 鈴木隆司鈴木隆司

生産者 社台ファーム

産地 千歳市

セリ取引価格 2,625万円 (2007年 セレクトセール)

獲得賞金 4億4,906万円 (中央)

通算成績 18戦9勝 [9-3-1-5]

主な勝鞍 11'スプリンターズS(G1)

近親馬 スプリングソング、カレンカカ

https://db.netkeiba.com/horse/2007102807

 

ロードカナロアプロフィール

 

https://db.netkeiba.com/horse/2008103552/

生年月日 2008年3月11日

調教師 安田隆行 (栗東)

馬主 ロードホースクラブロードホースクラブ

募集情報 1口:5.25万円/500口

生産者 ケイアイファーム

産地 新ひだか町

セリ取引価格 - 獲得賞金 6億6,995万円 (中央)

通算成績 19戦13勝 [13-5-1-0]

主な勝鞍 13'安田記念(G1)

近親馬 ロードバリオス、ロードガルーダ

https://db.netkeiba.com/horse/2008103552/

 

カレンモエのデビュー戦は?

 

カレンモエは2019年の2月にデビューを飾っています。デビュー戦から見事完勝。その可憐な勝ちっぷりに記事になって紹介されていますので、そちらを紹介したいと思います。

 

安田隆行調教師のインタビューで答えられている内容を見ればわかりますが、

 

カレンモエは先週、見事デビュー勝ちを飾りました!しかも、直線で抜け出てからの内容が実に力強かった!この勝利にドキドキしたファンの方々はたくさんいらっしゃったのではないでしょうか?わたしもそのうちのひとりとして、ワクワクドキドキしながらその勝利を見守らせていただきました。ホントに良かった!

今週、安田隆行師に「おめでとうございます!」と声をかけたところ、開口一番「信じられない」としながらも、喜びを隠しきれない様子でした。

「二の脚は速いのですがまだまだ馬も緩いですし、4コーナーあたりでは諦めかけていました。それでも直線を向いたらサメ(鮫島駿騎手)が肩ムチ一発入れただけででしっかり抜け出してくれました。頑張ってくれましたね。強かった!嬉しい!!」

競走馬にとって、まずひとつ勝つということに大きな意味があります。ひとつ勝てば自分の定める目標に向けて調整を進めればいい。クラシックを目指すならこの春に照準を合わせるし、そうでないならその道をいくことになるのです。そして、カレンモエは彼女らしい飛躍のために桜花賞等のクラシックではない道を選び進むことになりそうです。

「全体にまだまだ緩さもあるし、まだ力もないし。1回放牧に出してリセットして、たくましくなったら連れて帰ってきます」

放牧先はグリーンウッド。すでに昨日12日にトレセンを退厩しています。

帰厩のタイミングは「未定」としながらも「暖かくなった4月ごろかな」と指揮官は思案していました。

「オーナーとも相談して桜花賞を目指すのはやめよう、と。馬の成長に合わせていこうということになりました。お母さん(カレンチャン)もこの時期はそういうところがありましたからね。お母さんと一緒でゆっくりいきます」

お父さんもお母さんもこうやって大事に待つべきときにしっかり待って、その後に大きく花が開きました。予備知識のない馬ならクラシック断念を残念に思ってしまいますが、カレンモエの場合は両親と同じ道を歩んで行くのだ、と思うとワクワクしてしまいます。そして、そんな気持ちになっているのは私だけではないはずです。

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=150935

 

まとめ

 

今回は、「カレンモエの可愛い写真画像&動画まとめ!血統やデビュー戦も」と題しまして、馬のカレンモエについて書いていきました。

 

今後のカレンモエの活躍に期待したいと思います。

 

 


-スポーツ

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.