お笑い芸人 テレビ

いとうあさこは24時間テレビのマラソンを完走出来るか?いとうあさこの運動神経を徹底検証!

 

今回は、「いとうあさこは24時間テレビのマラソンを完走出来るか?いとうあさこの運動神経を徹底検証!」という事でいとうあさこさんについて書いていきたいと思います。

 

2019年の24時間テレビでのマラソンランナーが発表されました。そして、そのうちの一人がいとうあさこさんであることが分かりました。

 

いとうあさこさんと言えば、バラエティでお馴染みの女芸人として有名ですが、果たしてマラソンを走りきる事が出来るでしょうか運動神経を検証していきたいと思います。

 

もっとも、今回は4人で走ることになっていて、いとうあさこさん以外のメンバーとしては、ガンバレルーヤのよしこさんが決定しています。

 

 

いとうあさこさん24時間テレビのマラソンランナーに決定のニュース

 

2019年の24時間テレビでのマラソンランナーとしていとうあさこさんが4人のうちの1人を担当することが分かりました。

 

日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜、後7・58)が14日、放送され、いとうあさこ(49)と、ガンバレルーヤのよしこ(28)が今年の「24時間テレビ」(8月24、25日)のマラソンランナーを務めることが発表された。

内村光良がマラソンプレゼンターとして2人に告知。いとうに「あなたがランナーの1人に選ばれました」と告げた。

今年は4人で42・195キロを走るという。あとの2人は「順次発表」とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00000121-dal-ent

 

という事で、いとうあさこさんとガンバレルーヤのよしこさんが、24時間テレビのマラソンランナーの2人であることがわかりました。

 

しかし、残りの2名が順次発表との事で、一体誰になるのか気になります。

 

いとうあさこは24時間テレビのマラソンを完走出来るか?

 

所で、いとうあさこさんはマラソンを完走出来るでしょうか?最も、4人で走ることになりますが、いとうあさこさんがどんな走りを見せてくれるでしょうか?

 

そこで、いとうあさこさんの運動神経を検証していきたいと思います。

 

いとうあさこの運動神経を徹底検証

 

それでは、いとうあさこさんの運動神経を徹底検証していきたいと思います。いとうあさこさんお世辞にもあまりスタイルがいいとは言えません。

 

公式プロフィールでは体重は63キロとの事ですが、本当でしょうか?と疑ってしまいます。実際は70キロくらいに見えてしまいます。

 

しかし、見た目とは裏腹に、いとうあさこさんは実は運動神経抜群と言われています。バラエティ番組でも、その運動神経の高さを髣髴とさせてくれる様な場面が見られます。

 

それもそのはず、実はいとうあさこさんは学生時代陸上同好会に所属しています。さらに、いとうあさこさんは、2000年の頃電波少年というテレビ番組で、「15少女漂流記」という企画に参加しています。

 

どの様な企画だったかというと、電波少年のWIKIより引用させて頂きたいと思います。

 

15人が強制参加。2000年から2001年にかけての大晦日・年越し特番『いけ年こい年世紀越えスペシャル』で、久保田利伸が作詞作曲を手がけた『Vibe,Survive』の振り付けを間違えて踊ってしまったため、とある無人島(無人島脱出で使われた由利島で探検中にRまにあが生活していた痕跡を見つけひどく気味悪がっていた。)に島流しされた。

同グループのメンバー全員を同様に無人島に連れていって『サバイバー』のようなことをやろうという企画。

この企画ではスタッフはおらず、参加者の15人が取材カメラなどを担当した。いかだを作って無人島からの脱出を目指す。次々に脱落者を出し、最終的に島を脱出したのは8人であった(なお脱落した7人の内、1人は開始早々に火傷を負ってしまった為にドクターストップをかけられた。他の6人は企画内容や人間関係に嫌気がさしたことによるリタイヤ)。のちにその8人はグループ名を『8/15』(エイト・パー・フィフティーン)としてあらためて『Vibe,Survive』を披露し、シングルをリリースした。

WIKI

 

この様な企画に参加できるくらいなので、いとうあさこさんは運動神経が良いというよりも、体力はかなりあると言っていいでしょう。

 

さらに、いとうあさこさんは最終メンバーに見事入っています。その時の貴重な映像がありますので、紹介しておきます。

 

 

また、いとうあさこさんは、社交ダンスの腕がいい事でもしれれています。それは、「ヒルナンデス」の人気規格である、「社交ダンス踊るンデス」という企画に参加した時の事です。

 

この企画は2013年から始まった企画ですが、オリエンタルラジオの中田さんとペアを組み、なんと大会で優勝しています。

 

その時いとうあさこさんは社交ダンス未経験。にもかかわらず、優勝できるという事は、センスがある事ももちろんですが、運動神経も相当に良いと言えるでしょう。

 

社交ダンスではないですが、いとうあさこさんがダンスを披露している動画がありますので、紹介したいと思います。

 

 

これらの事から、いとうあさこさんは運動神経はかなり良いと言えるのではないでしょうか。24時間テレビのマラソンでも素晴らしい走りを見せてくれる事でしょう。

 

 

いとうあさこさん本人が24時間テレビのマラソンランナーとして選ばれた感想を述べていますので、引用しておきたいと思います。

 

 お笑いタレント・いとうあさこ(49)が、8月24、25日に放送される日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ42 愛は地球を救う」のチャリティーマラソンランナーを務めることが14日放送の日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜・後7時58分)で発表された。

 いとうは「『24時間チャリティーランナーの“一人”に選ばれました』って内村さんから言われた時、何を言っているのかまったく意味が分からなかった(笑)。

未知のことすぎて『怖い』でも、『がんばろう』でもなく、ただただ「?」だった。でも、『もう一人発表します』って言われて、よしこ(ガンバレルーヤ)の顔を見た瞬間に、本当に理由が分かんないんですけど、涙が止まらなくなって。

そこで『あ、ホントに走るんだ』っていう実感と『よしこがいるから頑張ろう』という気持ちがわいてきて。そこで改めて内村さんから『やりますか?やりませんか?』と聞かれて、ようやくちゃんと『やります』と言えました。

やりますか?やりませんか?なんて、『電波少年のやり口だな。それで無人島行ったな』って思い出しましたけど(笑)。元々運動は好きなんですけど、短気なんで同じことをずっとやるのが嫌で。だから走ることに関しては完全に短距離走派だったんです。

だから、このあいだ練習で7キロ走ったのが、人生で最長距離じゃないですか(笑)。練習後にスタッフさんに『痛い箇所があったら、指さしてください』って言われたんですけど、両手じゃ足りなかったです(笑)。

(本番に向けて)今は、プレッシャーともワクワクとも違う気持ちです。ただ一緒に走る4人のつながりがパワーをくれている。その心強さをとても感じていますね」とコメント。

今年は史上初の駅伝形式の「24時間駅伝」となり、4人がフルマラソンでたすきをつなぐ。今回はいとうあさこと「ガンバレルーヤ」のよしこ(28)の2人が発表された。

https://hochi.news/articles/20190714-OHT1T50203.html

 

いとうあさこさん本人が自分はどちらかというと短距離向きと言っていますが、いとうあさこさんならきっと、24時間テレビのマラソンランナーとして素晴らしい走りを見せてくれるのではないでしょうか?

 

いとうあさこさん24時間テレビのマラソンランナー発表を受けてのネットの声

 

 

まとめ

 

今回は、「いとうあさこは24時間テレビのマラソンを完走出来るか?いとうあさこの運動神経を徹底検証!」という事でいとうあさこさんについて書いていきました。

 

いとうあさこさんなら24時間テレビのマラソンを完走出来るでしょう。さらに、素晴らしい走りを見せてくれることと思います。

 


-お笑い芸人, テレビ

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.