未分類

ヤマカン炎上の理由は何?京アニ放火犯人扱い!新海監督にちょっと黙っといて発言

 

今回は、「ヤマカン炎上の理由は何?京アニ放火犯人扱い!新海監督にちょっと黙っといて発言」という事で書いていきたいと思います。

 

京アニ放火の事件を受けて、ヤマカンこと山本寛監督が犯人扱いされていた様です。そのことにアリバイ証明し、なぜか新海監督にも噛みついている事から炎上したようです。

 

 

京アニ放火を受けてヤマカンが犯人扱い

 

まず、京アニ放火の事件が発生するとなぜかツイッターでヤマカンが放火犯人なのではないかというツイートが増加。

 

なぜヤマカンが京アニ放火の犯人扱いされたかというと、京アニに関りが深くていつも炎上しているから。

 

ヤマカンが京アニ放火の犯人なのではないかと疑われてしまった訳です。

 

犯人扱いされたヤマカンがアリバイ証明

 

京アニ放火の犯人扱いされたヤマカンは自身のツイッターで、東京にいるとアリバイ証明。

 

 

ヤマカン犯人扱いで即アリバイ証明しているのでまたツイッターで話題に。

 

 

なぜか新海監督のツイートに噛みつくヤマカン

 

その後、なぜか新海監督のツイートに対し「黙っといて」とかみついています。その理由はよくわかりませんが、これがまた炎上を引き起こす事態に。

 

 

このヤマカンのちょっと黙っといて発言が引き金で炎上してしまうのでした。

 

 

ちょっと黙っといてと返されていますwこれが炎上を引き起こす事態となるのでした。

 

まとめると、京アニ放火の事件を受けて、まず京アニに関りが深くいつも炎上を引き起こしているヤマカンが犯人扱いされます。

 

その犯人扱いに対し秒速でアリバイ証明し、話題になりました。さらに、なぜか京アニ放火にお悔やみのツイートをした新海監督に「ちょっと黙っといて」とツイート。

 

なぜちょっと黙っといてと新海監督に噛みついたかは不明です。しかし、そのツイートを受けて「ちょっと黙っといて」と多くの方に返されて炎上。

 

この様な流れでした。ちなみに、ヤマカンは京アニ放火の事件を受けてかなり動揺したツイートをしています。

 

その様子がヤフーニュースの記事にも取り上げられていました。

 

 

アニメ制作会社「京都アニメーション」出身のアニメ監督、山本寛氏(44)が、同社での放火騒ぎを受け、「悔しい」と悲痛な思いをつづった。

山本氏は18日、ツイッターを更新。報道に「ちょ…ええ!?」「アカン、ちょっと何考えていいか分からん。落ち着こう」と動揺し、複数の死傷者が出たことに「ただ『チクショウ!』と心の中で連呼するしかない。悔しい」と吐露した。

山本氏は同社で「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズの演出や「らき☆すた」の監督を務めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-07180593-nksports-ent

 

京アニ放火事件

 

18日午前10時半ごろ、京都アニメーション第一工場で火災が発生。通報を受けた消防車が20台ほど出動し鎮火活動にあたりました。

 

消防車20台というところから、放火の規模を物語っているでしょう。火災発生の原因は放火でした。

 

放火したのは40台とみられる男性で、液体(ガソリン)をまいて火を放ったとの事。犯行の動機や詳しいいきさつについてはまだわかっていません。

 

しかし、放火犯の男は「死ね」「パクりやがって」などと叫んでいたとの事。男やけどを負っていたが命に別状はなく、警察に身柄を拘束されたあと病院で治療を受けているとの事。

 

被害状況は7/18(木) 17:22の時点で12人の死亡が確認されているとの事。

 

 

まとめ

 

今回は、「ヤマカン炎上の理由は何?京アニ放火犯人扱い!新海監督にちょっと黙っといて発言」という事で書いていきました。

 

犯人扱いされたヤマカンは不幸ですが、新海監督に噛みついたのは意味が分かりませんね。「ちょっと黙っといてや」発言で、「ちょっと黙っといてや」と、多くの方に返されて炎上してしまうのでした。

 


-未分類

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.