事件

青葉真司の容態はどんな感じ?心肺停止状態で死亡?意識不明の重体?蘇生の可能性はある?犯行動機や理由についても。

 

今回は、「青葉真司の容態はどんな感じ?心肺停止状態で死亡?意識不明?蘇生の可能性はある?犯行動機や理由についても。」という事で書いていきたいと思います。

 

京アニの放火犯人が青葉真司であったことが、19日のニュースにより正式発表されました。まず、青葉真司が現在どのような容態なのか?について書いてきたいと思います。

 

心肺停止状態で死亡してしまったのか?意識不明の重体のままなのか?蘇生の可能性はあるのか?について主に書いていきたいと思います。

 

 

京アニの放火犯人が青葉真司であったことが正式発表

 

19日のニュースで、京アニの放火犯人が青葉真司であったことが正式発表されました。ネットでは、以前より京アニの放火犯人は青葉真司だったのではないか?と憶測が飛び交っていました。

 

ニュースの発表内容がこちらになります。

 

 京都府警は19日、記者会見し、京都市伏見区のアニメスタジオ放火火災で、身柄を確保した男について住所、職業不詳の青葉真司容疑者(41)と発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00000126-kyodonews-soci

 

なぜネットでは、京アニの放火犯人イコール青葉真司と断定できたのか?

 

ネットでは青葉真司が京アニの放火犯人なのではないかとの憶測が飛び交っていた事はすでに書いた通りですが、なぜネットでは青葉真司が京アニの放火犯人だと断定できたのでしょうか?

 

それは、報道で放火犯人が2012年に茨木でコンビニ強盗に入り、逮捕歴があったという報道からでした。

 

そこからネットの一部の人たちが、過去の事件を調べ、犯行場所と年齢の辻褄をつけ、青葉真司が京アニ放火犯なのではないか?との確定に至ったのでした。

 

読売新聞 2012.06.21 強盗容疑で34歳逮捕=茨城

境署は20日、常総市鴻野山、無職青葉真司容疑者(34)を強盗と銃刀法違反の疑いで逮捕した。
発表によると、青葉容疑者は同日午前0時20分頃、坂東市弓田の「ココストア岩井弓田店」で、
カウンターにいた男性店員(50)に包丁を突きつけて脅し、レジから現金2万1000円を奪った疑い。
青葉容疑者は同日午前11時頃、同署に出頭したという。「遊ぶ金が欲しかった。オウムも次々捕まっており、逃げ切れないと思った」などと話しているという。

 

こちらが新聞記事からの転載です。確かに、場所(茨木県)と年齢が一致しています。他に辻褄の取れる事件が2012年に茨木県内で起きていなければ、裏がとれ京アニ放火犯が青葉真司であることになります。

 

また、コンビニ強盗に入った青葉真司と京アニ火災テロで報道されていた犯人の写真が似通っていた事も、断定に売ら付けをもたらしました。

 

 

この様に、京アニ火災テロの犯人が青葉真司である事はネット上でささやかれていつつも、確証がなく正式発表を待つ状態が続いていましたが、青葉真司が京アニ火災テロ犯だったことが満を持して発表された訳です。

 

青葉真司の容態はどんな感じ?心肺停止状態で死亡?意識不明の重体?蘇生の可能性はある?

 

 

では、現在の青葉真司の容態がどんな感じであるか、探っていきたいと思います。青葉真司は逮捕される際、意識があり「パクりやがって」という事をほざいていた事が報道されています。

 

でしたら、さぞかしぴんぴんしている事と思いきや、どうやらそうではないらしいのです。その後の報道で逮捕された青葉真司も怪我を負っており、病院で手当てを受けているとの報道が入っていました。

 

しかし、そののちの報道では、意識不明の重体であることが明らかとなりました。そして、さらにその後の報道では心肺停止状態であるとの報道がありました。

 

果たして、青葉真司の容態はいかなるものなのでしょうか?通常であれば、心肺停止状態とはほぼほぼ蘇生のない死亡状態をさします。

 

しかしながら、ネットの評価では、このままやすやすと死なせるわけにはいかないとの声が多数挙げられていました。

 

その気持ちとは、心肺停止状態から蘇生して生きて犯行動機も理由も全て洗いざらいしゃべり、そののちで極刑を受けろと言った思いからでした。

 

しかしながら、青葉真司が心肺停止状態であるとの報道以降、青葉真司の容態に関する報告は上がっていません。

 

普通のニュースの報道の在り方でしたら、心肺停止状態は死亡状態をさします。ですので、著者の考えではすでに死亡が確認されているのではないかと思います。

 

しかしながら、著者の思いも多くのネットで声を上げていた方々と同じです。このままやすやすと死なせたくはありません。

 

生きて反省したのち極刑をもって償いをしてほしいです。まあ、青葉真司が与えた損害から考えるとれでも足りませんけど。

 

※追記 青葉真司は意識を取り戻したらしい

 

最新の報道で青葉真司がどうやら意識を取り戻したらしいことが明らかになりました。警察の問いかけに対し「電車で来た」「バケツはホームセンターで買った」などと話しているとの事です。

 

報道の様子を見る限り、火傷はおっているものの、命に別状はなさそうです。恐らく心肺停止の報道は誤りだったと思われます。

 

当初青葉真司が心肺停止の状態であるとの報道をうけ、ツイッター上でも物議をかもしていました。

 

 

ですので、報道自体に誤りがあったか、犯人が自力で回復したかのどちらかでしょう。どちらにせよ、犯人が一命をとりとめたことで、みんなもひとまず胸をなでおろしている事でしょう。

 

※7/20追記:青葉真司はやはり重体らしい

 

7/20の報道で、やはり青葉真司は重体らしいことが明らかとなりました。報道が二転三転していて多くの方が混乱していますが、やはり現状では予断を許せない状態の様です。

 

意識不明かどうかは不明ですが、危篤状態なのは確かなようです。しかし、一時期報道されていた心肺停止状態は脱したものと思われます。

 

※7/21追記

 

青葉真司は高度な治療を受けるために、ドクターヘリで京都市内の病院から大阪の病院に移されたとの事。

 

なお、いまだ意識不明で重篤な状態が続いているとの事。警察は逮捕状は出したとの事ですが、逮捕は回復を待ってから行うという方針。

 

青葉真司の犯行動機はなに?

 

※犯行動機は最新の専門家の見立てでは思考奪取の可能性があるとされています。思考奪取とは統合失調症に見られる症状で、本当であれば青葉真司は統合失調症だった可能性が高くなります。

 

こちらの記事を参照ください→

 

>>青葉真司は思考奪取が犯行の理由と動機?思考奪取とは何?わかりやすく簡単に説明

>>青葉真司は統合失調症で精神疾患?刑罰や死刑はどうなる?極刑の可能性あり?

 

では、あれだけの大災害を引き起こした青葉真司の犯行動機とはいかなるものだったのでしょうか?ポイントは、やはり「パクりやがって」の言葉にあるでしょう。

 

さらに、青葉真司は「小説をパクりやがって」と叫んでいた事がその後の報道で明らかになっています。

 

このことから、青葉真司はライトノベル作家で、京アニ大賞に応募していたのではないか?との憶測が上がっていました。

 

まあ、ライトノベル作家と言っても自称なのは間違えないでしょうけど。それで、京アニ大賞に作品を応募したけれども、不合格となった。

 

その後の京アニのアニメを見ていると、自分の作品のアイディアや設定に近いのもがった。それで京アニを逆恨みして今回の犯行に及んだと著者は考えています。

 

過去にコンビニ強盗で逮捕歴があったことからも、青葉真司はまっとうな社会人とは呼べなかったでしょう。

 

一時は前科のもが更生するための施設にいたこともあり、その施設が取材を受けていますが拒否しています。

 

また、ご近所とのトラブルも絶えなかったようです。

 

まとめ

 

今回は、「青葉真司の容態はどんな感じ?心肺停止状態で死亡?意識不明?蘇生の可能性はある?犯行動機や理由についても。」という事で書いていきました。

 

青葉真司の容態に関しましては今の時点では情報が入っていません。しかし、心肺停止状態は通常であれば蘇生不可能の死亡状態を指すので、死亡している可能性が高いものと思われます。

 


-事件

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.