不祥事 政治

平野博文の炎上理由は何?京アニ事件をライター揶揄の問題発言!京都市長と同レベル?

 

今回は、「平野博文の炎上理由は何?京アニ事件をライター揶揄の問題発言!京都市長と同レベル?」という事で書いていきたいと思います。

 

平野博文幹事長が炎上した様ですが、その理由は何かというと、京アニの放火事件をライターで揶揄したそうなのです。

 

まさに京都市長を同じレベルで不謹慎だと炎上した訳ですが、詳しく見ていきたいと思います。

 

京都市長の不謹慎発言での炎上はこちらの記事をご覧ください→

 

>>門川大作(京都市長)の家族に経歴に出身校にプロフィール!京アニ火災の不適切発言で批判殺到!不祥事極まる!

 

 

平野博文幹事長の京アニ事件のライター揶揄の問題発言とは

 

平野博文幹事長の炎上理由である、京アニ事件のライター揶揄発言とはどんなものだったのでしょうか?

 

報道内容を引用したいと思います。

 

国民民主党の平野博文幹事長が19日、滋賀県栗東市で開かれた参院選候補者の個人演説会で、34人の死者を出した「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の火災に触れ、ライターを聴衆に示し「皆さんの心を燃やしたい、という思いで買ってきたが、これを燃やしたら京都みたいになったら困るので、今日は使わない」と発言した。

候補者の応援弁士を務めた平野氏は、火災について「大変な人災。改めてお見舞いを申し上げたい」と述べた後、上着のポケットからライターを取り出して発言。会場の一部から笑いとどよめきが起こった。火災を揶揄[やゆ]したとも受け取れ、物議を醸しそうだ。

演説会後、平野氏は京都新聞社の取材に対し、以前から応援演説でライターを手に「ぜひ燃えて」と話すと笑いが起きたといい、「(18日に京都で)火災があったので、今日はやるべきではないと言ったまでのことだ」と説明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00010000-kyt-soci

 

平野博文幹事長の問題発言は19日の滋賀県栗東市での個人演説会の事。ライター触れ「皆さんの心を燃やしたい。でも京都みたいになったら困るので今日は使わない」

 

と発言したのでした。政治家という輩は何でこうも人の気持ちが分からないというか、頭いいんでしょうけどバカな人が多いんでしょうね。

 

その発言を聞いら京アニ事件で亡くなったからの身内や被害を被った関係者がどの様な気持ちになるか理解できないのでしょうか。

 

この様な人物が政治家をやっているとは呆れたものですが、会場からも笑いが出たとの事なので、平野博文幹事長の演説会は不謹慎者の集まりでしょうか。

 

さらに、その言い訳が毎回の笑いの種だったが今回は京アニ火災を受けやめたまでの事だと、全く反省していない様子。

 

案の定、ネットは平野博文幹事長の京アニ火災の揶揄発言を受けて炎上したのでした。

 

 

平野博文幹事長の京アニ火災の揶揄発言を受けてのみんなの声

 

 

 

ちなみに京都市長の門川大作の問題発言がこちら

 

京都市の門川大作市長は18日夜、上京区であった参院選候補者の応援演説で、死傷者が60人超に上る京都アニメーション第1スタジオ(伏見区)の火災に触れ、「火事は3分、10分が大事。選挙は最後の1日、2日で逆転できる」と述べた。大惨事への対応を支持拡大の材料に使うような発言に、会場内からも疑問の声が聞かれた。

京都アニメーションの火災では、火を付けたとみられる男の身柄を京都府警が確保している上、周辺住民は爆発音も聞いており、初期消火は難しい状況だった可能性が高い。演説会場にいた選対関係者は「発言にどきっとした。選挙に力が入って口が滑ったのだろう」と困惑していた。

門川市長は演説会後、京都新聞社の取材に対し「一般によくある標語だ。誤解があったなら、今後気をつける」と話した。

https://this.kiji.is/524708078171964513?c=39546741839462401

 

この発言にも当然のごとく批判が殺到。

 

 

まさしく平野博文幹事長と門川大作は同レベルなのですが、門川大作に関しては、思いのほか批判が多くてまずいと感じたのか、正式にお詫びをしています。

 

門川市長は19日午前にコメントを発表し、「放火火災死傷事件でお亡くなりになられた方に哀悼の意を表するとともに、負傷された方の一日も早い御回復をお祈り申し上げます。

今回の私の発言は、事件について多くの方が不安や悲痛な思いを抱かれている中、不適切であり、心からおわび申し上げます」と謝罪した。

https://www.asahi.com/articles/ASM7M32GXM7MPLZB008.html

 

これに対し、平野博文幹事長は「俺は悪くない」的な態度で今のところは謝罪する気配はありませんね。

 

果たして、選挙に不利と見るやコロッと態度を変えて謝罪に踏み切るのでしょうか?見ものです。

 

まとめ

 

今回は、「平野博文の炎上理由は何?京アニ事件をライター揶揄の問題発言!京都市長と同レベル?」という事で京都市長に続き無神経、無配慮極まりない発言をした平野博文幹事長について書いてきました。

 

この様な一般の感覚とはかけ離れた人間が現在政治家をやっている事に改めて驚愕するとともに、選挙の大切さも改めて感じました。

 

この様な人の気持ちもわからない無責任な人間に票を入れるのはやめましょう。

 


-不祥事, 政治

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.