事件

青葉真司の実家に家族構成に生い立ちは?幼少期と子供時代の顔画像あり!

 

今回は、「青葉真司の実家に家族構成に生い立ちは?幼少期と子供時代の顔画像あり!」という事で書いていきたいと思います。

 

令和最大のテロ火災となった、京アニ放火事件。その犯人である青葉真司はどの様な実家で生まれ、どの様な家族構成でどの様な生い立ちだったのでしょうか?

 

青葉真司の幼少期や子供時代の顔画像とともに深く読み解いていきたいと思います。

 

 

京アニ火災テロの全貌

 

まずは、京アニ火災テロの全貌から振り返ってみたいと思います。18日午前10時半ころ、京都アニメーション第一工場で火災が発生。

 

消防車約30台が出動する大火災でした。この火災で現在34名の死亡が確認されています。火災の原因が、青葉真司容疑者がガソリンを撒いて火を放ったからでした。

 

青葉真司は約30リットルとも言われている量のガソリンを撒いたとされており、撒きやすいようにバケツに移して撒いていた事が明らかとなっています。

 

さらに、現場には刃物が落ちていた事や、チャッカマンで火をつける際「死ね」叫んでいた事から、並々ならぬ殺意があった事が伺えます。

 

青葉真司は路上で駆け付けた警察により逮捕。その際、「パクりやがって」「小説をパクられた」と叫んでいたそうです。

 

青葉真司本人も重傷を負っており、現在病院で手当てを受けているが重篤な状態が続いているとの事。警察は、回復を待って逮捕する方針です。

 

青葉真司の容態におきましては、こちらの記事で随時更新していますので、気になる方はご確認下さい→

 

>>青葉真司の容態はどんな感じ?心肺停止状態で死亡?意識不明の重体?蘇生の可能性はある?犯行動機や理由についても。

 

青葉真司の犯行動機と統合失調症や精神疾患の可能性

 

この様な残忍極まりない行動をやってのける事や、犯行以前の青葉真司の奇怪な行動から、青葉真司は統合失調症で精神疾患持ちとの見方もあります。

 

実際に、青葉真司は2012年の刑期を終えたのち、犯罪者が更生するための厚生施設にいたことがありますが、その前後で精神疾患の治療を受けていた事が分かっていて、訪問介護員が入っていた事もあるようです。

 

詳しくはこちらの記事を参照ください→

 

>>青葉真司は統合失調症で精神疾患?刑罰や死刑はどうなる?極刑の可能性あり?

>>青葉真司は思考奪取が犯行の理由と動機?思考奪取とは何?わかりやすく簡単に説明

 

犯行以前の青葉真司の奇怪な行動を簡単にまとめると、次の通りです。

 

〇2012年に包丁を持ってコンビニに強盗に入り、その後自主。その際「オウムも捕まったから逃げられないと思った」などと意味不明の発言をする

〇隣に住む男性会社員(27)は今月14日、男性の部屋から騒音が出ていると勘違いした青葉容疑者にドアや壁をたたかれた。勘違いだと伝えると「黙れ、殺すぞ。こっちは余裕がないんじゃ」と胸ぐらをつかまれ、髪を引っ張られた。

〇大音量でゲームやテレビの音を流して近所の住民とトラブルになり警察沙汰まで発展する

〇体から異臭を放っていた

〇壁などを激しく鈍器で叩く事があった

〇深夜0時に目覚ましをかけるなど騒音が絶えなかった

〇部屋の壁やパソコンは粉々に壊されていた

 

これらの行動を見ると普通に考えて異常ですよね、これらを踏まえると、青葉真司容疑者が統合失調症で精神疾患持ちの可能性は高いでしょう。

 

京アニ火災の件は、ほんと王に目を覆いたくなる惨事で言葉も見つかりませんが、青葉真司はもともといつこの様な事をやらかしても不思議ではない人間だったのは間違えないでしょう。

 

では、この様な人間を作り上げた青葉真司の実家や家族構成や生い立ちはどの様なものだったのでしょうか?

 

青葉真司の幼少期や子供時代の顔画像とともに見ていきたいと思います。

 

 

青葉真司の実家や家族構成や生い立ちは?幼少期子供時代の顔画像あり

 

 

青葉真司の実家、家族構成、生い立ちについて青葉真司の幼いころを知る関係者に話を聞いた際の記録がありますので、引用したいと思います。

 

青葉真司容疑者を知る関係者は、放火事件に関わっていたことを知ると、「えっ」と言葉を失った。

関係者によると、青葉容疑者は幼い頃、両親と県西地域の住宅に住んでいた。その後、両親が離婚した際に青葉容疑者は転居したという。住宅には現在、母親が住んでいるが、再婚して別姓のため、周辺住民はその事実を知らない。

青葉容疑者は3人きょうだいの真ん中。転居以来、母親の家には戻っていないという。

関係者は驚いた表情を終始浮かべながら「幼い頃しか知らない」とだけ話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000006-ibaraki-l08

 

青葉真司の実家は埼玉県の県西地域との事。また、幼少期は両親とともに暮らしていたとの事。ですが、両親が離婚。

 

母親は再婚してまだ埼玉県の実家に住んでいるとの事なので、青葉真司は父親に引き取られたのでしょうか。

 

また、兄弟に関しましては3人兄弟の真ん中との事ですが、現段階では兄なのか姉なのか、また、弟なのか妹なのかについては判明していません。

 

子供時代の青葉真司の友人の話だと、青葉真司はテレビゲームが好きだったとの事。近隣の住民の話ですと、ゲームの音の様なものが大音量で聞こえていたとの事なので、大人になってからもゲームはしていたのでしょう。

 

なお、小学校の卒業アルバムには将来の夢におお金持ちと書いています。

 

 

青葉真司の中学校時代におきましては情報がないため不明ですが、恐らく埼玉県内の中学校に通っていたのでしょう。

 

また、高校に関しましては、埼玉県立高校の定時制に通いながら、1995年4月から3年間、非常勤職員として県文書課に勤務していたとの事。

 

複数の関係者によると、青葉容疑者は埼玉県立高校の定時制に通いながら、19954月から3年間、非常勤職員として県文書課に勤務していた。県によると、文書課は県庁内の文書を集配する業務で、青葉容疑者の勤務態度に問題はなかったという。担当者は「昔のことなのでトラブルの有無はまだ把握できていない」と語り、当時同僚だった複数の職員は「記憶に残るような人ではなかった」と話しているという。

青葉容疑者は98年春に高校を卒業したとみられる。その後、20167月にさいたま市見沼区のアパートに入居した。

 

この様な記事があります為、3年間埼玉県理立高校の定時制高校に通いながら、県庁非常勤として勤めていた様です。

 

その時の同僚は記憶に残る様な人物ではなかったため、覚えてないとの事です。高校卒業後は職や住まいを転々としていたそうですが、2012年にコンビニ強盗をしたことは既に書いた通りです。

 

また、趣味に関してはテレビゲーム以外にロードバイクだったらしく、自宅前で整備をしたりアパートに出し入れする姿がたびたび目撃されています。

 

夜中や朝にロードバイクで出かける姿なども目撃されていたそうです。また、近隣住民の一人の証言だと、青葉真司から「お疲れ様です」とあいさつされる事もあったとの事です。

 

まとめ

 

今回は、「青葉真司の実家に家族構成に生い立ちは?幼少期と子供時代の顔画像あり!」という事で書いていきました。

 

まだまだ青葉真司の実家や家族構成や生い立ちに関しましては不明点が大きいため、引き続き調査してまいりたいと思います。

 


-事件

Copyright© トレンド深堀り速報☆ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.